犬は、人の言葉や気持ちをちゃんと理解している。(研究結果)

「Good Boy(いい子だね)!」と声をかけたときに、犬が理解しているのは言葉の意味だけではありませんでした。人間と同じく左脳では言語を、右脳ではそのイントネーションを読み取っていたのです。

犬は人間の想像以上に、
話がわかる!

人間が犬に話しかける様子は日常茶飯事ですが、犬はその言葉や会話の雰囲気に対して、私たちの想像以上に注意を払っているのかもしれません。

アメリカ科学振興協会(AAAS)」に掲載された研究で、犬の脳をMRIでスキャン。すると、意味のある言葉を聞いたときに左脳が、情熱的なイントネーションを聞いたときに右脳が活発化していました。

言語を理解する仕組みや、脳を刺激するきっかけとなるものが、人間と非常に似ていると考えられるそうです。

意味や感情が、
ちゃんと届いている。

より声のトーンを高くするほど報酬系の活動に反応アリ。さらにそれが意味のある言葉だった場合、まるで美味しいものを食べたときと同じことが脳内で起きていたとも言われています。ただし、どれだけイントネーションを情熱的にしても、意味のある言葉には勝りませんでした。

つまり、心を込めるだけでなく、しっかりと意味がわかる言葉で伝えてあげないといけないということ。人間と同じですね。それに、イントネーションによる違いが伝わるということは、それだけ気持ちが伝わっているということでもあります。

ときおり奇跡が起きたかのような物語がニュースで取り上げられますが、飼い主との信頼関係が驚くほど高度になりえることに合点がいく実験結果と言えそうです。1,000語以上の単語や複数の動詞が理解できるボーダーコリーや狩猟犬など、知的な犬種がいますものね。

ちなみに「ScienceNews」には「猫はMRIに座って大人しく待っていていてくれないから実験できない」なんて研究者のコメントも。単にそういう性格なのか、脳の構造上の違いによるものなのか、一体どっちなんでしょうかね…。

Reference:AAAS, Science News

関連する記事

犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
犬たちは飼い主に喜んでもらうために、ほかの犬と遊んでいる可能性が高いことが、動物行動学者のLindsay Mehrkam博士らの研究でわかった。「飼い主の...
12月1日より、岐阜市にある「ぎふ動物行動クリニック」で、日本初とされる犬猫の「ストレス診療科」が開設される。“人と犬猫のより良い共生”ができる社会の実現...
保護犬猫のマッチングサイト「OMUSUBI」の新機能では、保護犬猫とユーザーの相性度診断によって潜在的に相性の良い子を提案する。今まで選ばれにくかった犬猫...
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
11月1日は「犬の日」。あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「ほっこり話」から胸が締め付けられるような「切ない話」まで、犬たちを今...
11月1日は「ワン・ワン・ワン」の“犬の日”。犬好きも、そうでない人も、あらためて犬のことを考え、犬を知り、犬をかわいがるこの日に、「そんなのあるのか!」...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
トヨタ自動車のラグジュアリーブランド「LEXUS」が北米市場向けたゲーマー向け車両「Gamers' IS」を発表した。ゲーム配信プラットフォーム「Twit...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...