心から羨ましい……。ニュージーランド企業のボーナス制度

企業は率先して環境に気をつかわなければいけない、という流れに世界中でなっている。日本企業も地球温暖化を気にかけているなら、ニュージランドの広告制作会社「Make」のような制度を導入するべきだとも言える。

だけど、もっと言いたいのは、社員の生産性を上げたいなら採用するべきということ。労働者側には、主に2つのメリットがあるのだから。

自転車に乗るだけで
年間25万円のボーナス

6738463512592384

「Make」の社員は、自転車通勤をすれば特別ボーナスがもらえる。1日あたり5ドル。もし1年の勤務日の半分以上で自転車出勤をすれば、その報酬は2倍になるようだ。

ざっくりと計算すると、年間で最大2,400ドル(約25万円)のボーナスが支給されることになる。ただサイクリングをするだけで給料が増えるのは、やはりモチベーションアップにつながるだろう。

また、社員の生産性も高まる。毎日運動をすると脳機能が良くなる、という研究結果が1つの証明だ。

日本では、駐輪スペースの確保が難しいという点もある。

でも、電車やバスで憂鬱そうにしているビジネスパーソンの顔を思い浮かべると、自転車通勤ボーナスは精神的にも、身体的にも良い効果が期待できそうだ。

Reference: NCBI
Licensed material used with permission by Make
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
企業で働いていれば、ついて回るのが給料と評価。かつては年功序列がほとんどだった企業でも、時代の流れとともに新しい制度を導入しつつあります。労働の対価として...
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
海外で働いている人って、どこか優秀なイメージがありますよね。でもいくら日本国内で優秀な人でも、海外へ行ったとたんに仕事がうまくいかなくなってしまう人がいま...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
働くことは、会社のためでしょうか。それとも、自分のためでしょうか。答えはひとつではありません。価値観が多様化している現代においては、生き生きと自分らしく働...
Facebookに投稿されてから12時間のうちに、100万回再生されて話題になった、ニュージーランド警察の求人動画。潜入して犯人を捕まえようとする警官、住...