もしも「裸の人」が街を歩いていたら?その答えを探るインスタレーション

ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残る強烈なもの。

「この先、ヌードで日光浴してる人がいますよ」

ハイラインは、ブルーボトルコーヒーなど、ストリートカルチャーでもハイレべルなショップが出店するような特別な公園です。クリエイティブな若者が集まる街、チェルシーを縦につらぬく素敵な場所ですが「この先、ヌードで日光浴してる人がいますよ」の看板が…。

そんなまさか。NYだし。

うわ、本当にいた。

突如ハイソな公園に現れた裸の中年男性。白ブリーフの垂れ具合といい、とても不気味です。これが「ヌードで日光浴」の正体?
 
彼は、T・マッテリさんによる作品のひとつで、ハイラインに設置されているインスタレーション「スリープウォーカー」。ハイパーリアルな彫刻作品であり、本当に人間に見えるのです。このダマされた感!

ペンキの跡が、これまたリアル…。

そして肌感。いや質感。

動き出すんじゃないかとおっかなびっくりですが、つい近づいてみたくなります。

リアクションせずにはいられない「存在感」

このアートを見て、すぐに「何か」を理解できる人は、なかなかいないでしょう。選択肢としては、よくできた人形か、もしくは人形のフリをしたパフォーマー。
 
だから、これを見た人たちはまず、人間なのかどうかを慎重に確かめはじめます。微妙に動いていないかどうか、肌の質感はどうか。おそるおそる触ってみて、ようやく人形だということに気づきます。
 
この「スリープウォーカー」の前では、ほとんどの通行人の足がとまり、さらにいえば、ほとんどの人が何かしらのリアクションをとっていくのです。

ハグしてみたり、一緒にセルフィーを撮ったり。そうこうしているうちに、気付かされるのです。「もしかして作家は、鑑賞する人を含めて、ひとつの作品にしたかったのではないか?」と。

高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
このインスタレーションアート「TEEN AGE」は、ワルシャワに拠点を置くアート集団pangeneratorが手がけており、同市の民族学博物館にて展示され...
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
2018年から嗜好用マリファナも解禁されたカリフォルニア。州政府は年間約1000億円の税収が生まれるだろうと予測していたわけですが、合法化から1年経って蓋...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
2008年、ニューヨークのイーストリバーに4つの滝をつくったオラファー・エリアソン。その作品は、光、空間、水、鏡、霧、影という自然現象や素材を巧みに使い、...
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
「NUDE/ヌード」と聞いて、いちばん最初に連想する言葉はなんですか?
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
リノベーションや、街のリ・デザインはいまや世界的なブーム。日本の木造家屋ではなかなか何度も使用用途を変えることはありませんが、石造りの欧米ではそのブームも...
誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインス...
イギリスに出現したCAVALRY 360°は、3mほどあるインスタレーション。風が吹くと、馬の蹄の音を奏でます。この地方に生息していた500頭以上の馬を、...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾に続き、今回もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらない...
異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第九弾もニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気がす...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
 異国でくらす同世代のリアルな日常を写真で探る連載「ハロー ミレニアルズ」。第七弾はニューヨーク編です。憧れの街だけど、日本とそんなに変わらないような気が...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
「このスケボーの人、デリバリー中だったんですよ(笑)」。びっくりを通り越してクスッと笑っちゃうような出来事って、時々ある。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。