あ〜、こんなお年寄りになりたいよ〜〜。

「きれいな服も、バッグも指輪も、ひろかは今ほしいの。大人になってからほしいなんて思ったことないの。どうせひろかの体なんておばさんになったらもう価値なくなっちゃうんだし、価値なくなってからきれいなもの買ってもしょうがないもん。エプロンやババシャツの似合う年齢になったら、ひろかはおとなしく、エプロンやババシャツを着るよ」

森絵都/『カラフル』

これ、私の好きな小説のひとつに出てくる、「中学生のうちから売春をしている少女」のセリフ。ここまで極端じゃなくったって「若いうちが華」みたいな考えって、まだまだ根強くない?

でもでも歳を取ることって、いつからこんなに憂鬱なことにされちゃったの?わたしもまだ20代に足を踏み入れたばっかだけど、歳をとったらお洒落もできなくなるのかなぁ😞?

そんな不安に答えを出してくれたのが、「Chinatown Pretty」だったんだ〜🌹アメリカのチャイナタウンの、素敵なお年寄りのスナップ集。一番いいのは、「若作りしてるわけじゃない」ってとこと、「お金で解決してない」ところ!💎

👵👴<年齢なりの「可愛さ」があるぞ〜!

全身に散りばめられた、あでやかなブルーが美しい💙

そのネクタイ、どこで買ったんです?

靴と首元の色を合わせるとオシャレって、知り合いのパリジャンも言ってた。

なに、そのハートのネックレス〜😍

シルバーカーがこんなにキマってるおじいちゃん、見たことある?

ジャッキー・チェンさながら。レインボーの傘も良き!

アベックかな?ナイスな決めポーズ💑

サラバ、若さ至上主義!

見ているあいだ口からずっと「かわいい!」がだだ漏れ💘

お手頃価格でも再現できそうなとこがまた、サイコーなんだよなぁ。

これ、自分のお父さんお母さんにもシェアしたいでしょ、おじいちゃんおばあちゃんにも見せたいでしょ、ていうか数十年後ゼッタイ参考にしたいから、今からInstagramフォローしちゃおっかな。

それからそれから…あぁ、こんな単純なことだけど、なんだか歳を取るの、ちょっと楽しみになってきたかも…😳✨

Licensed material used with permission by Andria Lo / Chinatown Pretty(HP), (Instagram), (facebook)
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
パッチリ二重でバチバチまつ毛だったら、購入まで至っていなかったはずです。だって、カワイイだけだとすぐに飽きてしまうでしょう?
自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。言葉にするな...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
中国の海南航空は、制服を一新することを発表した。注目すべきは、そのスタイル。まるでファッション誌に登場するくらいにスタイリッシュなのだ。デザインを担当した...
『白雪姫』や『人魚姫』などおとぎ話というのは、いつだって私たちに夢を見させてくれます。フォトグラファーのAnna Isabella Christensen...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
和紙のような、プラスチックのような、布のような……。すべての合間をとったようなこの素材の正体は、なんと革。これは世界初の半透明な牛革でつくられたコレクショ...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
62羽の、イケメン鶏だけを撮影した結果。新たな世界の扉、開かれる。
一般の人がなかなか目にすることができない科学研究施設や産業、インフラの現場ーー。そんな“立入禁止の向こう側”を切り取った写真展が開催されていることを...
アメリカ・ミシガン州立の高校、North Farmington High Schoolでは、自分の好きなコスプレをして、学生証の写真撮影をするのが流行って...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
「Yes Theory」というグループ名で活動するYouTuberたちが、注目の的になったジャスティン・ビーバーの写真が自分たちが仕掛けたイタズラだったと...