「タウンユース」な防弾仕様ジージャン

2016年、Vy Tranさんは母親と弟のために防弾ベストを購入しようと、リサーチをしていました。彼女の暮らすシアトルで発砲事件があったためです。だけど、何十万もする高額な製品ばかりで、気軽に手を出せませんでした。

「命を守るものなのに、どうして高いんだろう?」と不満を抱え、いろんな方法を考えて……Vyさんは自らの手でリーズナブルな防弾仕様の洋服を製作することに。

その結果がこれです!

値段は約6万円から。加えて、防弾仕様だとは思えません。

その「思えない」のがポイントです。

既存の防弾ベストは値段が高いうえに、日常生活にマッチしないルックスでした。だから、ジージャンやパーカといった、みんなが普段から着ている洋服を防弾仕様に加工。

とは言っても、素材自体が弾を通さない訳ではなく、防弾仕様の板をなるべく薄く小さくして、どんな洋服にも着脱を可能にすることを意識。その機能性は米軍に認められるとまではいきませんが、NIJ規格(米司法省の装備調達規格)に準拠しています。

Top image: © 2019 Wonder Hoodie
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「ジャンスポーツ」をはじめ、「グレゴリー」の「スピア」シリーズ、「ミステリーランチ」のデザイナーが手がける「クレッターワークス」など、タウンユースにマッチ...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
アメリカ・ワシントン州のシアトル・タコマ国際空港で試験的に導入されている「ビジターパス」。1日50名までの限定ですが、世界的に広がりそうなシステムです。
2018年7月1日を境に、シアトルのレストランでは、プラスチック製ストローなどの提供が禁じられるそう。これに先駆け、「Strawless in Seatt...
2015年から2017年に起きていた建設ラッシュの様子を3分55秒のタイムラプスで確認できます。
シアトル・マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドで売ってます。
アメリカ西海岸の街・シアトルは、家賃とグルメレベルが連動するように高騰中。食いしん坊にはますます魅力的な街へと変貌を遂げています。そんなシアトルは今、フー...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
池袋駅の北口エリアに「新華僑」が誕生させた「池袋チャイナタウン」の実態とは?
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
近年、シアトルでは街中や郊外にワイナリーが増加中。そのきわめつけが、都心部から車で30分の場所にあるワイン村・Woodinville(ウィッディンビル)。...
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...