3つ当てはまったら休暇を!いますぐリフレッシュすべき「22のサイン」

照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。

そんなとき、我慢せずに旅へ出るべきだと語るのは「Elite Daily」のライターAshley Fernさん。彼女が提示する22の項目にいくつも当てはまるなら、それはあなたの体がリフレッシュを欲しているサイン。

思い切っていますぐ航空チケットを買ってしまうのもひとつの手ですよ。

01.
毎日、スヌーズを3回以上押している

1回は普通。2回はちょっとやりすぎ。そして3回押してしまったあなたは、今すぐ休暇をとる必要があります。3回目以降のスヌーズなんて、起きる気ゼロ同然。

02.
ここ数ヶ月、まったく運動していない

バケーションを取れば、モチベーションを取り戻せるはず。毎日、ビーチでの日光浴を夢に描いているのなら、もう行くしかありません。

03.
いつの間にか色白に

4トーンくらい濃いファンデーションを使わないと、理想の小麦肌が得られないなんて、ずいぶん日焼けが抜けてきた証拠では?鏡に映る自分の色白さは、なかなか受け入れがたいもの?

04.
暖かい気候ってなんだっけ?

最近「あったかい」って感じてないな…。

05.
SNSの最終更新から3ヶ月が経過

これは、毎日を楽しめていないサインのひとつ。これ以上、周りのみんなを不安にさせないためにも、休暇をとり、心踊るポストをしてみては?

06.
同僚にまで「休暇をとれば?」と心配される

一緒に働いている人すら、あなたに休暇を提案してくるのなら、快くその優しさを受け入れるべき。

07.
最近、飲み足りていない

豪快に飲んでこそ、人生が見えてくるもの。そのために休暇をとるなんて…と思うかもしれませんが、バケーションの醍醐味がお酒にもあることは、誰もがわかっていることです。

08.
大学の友だちと再会できていない

休暇の一番の口実は、友だちに会いに行くこと。「まだまだイケる」と思える友だちとの再会は大切です。

09.
勤続期間2年。休みナシ。

なんでこんなに待ってしまったのかは謎ですが、そう気づいたら、休暇を取りましょう。

10.
気づいたらシングルなのは自分だけ…

恋人とイチャイチャしている友だちから離れるのにぴったりなのが、バケーション。

11.
夏服がホコリをかぶっている

「こんな夏服、持ってたっけ?」と思うのは、あったかいところからしばらく離れてしまっている証拠。

12.
サングラスもインテリア化

ベッドでゴロゴロしながら、「今頃このサングラスをかけながら、どこかのビーチでゆっくりできてたら…」なんて夢ばかり見ていませんか?

太陽の光を浴びずに、おうちで放置されているサングラスが可哀想…。

13.
トロピカルなカクテルを最後に飲んだのは学生時代

しかも飲んだことすら、覚えていない。

14.
足のネイルケアは放置

だって外は寒くて、サンダルなんて履く機会がないから。ムダ毛処理もしないし、体をキレイにするのはシャワーを浴びるだけ。なんてことありませんか?

15.
最後に見た夕焼けは映画のワンシーン

それを本物に見せかけた写真を撮って、友だちに送りつけてみたり…なんてことはさすがにない?

16.
髪に塩がついた理由は…

海に行ったからではなく、ポテチの袋を枕代わりにして寝ちゃったから。何か文句でもある?

17.
そもそも、泳ぎ方を忘れちゃった

「そんなワケない!」と証明するためにも、早く海に飛び込んでみて。完璧にセットした髪が濡れることだって、まったく気にならないはず。

18.
夕方4時に3杯目のコーヒーを飲むのが日常

そんな生活、健康的なはずありません。

19.
朝食からお酒、なんてどう?

四六時中飲み続けても誰にも文句を言われないのが、バケーションというもの。

20.
髪色からなんとか「夏」を演出

でもあなたの生活が、「夏」から程遠いのはお見通しです。

21.
旅行サイトのメルマガが「配信を停止しますか?」と聞いてくる

航空券を買うために作成したアカウントもいつの間にか化石と化しているのでは?

休暇が欲しくて仕方ないタイミングで転がってくる宣伝に、思い切ってお金を使ってみるのもよし。

22.
冬服の量が夏服を勝っている

あまりにも冬服が増えすぎて、いつしかスーツケースを収納スペースとして使うように…。一瞬、「収納上手」なんて思うかもしれませんが、実際にスーツケースを持って旅に出かけるほうがよっぽど楽しいでしょ?

Licensed material used with permission by Elite Daily
仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
旅して休暇を楽しみながら、リモートで働くというスタイル「ワーケーション」。この実現をサポートする動きが、いま広がりを見せています。例えば、アクティブライフ...
疲れは知らない間にたまってしまうもの。自分ではまだ大丈夫、と思っていても、予想以上にたまっていることだってあるんです。今回は普段の生活の中からわかる「疲れ...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
アウトドアオフィス事業をてがけるスノーピークビジネスソリューションズは、旅行大手JTBと共同開発した法人向けのサービス「CAMPING OFFICE HA...
新生活がひと段落し、疲れも出てくる頃。思い通りの人生を歩めているか、疑問に思うタイミングもありますよね。そんな時参考にしたい5つのサインを「Higher ...
冬を乗り切るための「極暖ファッションアイテム」を3つ紹介。
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
「江崎グリコ」が「龍谷大学」と共同研究を進めてきた臨床実験、「パピコの喫食でリフレッシュ効果が得られる」が立証。日本食品科学工学会誌に論文受理され、近く掲...
先日、アメリカ全土で「有給休暇」に関する調査がおこなわれた。調査によると、アメリカ人の5人に1人は「給料を10%上げてもらうよりも有給休暇を5日間追加して...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
いかに休息を取るか。これは日々を忙しく過ごすビジネスパーソンにとって、永遠の課題。心身ともに疲れた状態では、何事もうまくいかない。ここでは自著『超一流の超...
10月2日、SDGsを達成するためにさまざまな活動をおこなっている「The Global Goals」が、映画『トレインスポッティング』のモノローグを題材...
「アダストリア」より、取り外しができるヒートシステムを搭載し、37℃〜53℃の温度調整が可能なウェアラブル衣料「A-WARMER」が登場。
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
こういう彼とは、未来なんて考えられません。
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
今、世界で大注目のトリートメント「ハロセラピー」が日本初上陸!岩塩に囲まれた環境でくつろぎ、岩塩の放出する空気を吸うことで心身ともにリフレッシュ。
「Makuake」でファンディングに成功した製品が並ぶMakuakeストア。ファンディング期間を待つことなく、今すぐ手元に届くモノばかり!