あ〜、こんなお年寄りになりたいよ〜〜。

「きれいな服も、バッグも指輪も、ひろかは今ほしいの。大人になってからほしいなんて思ったことないの。どうせひろかの体なんておばさんになったらもう価値なくなっちゃうんだし、価値なくなってからきれいなもの買ってもしょうがないもん。エプロンやババシャツの似合う年齢になったら、ひろかはおとなしく、エプロンやババシャツを着るよ」

森絵都/『カラフル』

これ、私の好きな小説のひとつに出てくる、「中学生のうちから売春をしている少女」のセリフ。ここまで極端じゃなくったって「若いうちが華」みたいな考えって、まだまだ根強くない?

でもでも歳を取ることって、いつからこんなに憂鬱なことにされちゃったの?わたしもまだ20代に足を踏み入れたばっかだけど、歳をとったらお洒落もできなくなるのかなぁ😞?

そんな不安に答えを出してくれたのが、「Chinatown Pretty」だったんだ〜🌹アメリカのチャイナタウンの、素敵なお年寄りのスナップ集。一番いいのは、「若作りしてるわけじゃない」ってとこと、「お金で解決してない」ところ!💎

👵👴<年齢なりの「可愛さ」があるぞ〜!

全身に散りばめられた、あでやかなブルーが美しい💙

そのネクタイ、どこで買ったんです?

靴と首元の色を合わせるとオシャレって、知り合いのパリジャンも言ってた。

なに、そのハートのネックレス〜😍

シルバーカーがこんなにキマってるおじいちゃん、見たことある?

ジャッキー・チェンさながら。レインボーの傘も良き!

アベックかな?ナイスな決めポーズ💑

サラバ、若さ至上主義!

見ているあいだ口からずっと「かわいい!」がだだ漏れ💘

お手頃価格でも再現できそうなとこがまた、サイコーなんだよなぁ。

これ、自分のお父さんお母さんにもシェアしたいでしょ、おじいちゃんおばあちゃんにも見せたいでしょ、ていうか数十年後ゼッタイ参考にしたいから、今からInstagramフォローしちゃおっかな。

それからそれから…あぁ、こんな単純なことだけど、なんだか歳を取るの、ちょっと楽しみになってきたかも…😳✨

Licensed material used with permission by Andria Lo / Chinatown Pretty(HP), (Instagram), (facebook)
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
池袋駅の北口エリアに「新華僑」が誕生させた「池袋チャイナタウン」の実態とは?
「新型コロナウイルス」の影響による「Xenophobia(外国人嫌悪)」が米国で問題に。各州に存在するチャイナタウンにある多くのレストランから人足が遠のい...
横浜や神戸、長崎などとは異なり、東京・池袋の雑踏のなかに息づく「中国人コミュニティ=中華街」を歩くレポート企画。
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
とてつもないスピードで移動できる手段が登場?なんて思う人は少ないかもしれませんが、本当に東京都心から1時間で到着しちゃうのが、ここで紹介する「ジョンソンタ...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
アメリカのショピングセンターで撮影された一枚の写真。若い男性がお年寄りの手をとりエスカレーターを下る瞬間が捉えられています。この何気ない優しさがSNSで拡...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
アウトドアブームを受けてタウンユースとして愛用する人が増えた「フィッシングベスト」の「特徴的なポケット」の意味とは?
テレビやネットを通しては見れない、リアルなアメリカを映す写真がある。被写体は皆、ベッドルームにいるBarbara Peacockさんの写真だ。様々な年代や...
CONVERSE(コンバース)とCHINATOWN MARKET(チャイナタウンマーケット)のコラボスニーカーが発売され、即完売となった。紫外線を浴びると...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
2月27日、アメリカで『HER BODY CAN』という絵本が出版された。この本は0歳〜8歳を対象にしており、ボディポジティビティを広めることを目的としている。
植物コミュニティアプリ「GreenSnap」を運営する「株式会社GreenSnap」が、新たなコンテンツサービス「おうち園芸」をスタート。
「Happy99」はソーシャルメディア上のみで存在するアメリカ発の「バーチャルファッションブランド」。新作発表もバーチャルで発表。バーチャルインフルエンサ...
自分が絶対に想像しないような意外なもの同士がくっついた世界。この写真には、“かわいい要素”もあるんだけど、ゾクッとするようなあの感覚もあって。言葉にするな...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
旅の間、船内でファッションショーが開催されるクルーズ「Transatlantic Fashion Week」。その名が示すとおり、約一週間の航海ではファッ...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...