「友だちだろ? 一緒にタバコ吸おうぜ」ピアプレッシャーから子どもを守る

「なぁ、俺たち友だちだろ? 友だちなら一緒にタバコ吸えよ」

なんだか、昔の記憶が蘇るようなこの言葉。この動画では「ピアプレッシャー」について親子で語っています。

あまり聞き慣れない言葉ですが、ピアプレッシャーとは、簡単に言うと友だちからお酒やタバコなど、イヤだなぁと思っていることを強要されること。

そんなときの断り方を、親子でロールプレイしているのです。

「断るのが、怖い」

「ピアプレッシャーって、知ってる?」
「ううん、聞いたことない」

「いい? これはとっても大事なことなの」

「今まで友だちから、何か悪いことやしたくないことを、無理矢理『しろ』って言われたことはない?」

「だって、友だちにカッコイイところ見せたいだろ?」
「うん、そうだね」
「しかも、周りにそういうことをするのを期待されるよね」

「ほら、吸ってみろよ」

ここから、ロールプレイが始まります。

「おい、一緒にタバコ吸おうぜ」
「…」
「なんだよ、怖いのか?」

リアルに演技をする両親。

「あなた、カワイイわね。このビール、すっごくおいしいのよ。一緒に飲みましょう」

「タバコ吸ったらすっげークールだと思うぜ。ほら、吸えよ」
「…いいわ」

こちらはナンパをするバージョン。あまりの押しの強さに、女の子は思わずOKをしてしまいました。

「わかった? 今のがピアプレッシャーよ。ピアプレッシャーがあなたに『OK』と言わせたの」

「その友だちは、刑務所にいる」

「パパやママもピアプレッシャーを受けたことあるの?」

「あるよ。友だちが高校生のときにお酒を飲んでいたんだ。そいつに勧められて、断れなくてお酒を飲んだ。でもまずくてすぐに吐き出したんだ。そのせいで、そいつはパパのことを嫌いになったみたいだよ。でもそいつは今、刑務所にいる」

「ドラッグを勧めてくる人もたくさんいるよ」
「パパは使ったことないよね?」
「いや…じつは断りきれなくて、やったことがある」

「本当の友だちって…?」

「友だちの誘いを断るのは、すごく難しいことよ。でも悪いことをさせようとするのは人は、本当の友だちじゃないの」

「それに、ピアプレッシャーを感じているのはあなただけじゃないかもしれない。周りにいる他の友だちも、本当はイヤだと思ってるかも」

「でも私がしちゃったら、その子たちもやらなきゃいけなくなるってこと?」

「そうよ」

近しい友だちから誘われると、なかなか断るのが難しい「ピアプレッシャー」。これを防ぐために一番大事なのは、親子でのコミュニケーションなのかもしれません。

Licensed material used with permission by Cut.com, (You Tube), (Facebook), (Twitter)
親がマリファナを吸っていることを打ち明けてから、子どもの反応を撮影したのは人気動画サイト「CUT」。子どもたちの率直な質問と意見をここでは紹介します。
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
友だちとの関係も恋愛と同じようにケアしてあげないといけないと教えてくれるのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさん。この7つの場面に...
僕たちは、誰でも旧友を持っている。学校で一緒だった友だち、職場が一緒だった友だちなどだ。歳をとると旧友と会う頻度が少なくなったという人は多いのかもしれない...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
♨︎ この冬ためしてほしい入浴剤を紹介します ♨︎
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
タバコは1箱440円、毎日1箱吸うと仮定しましょう。365日で使う合計金額はいくらになると思いますか?さらに、それが50年続いたら…。面倒な計算はひとまず...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
自分に子どもがいたとして、行きたくないと駄々をこねられたら、あなたはどうしますか?ある父親の出した答えは「ラップを作ること」でした。しかも、8歳の娘にも歌...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
地元にいたころ、毎日、何をするにも一緒だった、そんな友だち。もちろん最近できた友だちも大事だけど、やっぱり一番わかってくれるのは地元の仲良し軍団ですよね。...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
アメリカの中西部に位置するミズーリ州のローレンス郡というエリアで、ある男性が違法に鹿を殺害したことを理由に逮捕されました。裁判官は禁錮1年の判決を下し、さ...
一昔前とは比べ物にならないほど、様々な形の家族がある今。「Gays With Kids」と名付けられたウェブサイトがある。ここには、ゲイの家族の幸せそうな...
将来についての悩みや不安を誰かに相談したいとき、脳裏に浮かぶ人たちの中に両親の顔が思い浮かぶことでしょう。でも、子どもの幸せを誰よりも考えているはずの彼ら...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
去年の感謝祭で帰省した大学生の女の子、その時、入院中の友人のお見舞いで子ども病院を訪れることに。そこで、祝日にもかかわらず家族と過ごせない子どもたちの存在...
アフリカ・コートジボワールの子ども達が持つスクールバッグには、ソーラーパネルが付いていて、通学中に貯めた電気で夜に照明を使うことができます。電気が通らない...
小さな子にとっては毎日が「はじめて」の連続かもしれませんが、中でも花火はとっても刺激的な経験の一つのようです。大きな音と光にビックリ。喜ぶ子もいれば、泣い...