ニューヨーク随一の空中庭園が妙に和むのは、雑草のせいかもしれない

リノベーションや、街のリ・デザインはいまや世界的なブーム。日本の木造家屋ではなかなか何度も使用用途を変えることはありませんが、石造りの欧米ではそのブームも加速し続けています。
 
なかでも、マンハッタンのヒップな地域にある空中庭園は、かつて肉を運んでいた線路をリノベしたもの。超気持ちいい空間に仕上がっていて、いまや観光名所。その名も「ミートパック・ディストリクト(肉詰め地域)」にある「ハイライン」です。

線路でゆったり

平日から多くのニューヨーカーがおとずれ、ハドソン湾を眺めながら和んでいます。線路脇には、ブルーボトルをはじめとした多くの人気ショップが出店を連ねていて、そこでゆったりできるのがポイント。

高架線路なので、アクセスするには階段から。どこにも、はっきりと禁止事項が書かれています。チェアやベッドのないところで座ってはダメ、乗り物を持ち込んではダメ、モノを投げてはダメ…。おもしろいのは、ガラスのボトルを持ち込んじゃダメ。

また、緑化保護が徹底されていて、ボランティアスタッフもたくさん歩いています。

その甲斐あって、ハイラインは快適そのもの。噴水ではなく、水がしみ出す回廊があったりして、まるで川のほとりのような居心地なんです。

それも芝などの人工的な庭園ではなく、まるで藪の中かのような多種多様な植物が群生していて、要は雑草なんですが、それらがアーティスティック。

 違和感があるのに、居心地がいい
「緑のトンネル」

これらの植え込みデザインは、25年間列車が走らずに放置されたことによって、自生してきた植物にインスパイアされたもの。これを、色やテクスチャーで植え替えながら、育ててきたものだそう。

だからまるで自然界のようでありながらも、居心地のいい都会的な空間になっているのです。野性味あふれる緑のトンネルとの違和感が、本当にフシギ。

ハイラインは、住民愛あふれる空中庭園

1934年、34番街からジョンズパークターミナルまで、マンハッタンの工業地域を結ぶ列車が高架で建設されました。このあたりは精肉業が盛んで、マンハッタンでも当時は最果て。
 
1980年代になり、商業化が進んで工業が追いやられる形で、列車は営業を終了。チェルシーが開発されるにつれ、1999年に「フレンズ・オブ・ハイライン」基金が設立。2002年から住民によるアイデア募集を経て、リノベが始まったのです。
 
チェルシーの住民愛があふれるこの地は、現在NYの中でも注目される名所。ホイットニー美術館も、ハイライン南側に移転してきたほどです。ぜひ、観光の休憩に訪れてみては?
Photo by Inagaki Masanori
昔っからの街並みを維持し続けるミラノ。2019年に、ある空中庭園が建設されます。
大自然を体感できるバンクーバー。それでも、都心部ではリラックスできる場所が少ないということで、同都市の図書館に空中庭園が設置されました。
マンハッタンに眠る廃線になった地下路線を応用して公園を作る計画があります。いまだテスト運用中ですが、2015年10月から土日に限り一般公開されており、イベ...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
あこがれの街。
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ハドソン川沿いで今、ニューヨーク最大規模と言われる再開発が話題となっています。それが「ハドソンヤード」。注目を集める一方で、地元住民は複雑な思いを抱えてい...
ニューヨーク市議会によって、ヒップホップの聖地でもあるブロンクス地区に建設される複合施設に『Universal Hip Hop Museum』と名付けられ...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
韓国の建築会社「MVRDV」が作り上げた「plant village」は、新たな名所になるかもしれません。ソウル駅周辺の放棄された高架道路を、見事に自然あ...
イタリアの建築家Lissoni Associatiさんが提案している「High Lines」。彼が考えているのは、ビルとビルの間に吊るす「道」です。
ポール・オースターは、1947年生まれのアメリカの小説家。彼を一躍有名にしたのは、ニューヨーク三部作だ。
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
ミートソースのおいしさを引き出すカギは「ひき肉」。ほんの一手間で格段においしくなります。
2月18日、ニューヨークシティの人権委員会は、髪型に対する差別を禁止すると発表しました。個性を大切にするアメリカですが、これは初めての取り組みです。
12年以上ニューヨークの街中を歩き回り「偶然が重なる錯覚的な瞬間」を写真にしてきたというJonathan Higbee。誰も意識していない瞬間だけど、だか...
2019年1月1日から、アメリカ・ニューヨーク州にて、男女のトイレにオムツ交換台を設置することが義務化されました。これから新しく建てられたり改築されたりす...
映画のワンシーンを彷彿とさせる写真の数々。「CINEMATIC NYC」と題されたシリーズ作品を撮影したのは、アムスルダムを拠点とするフォトグラファーのS...