絶賛「不安定」です。

あ〜きもちわるっ。

 

こころが不安定なときに取ってた行動って、振り返ってみればゾワゾワ寒気がしてしまうこと、多くないですか?

わたしはそうで。だから、基本的には振り返りたくないんです。

 

けど、この女性は。

 

これは、ベルリンで活動するフォトグラファーRita Linoが、「自分のからだ」と「性」を探求するなかで撮影したセルフポートレイト。疲れた表情や意味不明なポーズは、徹底した「不安定」なすがたを演出しています。

 

うーん。

よくよく考えてみれば、記憶にある限り、わたしは、いつも、どこか「不安定」なきもちを抱えて生きてきたような気がする。だとすれば、いまのわたしがあるのは、過去の「不安定」のおかげってこと?受け入れられてないから、いつまでたっても自分に自信が持てないの?

ときどき振り返ってみることもたいせつだったりするのかもね。ね、Rita!

 

Licensed material used with permission by Rita Lino

関連する記事

 写真という媒体を通して「性」と「自分のからだ」について探求し続けてるの。 というフォトグラファーRita Lino。過去に記事で紹介した『In Betw...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
本能のままに、うちからわいてくる衝動のままに。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
エコフレンドリーな製品を手がける「Pela」が、廃棄物を肥料に変えるコンポストマシン「Lomi」の販売をクラウドファンディングサイト「Indiegogo」...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
“親しさ“と“からだ”と“わたしだけの空間”と“女性らしさ”。
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
すべて当てはまったら、その恋愛、振り切ったほうがいいかも。
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
リトアニアに暮らすErikas Mališauskasさんとそのパートナーは、イケアの写真立てに飾られている写真がつまらないと感じて、自分たちのツーショッ...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
Facebookに投稿された「おっぱいの写真」はどこまでOK?
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...