嫉妬するほど羨ましい……。アメリカ企業の休暇制度

以前、ニュージランドの広告制作会社が従業員に提供している、仕事のモチベーションが上がりそうなボーナス制度を紹介した。

今回は、アメリカのソフトウェアメーカー「Epic」の休暇制度にフォーカスしようと思う。

4週間の「旅休暇」
しかも、旅費は会社負担

「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。都会の喧騒から離れるためにマレーシアの孤島を訪れたり、最新のテクノロジーを体感するためにエストニアに行ったりと、社員は自由な時間を得ることができる。

もしも旅先が今までに足を踏み入れたことのない未知の国なら、会社が旅費を援助してくれるとのこと。さらに、パートナーや家族などのプラス1名分まで。

企業が率先して社員に「旅休暇」を与えるのは、異なる文化に触れ、新たな刺激を体感してもらうためだろう。ちなみに、すでに「Epic」は3,000以上の旅をサポートしているらしい。

Licensed material used with permission by Epic
他の記事を見る
「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる仕組みになっている。1日あたり5ドル。もしも1年の勤務日の半分以上に、自転車を使って出勤すれ...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
企業で働いていれば、ついて回るのが給料と評価。かつては年功序列がほとんどだった企業でも、時代の流れとともに新しい制度を導入しつつあります。労働の対価として...
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
アメリカでビジネスを展開するPaladin Deception Servicesは、ちょっと変わった企業。お金を払えば、スタッフがあなたのためにウソをつく...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
アメリカの一部企業には、生後6ヶ月までなら赤ちゃんと一緒に出勤してもいいというルールがあるんですって。「MarketWatch」で紹介されているカラ・クリ...
2016年1月9日に、米国企業「Basecamp」社のジェイソン・フリードCEOが、ブログで同社スタッフの福利厚生をズラッと紹介したのですが…ま〜羨ましい...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
スコットランドのビールメーカー「BrewDog」。ある日社員たちに、オドロキのお知らせが届きました。2017年02月【犬のための産休制度ができました】Br...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...