「嫉妬」を「しあわせ」に変える4つのメソッド

他人にハッピーなことが起きたのに、どうしても素直に喜べないときってありますよね。とくに、自分がうまくいかないことを人が簡単にやってのけていたりすると「どうして私だけ?」「なんであの子が?」と嫉妬してしまうことも。

あるブロガーは、自分の嫉妬についてこんな風に綴っていました。

「数年前、親友から妊娠の報告を受けたの。私は適切な言葉で、適切な感情を示して、その場に合わせた興奮をしてみせたわ。でも、笑顔で喜びを表現するたびに、私の中の何かが壊れていった」

このブロガーは、妊娠を望んで4年以上経つのに恵まれないままでした。「まだ子どもが欲しいかどうかわからない」と言っていたはずの友人は、避妊をやめてから1ヶ月そこそこで妊娠。それは不公平だと感じ、ひとりになった途端に泣いてしまったのです。

結婚、妊娠、出産などは、女性にとってすごくセンシティブな悩みです。妊娠した友人が悪いわけじゃないってわかっていても、どうすることもできない感情があります。

そんな気持ちに「I Heart Intelligence」の女性ライター、Dondi Leighさんが4つの心の整理法をまとめていました。できれば嫉妬せず、ハッピーな心で過ごしたい、そんな女性の悩みに答えます。

01.
自分の気持ちを
認めてあげる

嫉妬って、とてもパワフルな感情だから、簡単には無くならないの。無理になかったことにしようとしちゃうと、かえってたくさんの嫉妬を抱えこむことになるわ。

嫉妬の気持ちを減らす一番の方法は、自分の気持ちをそのまま受け入れてあげること。嫉妬をしているからってあなたはダメな人でもなければ、間違ったことをしてるわけでもない。

むしろ、そういう気持ちだって大事にしていいの。嫉妬の気持ちを認めてあげれば、あなたに無理にしがみつこうとはしないわ。

02.
嫉妬がどこから来ているのか
考える

嫉妬の気持ちって、本当の出処は友達からの良い知らせではないはず。さっきのブロガーの話もそうだけど、彼女は友だちが妊娠したことが本当にイヤだったわけじゃなくて、自分がなかなか子供を授かれないっていうことに打ちのめされて、惨めな気持ちになっちゃったのよね。

友だちの妊娠は、その気持ちが表に出てしまうきっかけをつくったにすぎないの。自分の嫉妬心が本当はどこから来ているのかがわかれば、もっと気持ちを処理しやすくなるはずよ。

03.
嫉妬を抱えたままでも
友好的に

人生は、欲しいと思っているものが手に入らないことばかり。でも、自分に与えられているものをどう使うかは、あなた次第よ。さっきのブロガーの女性が、友人の妊娠報告に喜んだ反応を見せたのは、本当に良い判断だったと思うの。

だってもしも怒り出しちゃったりしたら、後々お互いにの関係が気まずくなるのも予想がつくわ。嫉妬も本心かもしれないけど、友だちに子供ができて嬉しい気持ちになったことだって本当だもの。

04.
嫉妬の出処を
解決するために行動する

どうして自分が嫉妬しちゃうのか、って考えることはとっても大切。自分の気持ちとちゃんと向き合わなければ、ネガティブな感情はずっと続くから。さっきのブロガーの場合だと、ネガティブな気持ちを本当に無くそうと思ったら、不妊治療を頑張るしかないかもしれない。

実際、何ヶ月後かに彼女は妊娠して、友人の出産の2ヶ月後に子供が生まれたのよ。彼女たちの友情は、この厳しい試練を乗り越えて続いているの。

自分の気持ちの本当の出処を考えることは、とても重要。嫉妬が完全になくなることはないけど、そこから何かを学ぼうという気持ちで向き合っていったほうが、どんどん「なりたい自分」に近づいていけると思うの。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...
あるカップルから、フォトウェディングを依頼された写真家のAshley Hempel。日照りの激しい夏の日のこと、2人を撮影しようとしたら、見知らぬ女性が突...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
多様な文化が行き交うことで栄えた神奈川の港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。横浜中華街の中心部にオープンした「H...
友だちとの関係も恋愛と同じようにケアしてあげないといけないと教えてくれるのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさん。この7つの場面に...
「もし、別れた恋人同士が友達に戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」 こんな言葉があるように、別れ...
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
「幸せ」って、自分ではなかなか確信を持てない感情ですよね。
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
大好きな彼が自分以外の誰かと連絡をとってる…そんなことを知ったらもやもやした気持ちでいっぱいになってしまいますよね。でも、そんな時、真正面から問い詰めると...
心身ともに健康でいられるためにも、あなたに悪影響を与える「有害」な人はできるだけ早くに避けましょう。ネガティブな人、あなたを変える人、あなたを尊重しない人...
妊娠期間中はホルモンバランスが崩れて、鬱になりがち。ということで、ブルーな気持ちをヨガで打破しよう!と提案するのは、「YourTango」ライターのDon...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
人間関係や仕事、家庭でのトラブル。毎日生きていればつらいことだってありますよね。でもイヤなことだって自分の捉え方次第では、幸せにだってなり得ることだって…...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
どうせ「嫉妬する」と分かっているけれど、どうしても他人が気になって比べてしまう人も多いはず。たとえば、いい車や広い家、高い給料など…。そこで「becomi...
子犬のように人懐こいとされる犬系女子ですが、どのような特徴があって、どんな恋愛をするのでしょうか。犬といえば、飼い主に忠実とされる動物です。犬系女子と上手...
平凡で落ち着いた恋愛と、愉快で変わった恋愛。あなたなら、どちらを選びますか?「Elite Daily」でPaul Hudsonさんがオススメするのは、ちょ...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...