わたしの一瞬。

 

これは、チリで活動するフォトグラファーCeleste Ortizが、2013年に写真をはじめたときから撮り溜めてきたセルフポートレイト。

 

最初は自分が何を表現したいのかわからなかったの。だけど、撮り続けていく中で、それが何なのかわかってきた。きっとわたしは、“親しさ”とか“柔らかさ”とか、そういうものを表現したいんだって。

 

 

 

 

 

 

 

この感じ、おんなの子が好きなんじゃないかなあ。
どう思う?

 

Licensed material used with permission by Celeste Ortiz
“親しさ“と“からだ”と“わたしだけの空間”と“女性らしさ”。
このむちっと具合、どう?
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
 こころが不安定なときに取ってた行動って、振り返ってみればゾワゾワ寒気がしてしまうこと、多くないですか?わたしはそうで。だから、基本的には振り返りたくない...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
 写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」について探求し続けてるの。 というフォトグラファーRita Lino。過去に記事で紹介した『In Betw...
とってもめんどくさくって、つらい。痛くて動けないことだってあるし、オンナをやめたいと思うことだってある。
ヌードと言えば、なんとなく女性というイメージが社会には根強くあります。が、その固定概念を逆転させて話題を集めた広告があります。
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントの清家三佳子さんによる共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)をご紹...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントとして活躍する清家三佳子さん共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)...
 トップの写真の女の子みたいにちぢこまりたいときって、ある。それは、何か不安を抱えている場合が多いような気がする。不安だからちぢこまるって子どもじみてると...