顔が一瞬で変わる「中国の伝統秘技」が披露できちゃう「お面」

顔が一瞬で変わる中国四川省の伝統秘技「川劇変面」

役者が顔に手を当てた途端、装着している仮面を瞬時に変化させるという門外不出・一子相伝の秘技とのことだが、なんとこれをいとも簡単に、そして誰でも披露できちゃうお面があるというので紹介したい。

その名も、「LEDフェイスカバー」!

……名前を聞いただけではあまり良さが伝わらないかもしれないが、仕組みはこうだ。

まずは専用のスマートフォンアプリ内に用意された、「かわいい」、「怖い」など45種類のアニメーション63種類の静止画、もしくは自分のスマホ内にある画像からフェイスカバーに表示するものを選択。フェイスカバーにはその画像がLEDで表示される。

そしてフェイスカバーの目の前で手を動かすと、内蔵されたセンサーによって動きを感知し、あらかじめ設定してあった「顔」が切り替わって表示され「川劇変面」を簡単に演出できるというわけなのだ。

このご時世、結局マスクで顔があまり見えないのであれば、こうしたツールで顔面を楽しく演出するのもありなのかも?

©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
中国で3歳のときに誘拐され、行方不明となっていた21歳の男性が発見された。本人特定には、いわゆる「老け顔アプリ」の技術が活用されたという。
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
先日、中国の研究者がパンダの顔を認識できる技術を開発したと報じられました。今後はアプリ開発も行われ、動物園の入園者にも利用してもらう予定。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
今やミルクは選ぶ時代。植物性ミルクを自宅で作って楽しむ。毎朝の新習慣にいかがですか?
中国は2020年までに“人工月”を打ち上げる計画をしているそう。
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
中国のスマートシティ雄安新区の都市計画コンペで、スペインの「Guallart Architects」が「自給自足都市」を設計し、見事に優勝。その未来都市っ...
キャッシュレス化進んでいるといわれる中国ですが、先日、旅行で訪れたところその普及度合いは想像以上でした。例えば、スーパーはもちろん、露店や市場でもキャッシ...
2019年12月、中国東部の江蘇省にオープン予定のシアター「Wuxi Taihu Show Theatre」。同国最大級の竹林をモチーフにしたもの。200...
家飲みで「炭火を楽しむ」調理道具家飲みの「チビチビ」を演出する調理道具
3月15日、RADWIMPSは新曲『Light the Light』を発表し話題となっている。世界的に広がりをみせるコロナウイルスの影響で苦しみ、不安を抱...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「お茶漬け」といえば、日本の国民食とも言えるメニュー。日本茶だけでなく、中国茶でつくってもおいしくいただけます。それぞれの中国茶とよく合う食材と一緒にご紹介。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
自分の歳の数だけ豆を挽いて、恵方を向いて飲む節分専用のコーヒー豆「節分珈琲」が発売中。今週1月27日(水)までの限定販売。
来月の旧正月に向けて、「リーボック」が今月23日(土)から、映画『カンフー・パンダ』とコラボレしたコレクションを発売。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
顔認証システムにどんなネガティブな意見があっても行ってみたい、アリババのホテル「FlyZoo Hotel」。
中国・西安に巨大な空気清浄機が設置された。周辺地域では、PM2.5の数値が12%も低いらしい。
12月14日、日本で公開されて30年の時を経て、中国で初めて『となりのトトロ』上映されました。子ども時代に観た人は今大人になり、子連れで映画館へ足を運ぶ人...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。