くだらない「美の基準」を壊すために、彼女は裸になった。

私にとって美しさとは、「自分らしく」いること。そして、そんな自分を愛すること。多くの女性が、誰かのマネして美しくなろうとしているけれど、どうか“本当の自分”を忘れないで欲しい。自己嫌悪に陥らずに、はじめからステキなカラダであることを忘れないで。

 

自分の年齢も、鼻も口も目も。リンゴやポテトのような体型でも。自分を愛せる人が、本当に美しい人なのだから。

これは昨年、真冬のタイムズスクエアを下着姿で歩いたことで話題となった女性の一人、モデルのkhrystyanaの言葉。

Photo by @aceofny

khrystyanaが、一般の女性たちに下着姿で街を歩くように呼びかけて、#therealcatwalkを決行したのは一年も前のこと。肌の色も体型も関係なく、女として堂々と生きることの大切さを人々に見せつけるために。彼女たちは服を脱いで都会を歩いたのだ。

上の写真のような大きなイベントを実行したのは一度だけ。でも、彼女は常日頃から、“本当の美しさ”とは何なのかを、世の中に訴え続けている。

「美しい」は誰が決めた?
差別を失くすためにできること。

khrystyanaはモデルでもあり、人はすべてのカラダを愛すべきだという考えでBodyPositive Activistとしても活躍している。そんな彼女に、「美しさ」について聞いてみたら、こう答えてくれた。

テレビや雑誌で取り上げられている細い女性が美しい。こういう「美」に対しての考えは私は好きじゃない。最近では、“ぽっちゃりモデル”が増えてはいるけれど、それでも細い女性のイメージを使い続けているメディアがほとんど。アメリカでも、肌が白くて手足が長い、スリムな女性たちの写真が圧倒的に多いの。これが、“美の基準”だと、人々は自然と思ってしまうし、そこから差別が生まれるんだと思う。

 

いまだに、整形手術が人気なのもこの理由。目が大きくて、ぷっくりした唇とお尻がセクシー。「こんな姿になりたい」と望む人たちを見て、私は「それでいいの?違うよね?」と言いたくなってしまう時がある。

 

それに、男性たちの影響だって。全員とまでは言わないけれど、彼らは女の子たちの顔やカラダを比較したり、無責任に意見したり…。「キミって微妙だよね」や「彼女、太ってない?」とか、言い出したらきりがないけど、こんな言葉をよく聞くの。これが差別であることを、男性陣には早く気づいて欲しいものね。

Photo by @stephgeddes
Photo by @coryphoto
Photo by @duyschmoo
Photo by @ylvaerevall

大きな太ももやお尻に、たるんだお腹。堂々としている彼女を見て、人々は何を感じるのか?女である私も、もう一度「美しさ」について考えてみたくなった。


【TABI LABOのsarahahができました◎】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポチっと受付中です。こちらからどうぞ

夢の中でなぜか裸になっている。しかも、そこに違和感はなく、自然に振る舞っている…なんてことはないでしょうか。現実ではあり得ないですが、夢の中でも裸になって...
いわゆるモデル体型が世の中の美しさの基準となっている。Robbie Trippの奥さんであるSarahは、世間的にはおデブと呼ばれる豊満なボディ。にも関わ...
2017年4月22日、Instagramに1枚の写真が投稿された。
Pink Bitsの描くの、世の中でいわれる「美しいカラダ」の女性たちではないのかもしれない。でも、本当の美しさは見た目じゃないし、誰かに決めてもらうもの...
フィンガーフードとしてテーブルにサーブすれば、クリスマスムードをぐっと盛り上げてくれるであろう、クリスマスツリー味のポテトチップス。原料には松の木のフレー...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
めまぐるしく働く中で、「自分自身でないもののフリ」をし続けていることに気づいたという、東京大学・東洋文化研究所の教授である安冨歩さん。男性のフリをやめ、「...
今ロンドンで話題となっているレストラン、テーマは「解放」。なんと裸で食事ができるんです。いまだ完成を見ないため設計のコンセプトから想像するほかありませんが...
過去を振り返ると、若さは美しさであるという考えは強かったように思い。しかし現代は、美の基準がより多様化している。ボストン大学は、これを調査して発表。ピープ...
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
肌と肌が触れ合うスキンシップは、人をリラックスさせる効果があり「ハグした相手のことをより信頼しやすくなる」という研究結果があると言います。それを確かめるべ...
髪のカールに黒い肌。黒人であるからこその持って生まれた個性や文化がある。それなのに、勝手な“美の基準”により、まだまだ差別視されているのも確かなこと。そこ...
Instagramで自身の作品をアップするようになってから、無名だったデザイナーJuliette Malletさんは、国境を越えて注目を浴びるようになりました。
米ボストンで仕掛けられた、超がつくほど単純なドッキリ企画を紹介します。ターゲットは女性たち。ポイントは彼ら誰一人、嫌な気持ちにならなかったという点。芝生の...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
女性は常に美しくありたいと思うもの。とはいえ、「忙しくて、美に費やす暇がない」と思う人も多いのではないでしょうか。実は「美」は特別なことをして手に入れるも...
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
生まれつきキャットアイ症候群を患うCaitin Stickelsさん。Instagramを通して知り合った有名フォトグラファーに写真を撮ってもらい雑誌に載...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
アーティストのLois Greenfieldは、人のもつ美しさを追求するために実験的なダンス写真を撮影しています。彼女は、踊ることにより人間は魅力を発揮で...
ウィッグやマスク、球体関節の描かれたストッキングといった全身ドールスーツスタイルで活動する「着ぐるみドールモデル」橋本ルル。完全な人形でもなく、人間でもな...