3時に目が覚めた。「仕事に行きたくない!」そのまま24時間の弾丸ニュージーランドへ

どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう人もいるかもしれません。

でも、オーストラリア在住の音楽プロデューサーMatthew Philip Nainbyは、ちょっと違いました。ある朝、本当に仕事に行きたくない…と思い病欠の連絡はしたものの、そのままニュージーランドへ24時間の弾丸旅行を決意したのです。

その様子を2分にまとめた動画がこちら。楽しそう!

冒険のはじまり

バックパックを背負って、24時間の冒険のスタートです。

たまにはルーティンワークから
離れたいんだ

「僕は人生から逃げるために旅に出たんじゃない、人生が僕から逃げていないか、確かめに来たんだ」

こんなふうに語るMatthew。音楽プロデューサーの仕事は変化に富んだイメージがあるかもしれませんが、やっぱりルーティーンワークが多いのだそうです。

周りの景色が、くっきりと水に映り込んでいます。澄んだ水と雄大な自然に感動。

「この旅を通して、自分のコンフォートゾーンを出ることができたんだ」

曇り空からさす太陽、朝日の中でポラロイドを片手に旅を続けます。

旅先の出会いも格別

この写真を撮っているとき、見知らぬロシア人男性が、Matthewが寒がっているのを見かねて、手袋を差し出してくれたのだそうです。さらに、ウィスキーをくれるロシア人男性。

自己紹介をするふたりですが、お互いの言葉が話せないので、ただただこの夜景に見入ることに。それもまた思い出。

ありがとう、ニュージーランド

「新しい視点を与えてくれるものが欲しかったんだ」

彼が使ったのは、たった24時間のリフレッシュだったかもしれません。でも、心からこの旅には満足だった様子。1日の過ごし方次第で、こんなにも人生の景色は変わるものなのですね。

動画の最後には、オフィスのデスクに戻るMatthewの姿も。その表情が、旅のすべてを物語っているように感じます。

Licensed material used with permission by matthewphilip
オーストラリアの金融会社「Collins SBA」が採用しているのは、生産性を限りなく高めて、ワークライフバランスを実現しようというもの。
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で秋の夜長を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...
中身を覆っているフィルム部分は水に溶けるようになっていて、ゴミは出ないし持ち運びに便利なシャンプー。
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
いまや世界的な社会現象となっており、毎日話題が絶えない『Pokémon GO』。モンスターボールを投げているユーザーを街中でよく見かけるようになりました。...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
「色々な国を旅したいけどお金がない…」とお悩みの方。それならば、世界を舞台に活躍できる仕事を見つけてみてはいかがでしょうか?HIGHER PERSPECT...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
自分の「幸福度」を高める、働き方。
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...