3つ当てはまったら休暇を!いますぐリフレッシュすべき「22のサイン」

照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。

そんなとき、我慢せずに旅へ出るべきだと語るのは「Elite Daily」のライターAshley Fernさん。彼女が提示する22の項目にいくつも当てはまるなら、それはあなたの体がリフレッシュを欲しているサイン。

思い切っていますぐ航空チケットを買ってしまうのもひとつの手ですよ。

01.
毎日、スヌーズを3回以上押している

D9e73e874875b978a33d5e81259b5192d48dadd9

1回は普通。2回はちょっとやりすぎ。そして3回押してしまったあなたは、今すぐ休暇をとる必要があります。3回目以降のスヌーズなんて、起きる気ゼロ同然。

02.
ここ数ヶ月、まったく運動していない

バケーションを取れば、モチベーションを取り戻せるはず。毎日、ビーチでの日光浴を夢に描いているのなら、もう行くしかありません。

03.
いつの間にか色白に

4トーンくらい濃いファンデーションを使わないと、理想の小麦肌が得られないなんて、ずいぶん日焼けが抜けてきた証拠では?鏡に映る自分の色白さは、なかなか受け入れがたいもの?

04.
暖かい気候ってなんだっけ?

最近「あったかい」って感じてないな…。

05.
SNSの最終更新から3ヶ月が経過

1b8defbf17fb8561afb20485c2d770c5734e4dac

これは、毎日を楽しめていないサインのひとつ。これ以上、周りのみんなを不安にさせないためにも、休暇をとり、心踊るポストをしてみては?

06.
同僚にまで「休暇をとれば?」と心配される

一緒に働いている人すら、あなたに休暇を提案してくるのなら、快くその優しさを受け入れるべき。

07.
最近、飲み足りていない

豪快に飲んでこそ、人生が見えてくるもの。そのために休暇をとるなんて…と思うかもしれませんが、バケーションの醍醐味がお酒にもあることは、誰もがわかっていることです。

08.
大学の友だちと再会できていない

休暇の一番の口実は、友だちに会いに行くこと。「まだまだイケる」と思える友だちとの再会は大切です。

09.
勤続期間2年。休みナシ。

なんでこんなに待ってしまったのかは謎ですが、そう気づいたら、休暇を取りましょう。

10.
気づいたらシングルなのは自分だけ…

29705572ce2852ef2d75397260c7ba6c30925616

恋人とイチャイチャしている友だちから離れるのにぴったりなのが、バケーション。

11.
夏服がホコリをかぶっている

「こんな夏服、持ってたっけ?」と思うのは、あったかいところからしばらく離れてしまっている証拠。

12.
サングラスもインテリア化

ベッドでゴロゴロしながら、「今頃このサングラスをかけながら、どこかのビーチでゆっくりできてたら…」なんて夢ばかり見ていませんか?

太陽の光を浴びずに、おうちで放置されているサングラスが可哀想…。

13.
トロピカルなカクテルを最後に飲んだのは学生時代

しかも飲んだことすら、覚えていない。

14.
足のネイルケアは放置

だって外は寒くて、サンダルなんて履く機会がないから。ムダ毛処理もしないし、体をキレイにするのはシャワーを浴びるだけ。なんてことありませんか?

15.
最後に見た夕焼けは映画のワンシーン

8a9ce6cc4b7327eed0d2f3010295e41230099bf4

それを本物に見せかけた写真を撮って、友だちに送りつけてみたり…なんてことはさすがにない?

16.
髪に塩がついた理由は…

海に行ったからではなく、ポテチの袋を枕代わりにして寝ちゃったから。何か文句でもある?

17.
そもそも、泳ぎ方を忘れちゃった

「そんなワケない!」と証明するためにも、早く海に飛び込んでみて。完璧にセットした髪が濡れることだって、まったく気にならないはず。

18.
夕方4時に3杯目のコーヒーを飲むのが日常

そんな生活、健康的なはずありません。

19.
朝食からお酒、なんてどう?

四六時中飲み続けても誰にも文句を言われないのが、バケーションというもの。

20.
髪色からなんとか「夏」を演出

5fc5f7534ee3762ebbaadff1f16528aa4f2e75b1

でもあなたの生活が、「夏」から程遠いのはお見通しです。

21.
旅行サイトのメルマガが「配信を停止しますか?」と聞いてくる

航空券を買うために作成したアカウントもいつの間にか化石と化しているのでは?

休暇が欲しくて仕方ないタイミングで転がってくる宣伝に、思い切ってお金を使ってみるのもよし。

22.
冬服の量が夏服を勝っている

あまりにも冬服が増えすぎて、いつしかスーツケースを収納スペースとして使うように…。一瞬、「収納上手」なんて思うかもしれませんが、実際にスーツケースを持って旅に出かけるほうがよっぽど楽しいでしょ?

Licensed material used with permission by Elite Daily
仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
「今から20年したら、やったことよりやらなかったことを後悔するだろう。もし迷っているなら、決断せよ。今いる安全な場所から離れて、探検し、発見しよう」ーマー...
自分の「疲れのサイン」に気づいていますか?疲れは知らない間にたまってしまうもの。自分ではまだ大丈夫、と思っていても、予想以上にたまっていることだってあるん...
新生活がひと段落し、疲れも出てくる頃。思い通りの人生を歩めているか、疑問に思うタイミングもありますよね。そんな時参考にしたい5つのサインを「Higher ...
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
いかに休息を取るか。これは日々を忙しく過ごすビジネスパーソンにとって、永遠の課題。心身ともに疲れた状態では、何事もうまくいかない。ここでは自著『超一流の超...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
「Elite Daily」で紹介された不安を和らげるための記事は、今まで読んだものとちょっと違う。11の方法を紹介しているのだけど、私が魅力に感じた最大の...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
もちろん休暇を取らなきゃいけないし、お金だってかかる。ほかにも悩みは尽きないけど、「旅」にそれ以上の価値を感じている人は多いもの。世界を周りながらトラベル...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
「Talent Smart」社の共同創設者、トラヴィス・ブラッドベリー博士は「ネットフリックス」社の文化を分析しています。同社は、社員が好きなだけ休暇をと...
アメリカの「Elite Daily」は、恋愛に関することがリスト形式の記事が有名ですが、時々そのフォーマットからまったく逸脱したユニークな記事も。例えば、...
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。