中国で開発された
「パンダの顔認識システム」

スマホにも搭載されている「顔認識システム」。その普及は進み、今では多種多様な場面で活用されています。

で、これ、動物にも用いられていることはご存じですか?例えば、動物園では園内の動物の健康状態を管理するために利用されていたり。

なぜこんな話をしたかというと、先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられたから。今後はアプリ化も進められ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。

この技術が今後どのように人間とパンダの距離を縮めてくれるのでしょうか。ただひとつ言えるのは、顔認識システムの利用は今後も幅広く広がっていきそうだということ。

Top image: © iStock.com/JohanSjolander
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
最高にゴリゴリのブラックメタルな人たちーー。でも、このイラストの中には、なんとパンダが紛れ込んでいるのです!制限時間は5秒。さあ、あなたは見つけられる!?...
動物園から逃げ出した一頭のパンダが隠れている。パンダなのに、“隠れ身の術”を使うんだ。さあ、目を凝らして捜しだそう。あっちが忍術なら、こっちは忍耐で対抗だ...
自慢するという意味を持つFlex(フレックス)とFaceTimeの名を融合させたアプリ「FlexTime」が、アメリカで開発されました。
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
様々なカルチャーを紹介している「Mamahuhu」による動画では、中国のキャッシュレス社会がありのままに映されている。そこにはカードを使っている様子などな...
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。