AIが描いた「女性のヌード」が公開に

数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品。Twitterでちょっとした話題になっている。

「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。

シュルレアリスム……?

AIが描いた「女性のヌード」AIが描いた「女性のヌード」AIが描いた「女性のヌード」

ゲーム用の半導体メーカーから、今ではAIのイメージを築きあげた「NVIDIA」。この企業でインターンとしてディープラーニングを研究するRobbie Barratさんによって、AIは上記の絵画を描けるようになった。

彼は、「GAN(Generative Adversarial Network)」というディープラーニング業界で注目されているニューラルネットワークを使い、多くの情報を詰め込んだ。これは、2つのネットワークが競うようなカタチになっているので、人間の手を借りることなく自律的に学習していけるというものだ。

つまり、理論上では艶やかな女性をイメージ化できるはずだった。それにもかかわらず、AIが途中で学習をストップし、体が溶けているような様子を描いた。

Robbieさんは「マシンから見たら、人間はこんなものなのかな」とコメントしている。

出来栄えの議論は抜きにして、AIによって描かれる絵画は増えていくだろう。新たなカテゴリーとして確立されるかもしれないし、これを応用して制作されるアートも生まれるかもしれない。

Licensed material used with permission by Robbie Barrat

関連する記事

アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
バレンシアガの洋服のデータを取り込んだAIが、それらの要素分解をして、いくつかの特徴を捉えて新しい洋服を再構成しました。
身の品質を示すあらゆるデータが詰まったマグロの尾の断面。大量の断面画像データと熟練の目利き職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人と90%...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...