「お年寄り向けの公園」が世界のトレンドに!?すでに全米では50以上も!

スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。
その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”たちの姿はなく、遊んでいるのは“お年寄り”たち!

senior-play-1

84歳のおばあちゃん、Franchescaさんも公園でのアクティビティーを思いっきり楽しんでいる様子。

「私は家でじっとしているタイプじゃないの。だって家にこもってばかりいたら、子どもたちの批判ばっかりしてしまうでしょ?家でじっとしていれば、筋肉痛でカラダが痛いなんてこともないけど、すぐに動くこともできなくなってしまうわ。外に出た方が気持ちいいのよ」

理学療法士のPaz Vidalさん。彼女はお年寄りが公園に来て、孫たちが遊んでいる間、ただ座って待っているという状況を変えたかったと語っています。senior-play-2

「もちろん、子どもたちも公園で一緒に遊ぶことができるわ。そうすることで、違う世代同士が関わり合って絆を深めることができるの。子どもたちはお年寄りと遊ぶことが大好きよ!彼らは一緒に夕食を食べたりして、友だちになっていくのよ」

米メディア「Upworthy」によると、この公園のアイデアはスペインだけでなくイギリスやアメリカにも広がっている様子。特にアメリカでは、保険会社と非営利団体が協力して子どもだけじゃない様々な世代が遊べる公園をすでに50以上もつくっているというから驚きです。

公園で遊ぶことで、運動不足を解消しながらコミュニティの中で新しい友だちを作ることだってできます。お年寄りにとっては、夢のような場所かもしれませんね。
高齢化が進んでいる日本でも、ぜひ参考にしたいアイデアではないでしょうか。

実際に公園で楽しんでいる様子は、こちらの動画から。おじいちゃんおばあちゃんの笑顔が、公園の楽しさを物語っているようです。

Reference:Upworthy , PRI
L
icensed material used with permission by PRI Public Radio International

転倒の危険からお年寄りを守るために開発されたこのベルト、おじいちゃん、おばあちゃんも安心て孫と遊べるっていいですよね。
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
富山県船橋村は、3.47平方キロメートルと面積が日本で一番小さな自治体。今は何もない広場を、「日本一楽しい」と自慢できる公園に作り変えたい。そして、遊びに...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれ...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。
とくに家庭で飼われている猫に多いのですが、妊娠して出産をしたとしても、親猫が育児を放棄してしまうことがあります。その理由はさまざまですが、母親に捨てられて...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど、国内外問わず人気の場所。ここでは、インスタグラムに投稿さ...
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」。アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
Bill Sycalikさんは、健康に気を配ろうとランニングを始めた人のひとり。マラソンに出場しようとトレーニングを重ねていたら、彼はいつしかランニングの...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
 9月15日は敬老の日。でも昔といまでは、かなり「老」という言葉のイメージが変わってきている。昔の「老」は、こうだった。年を重ねて落ち着き、若いころの夢は...
旅には、人生が凝縮されています。