このヌードは「性ではなく生」

 

フォトグラファーShiori Akibaの被写体はご覧の通りヌードだ。けれど、私たちがその言葉から無意識にイメージしてしまう性的な何かとは、明らかに質感が異なる。

裸体を無機質に捉えたり、人体のフォルムの美しさを強調するような作品になら、これまでにも出合ったことがある。

でも、彼女の写真。なんかそういうことでもないんだよなあ。

 

© 2018 Shiori Akiba
© 2018 Shiori Akiba
© 2018 Shiori Akiba

NUDE≠裸
NUDE=ハダカ

 

まあ到底、私なんかには言語化できるわけがない。だからフランスにいるAkiba氏本人(彼女はパリ在住だ)にコンタクトを取り、直接聞いてみた。

「そもそもNUDEを撮りはじめたきっかけは、日本におけるNUDEの見られ方や扱いに深い疑問からでした。私にとってNUDEとは、性を感じるだけでなく生をも感じるもの。とても美しく、興味深いものなんですよね。でも、NUDEを扱った作品は性の視点からしか見てもらえないことが多い。女性の私にとって、それは腹ただしかったり、気持ちの悪かったり。そう感じることがたくさんあったんです」

わかる。私も女性だから。

別にエロを否定するわけじゃないんだよね。そればっかりっていうことに違和感があるだけ。だから、「生として美しいハダカを表現した」という氏の言葉に強く共感する。

そして、その美しさの表現が、とても生々しくはあるんだけど、どこか夢見心地な世界の中で展開されるShiori Akibaの作品が大好きだ。

 

© 2018 Shiori Akiba
© 2018 Shiori Akiba
© 2018 Shiori Akiba

 

公式HPに掲載されてる他の作品も、とっても素敵ですよ。

 

Top photo: © 2018 Shiori Akiba
Licensed material used with permission by Shiori Akiba/HP, Instagram
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
光の線やドットをヌードモデルのカラダに投影し、それを作品として動画や写真に撮るフランス人フォトグラファー、Dani Olivierさん。彼が手掛ける作品は...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...