ビルの53階が空洞に?!「屋外空中庭園」があるシアトルタワーのコンセプト

二度見しちゃうこと間違いなし!

そんな摩天楼の提案を、ニューヨークを拠点に活動する建築事務所「ODA」が発表した。

シアトルでの建設を想定してデザインされた高層ビルの中層階付近には、なんと空洞が……!

建物の53階部分にあるそこは、居住者が利用できる屋外ラウンジとなっており、晴れた日にはレーニア山がきれいに見えるとか。空洞の形もまるで彫刻のようで、ラウンジ内にいてもビル外から見上げてもオシャレなデザインだ。

このコンセプトは「すべての都市居住者は住居にアウトドアスペースを持つべき」というODAの創業者Eran Chenの理念に基づいているとのこと。高層階に住みつつも大自然の景色と風を感じられる空中庭園......家にこんなスペースがあったら、ずっといたくなっちゃいそうだ。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

昔っからの街並みを維持し続けるミラノ。2019年に、ある空中庭園が建設されます。
アメリカ・ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港で試験的に導入されている「ビジターパス」。1日50名までの限定ですが、世界的に広がりそうなシステムです。
シアトル・マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドで売ってます。
植樹をするのではなく、表面を藻類で覆ってしまおうというコンセプト。中国・杭州市に建設される高層ビルに採用予定です。
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
大自然を体感できるバンクーバー。それでも、都心部ではリラックスできる場所が少ないということで、同都市の図書館に空中庭園が設置されました。
「Zaha Hadid Architects」がデザインコンペを勝ち取った中国・深センに建築される高層ビル「Tower C」がカッコいい。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...