『PLAYBOY』のモデルたちは、30年経ってもセクシーだった。

1953年にアメリカで創刊されて以来、世界中で販売されている月刊雑誌『PLAYBOY』。その表紙を飾るのは、プレイメイトと呼ばれるセクシーな美女たちだ。あのマリリン・モンローが創刊号の表紙を飾ったのも有名な話である。
 
今回、集まったのは7人のプレイメイトたち。そして30年前と同じポーズをとってみたのがコチラ。真ん中の線を左右に動かしてみて!

#1
Kimberley Conrad Hefner
(1989年1月)

#2
Renee Tenison
(1989年11月号)

#3
Lisa Matthews 
(1990年4月号)

#4
Cathy St. George
(1982年8月号)

#5
Charlotte Kemp Muhl
(1982年12月)

#6
Candace Collins 
(1979年12月)

#7
Monique St. Pierre
(1978年11月)

7人の名前の下にあるクレジットは、それぞれが表紙を飾った時期。ということは、30年どころか40年近く経っているプレイメイトたちも!ボディラインに若干の変化はあるものセクシーな佇まいは相変わらず。ご馳走様でした。

Licensed material used with permission by Ben Miller, Ryan Lowry
現地時間9月27日に、『PLAYBOY』の創刊者として有名のヒュー・ヘフナー氏が死去。彼の自慢の豪邸、プレイボーイ・マンションにて静かに永眠になった。月刊...
ヌードの女性がいきいきと躍動する、ちょっぴりセクシーな動画をご紹介。最初に断っておくと、コンテで描かれたデッサン画でのお話…ですけどね。 10人のデッサン...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
はじけるような笑顔が印象的なのは、フロリダ在住のCheyenne Lee。世界で一番美しい釣りガールとして、爆発的に注目を浴びている。セクシーさも人気に火...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
ライター・Zara Barrie氏が、女性として、いつでもセクシーな気分でいるための方法を伝授!参考にしてみては?私は、「セクシーな気分」になるのが大好き...
美しい女性と一緒に旅をする。男性なら、誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。ここで紹介するのは美男美女カップルが撮影した、ある旅の動画。彼氏の...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします...
知的な人、賢い人に性的魅力を感じるのが「サピオセクシャル」と言います。頭脳の良し悪しとその魅力に関して様々な研究において、関連性がある事が判明されています...
ダンスに合わせて腰を振る。セクシーなスタイルはさまざま。なかでも、いま全米で空前のブームとなっているダンスが「twerk(トゥワーク)」です。これ、知らな...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
「Elite Daily」の女性ライターZara Barrieさん。正直でストレートな内容が人気の彼女が今回執筆したのは、「セクシーな女性が抱える6つの悩...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
ボクサーやクレイン選手など18人のアスリートたちのヌードを撮影した『Sports Calendar』という手帳タイプのチャリティーカレンダー。若いスポーツ...
何がすごいって単純に美しすぎるんです。まずは、どんなカップルのデートなの?というところからですが、写真を見れば一目瞭然。誰がどう見たって美男美女のモデルカ...
砂漠とヌード女性。かっこいいコラージュ作品なんだけれど。よく見ていると、ほのかな「違和感」に包まれる。でもそれすらも結局は「かっこいい」と思ってしまいます。
時を経て、同じ場所に訪れてみる。自分だけのお気に入りの場所がこの世界にあるということは、人生の大きな楽しみだったりする。カリフォルニア在住のLisa We...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...