このヌードは「性ではなく生」

 

フォトグラファーShiori Akibaの被写体はご覧の通りヌードだ。けれど、私たちがその言葉から無意識にイメージしてしまう性的な何かとは、明らかに質感が異なる。

裸体を無機質に捉えたり、人体のフォルムの美しさを強調するような作品になら、これまでにも出合ったことがある。

でも、彼女の写真。なんかそういうことでもないんだよなあ。

 

6579252665253888
© 2018 Shiori Akiba
5427316398227456
© 2018 Shiori Akiba
4797842770100224
© 2018 Shiori Akiba

NUDE≠裸
NUDE=ハダカ

 

まあ到底、私なんかには言語化できるわけがない。だからフランスにいるAkiba氏本人(彼女はパリ在住だ)にコンタクトを取り、直接聞いてみた。

「そもそもNUDEを撮りはじめたきっかけは、日本におけるNUDEの見られ方や扱いに深い疑問からでした。私にとってNUDEとは、性を感じるだけでなく生をも感じるもの。とても美しく、興味深いものなんですよね。でも、NUDEを扱った作品は性の視点からしか見てもらえないことが多い。女性の私にとって、それは腹ただしかったり、気持ちの悪かったり。そう感じることがたくさんあったんです」

わかる。私も女性だから。

別にエロを否定するわけじゃないんだよね。そればっかりっていうことに違和感があるだけ。だから、「生として美しいハダカを表現した」という氏の言葉に強く共感する。

そして、その美しさの表現が、とても生々しくはあるんだけど、どこか夢見心地な世界の中で展開されるShiori Akibaの作品が大好きだ。

 

5873953000128512
© 2018 Shiori Akiba
5923742676942848
© 2018 Shiori Akiba
4725739664441344
© 2018 Shiori Akiba

 

公式HPに掲載されてる他の作品も、とっても素敵ですよ。

 

Top photo: © 2018 Shiori Akiba
Licensed material used with permission by Shiori Akiba/HP, Instagram
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
「4尻フェチ」な私が、このヌード写真集を見つけたとき、思わず震えてしまったのです。だって、ムニュっとカタチが変わって、それでも“プリっと感”は保っている。...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
今や誰でもいつでもどこからでも、世界と繋がれる時代。ほぼ全員がその場で写真を撮って世界中にシェアすることができるし、かつ当たり前に行われるご時世。そんな中...
自然な状態に近づくためのチャレンジ。それが裸で食事をすることである。という定義はさておき、いま世界では超開放的な「ヌード・レストラン」が大流行中。今度はベ...
性風俗で知られるタイは、仏教国という側面も持ち併せている。そんな一面を垣間見せてくれるのが、1960〜70年代に行われたヌード検閲。女性の乳首は見事なほど...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
写真集『脱いでみた。』を、先日発売したばかりのフォトグラファー・花盛友里さん。そこに写っているのは、ヌードなのにおしゃれでかわいい、自然体の女子たち。そん...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
「性」を売る女性たち。娼婦たちの“生の声”をまとめた『The Act』の著者であるJulia Fullerton-Battenが出会ったある一人の女性の話...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
「FEELING NOTHING」は現役女子高生によるファッションブランド。厳しすぎる校則に対し、異議を唱えるメッセージを込めている。全てが手探り。でも、...
花畑牧場が巻き起こした、生キャラメルの一大ブーム。味はもちろんのこと、とろ~りとろけるあの食感も、多くの人を魅了する理由の一つですよね。では、もしあの生キ...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
ドアを開けると、にぎやかな笑い声が飛び交っていた。僕は入る建物を間違えたのか…。呆然としていると、「Hi」と握手を求められた。「あなた、見ない顔ね?私にで...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...