最もググられた「あれ、誰だっけ?」に、子どもとシニアが回答!

この「Jubilee Project」の動画は、計4組の子ども・シニアのペアが、Google検索数の多い4人について、どういう人物かを答えるというもの。突拍子もない回答から大人びたものまで、さまざまな意見が飛び出してくる。問題を重ねるごとに、世代を超えた2人の絆が、なんとなく深まっていく(気がする)さまにも注目だ。

それにしても、はじめの3つは理解できるとして、最後の質問はググるべきじゃないような気も。

まずは、超カンタン問題から。

Q1.
「ドナルド・トランプって誰?」

3a4bbb71e2c8c67499358cf4e67a2568d2898c1e

これに関しては、さすがに子どもたちメインの回答。

「大統領かな?」「分かるけど、イイ人なのかそうでないか知ってる?」

ある少女は一言。

ご飯を食べたあとに、彼がイイことをするようにいつもお願いしてるの」

Q2.
「“塩ふり男”って誰?」

28fd8175165b4be7428fc8596f4c4aac1ced48d2

本名はNusret Gökçe。あまりにもセクシー(?)な振る舞いで塩をかける姿が、SNSで爆発的に広まったあの人物だ。

彼については誰も知らないようで、

「海の一部かしら?」「分からないけど、美味しそうな名前だよね」とどんどん答えから遠ざかっていく。しびれを切らした少女が「人生で一度も聞いたことないわ!」なんて。

シニアが、「あなたってそんなに長く生きてた?」と笑いながら言うのも無理はない。

Q3.
「ハランべって誰?」

Dab0dc7e9c16fe51c3425d2f7238b8e0a4ebb877

ハランべは、シンシナティ動物園で飼育していたニシローランドゴリラ。昨年5月に、柵から落ちてしまった子どもを救うために射殺された。

対応の是非についてはかなり物議を醸したが、誰も見当がつかない様子なので、ディレクターが答えを教える。

すると、とあるシニアが「どうすれば彼を撃たないですんだのかな?」と子どもに質問。少女は「エサでおびき寄せるのが良かったのかもしれない。そうすれば誰も傷つかないで大丈夫でしょ?」と。

Q4.
「結婚するべき人は誰?」

Ea65846298ef3d6d069461387048b33c447a534d

これは、先の3つと違って「特定の人物」というわけではないが、興味深い問い。

「私の周りの男の子は好きじゃないの」「お兄ちゃんと結婚したい!」「分からないな。結婚するのは20年くらい先だからね。なんとも言えないや」と中には大人な回答も。

最後にあるペアがこんなやりとりをする。

私は誰と結婚すれば良いと思う?

あなたをいつも楽しませてくれて、優しくて、理解してくれて、頭の良い人がいいんじゃないかしら?あなたにとって完璧な人になると思うわ」

Licensed material used with permission by Jubilee Project, (YouTube)
いつもありがとう、Google先生。世界中の人が毎日たくさんの疑問を検索していますね。でも、検索以外にも答えを知る方法はあります。たとえば、身近な人に聞く...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
5万4千枚もの写真をつなげて作られたこの作品の臨場感は4Kならではのもの。葉の上で光る水滴、まっすぐに空へとのびる木々。朝日を受けて輝く湖面。3分40秒間...
友人の娘が癌を患い、何かできることはないか考えた末、手作りのウィッグをプレゼントし、女の子に笑顔を取り戻したHolly Christensenさん。その事...
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
「EMPTY Photo Project」に参加するのは、子どもをなくした経験のある人たち。そこでは彼らが体験した苦悩が綴られています。
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...
素材は封筒によく使われる種類の「紙」。カードは8枚まで入ります。使いやすいサイドポケット付きで機能性も十分。
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
子どもたちは元受刑者に、僕たちが質問するのをためらってしまいそうなことを聞いています。例えば、何で逮捕されたの?刑務所の生活はどう?友達はいた?といった具合に。
日々すくすくと成長していく子どもの姿は、動画や写真でどんどんスマホに溜まっていきます。でも、忙しかったり、実家が離れていると、子どもの近況を伝えるのも一苦...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
CTスキャンやMRIでの検査は小さい子どもには怖く感じられるもの。彼らの苦痛を軽減すべく、GEヘルスケアーが検査室を改造。部屋や器具は海や空のテーマで装飾...
アメリカのテキサス州にある子ども病院では、患者とその家族に喜んでもらおうと看護師が絵を描いている。使用するのは施設内にあるホワイトボードとカラーペンのみ。...
普段何も考えずにつくっていたドレッシング。調味料を加える順番があるって知ってました?
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
生まれながらの性は女。でもサムは、幼少期から男の子が興味を持つことに自分も興味を持っていた。けれど社会の女の子への見方を押し付けられて、なかなか本当の自分...
大の大人なら、ある程度は共通したイメージを持てる「警察」も、子どもの場合は少し変わった姿になってしまう。そんなことを教えてくれた「CUT」の動画。アメリカ...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
「未来って数日前のことでしょ?」と勘違いしてしまうほど小さい子どもたち。「今この瞬間から先はすべて未来だよ。明日も100年後も」と丁寧に教えるイラストレー...