AIが描いた「女性のヌード」が公開に

数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品。Twitterでちょっとした話題になっている。

「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。

シュルレアリスム……?

ゲーム用の半導体メーカーから、今ではAIのイメージを築きあげた「NVIDIA」。この企業でインターンとしてディープラーニングを研究するRobbie Barratさんによって、AIは上記の絵画を描けるようになった。

彼は、「GAN(Generative Adversarial Network)」というディープラーニング業界で注目されているニューラルネットワークを使い、多くの情報を詰め込んだ。これは、2つのネットワークが競うようなカタチになっているので、人間の手を借りることなく自律的に学習していけるというものだ。

つまり、理論上では艶やかな女性をイメージ化できるはずだった。それにもかかわらず、AIが途中で学習をストップし、体が溶けているような様子を描いた。

Robbieさんは「マシンから見たら、人間はこんなものなのかな」とコメントしている。

出来栄えの議論は抜きにして、AIによって描かれる絵画は増えていくだろう。新たなカテゴリーとして確立されるかもしれないし、これを応用して制作されるアートも生まれるかもしれない。

Licensed material used with permission by Robbie Barrat
アーティストBen Snellさんのサポートによって、AIがオブジェを考案しました。
AIがイスを設計しました。裏ではデザイナーのフィリップ・スタルク、ソフトウェア開発企業のオートデスク、インテリアブランドのカルテルがサポートをしています。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...