いますぐ、知らない環境へ飛び込むべき12の理由

毎日毎日、同じ景色ばかり見ることに、飽き飽きしているそんなあなたに。

Elite Daily」の旅好きライターSophie Cookさんがおくる、新しい環境に飛び込むべき12の理由を紹介します。これまで、自分でも気づかなかった「新しい自分」に出会えるかもしれませんよ。

01.
今までとは違う
交友関係が広がる

2ca0b077d0c7b40f0311693fc40722fa0ed6057a

私が「親友」と呼べるふたりは、旅の途中で出会った人。まったく知らない土地に行くと、出会った人すべてに、普段よりも心を開くことができます。旅での出会いが、深いつながりになることもあるのです。

02.
それまでいた場所に
改めて感謝できる

旅に出ると、自分が今までいた環境が当たり前でなかったことに気づかされます。世界には本当にいろいろな価値観があり、さまざまな人がいます。外から、改めて自分の立っていた場所を見て、初めて感謝できることがたくさんあるのです。

03.
かつてない
ワクワクを感じる

行ったことがない場所に行くのは、ジェットコースターのようなものです。次々に未知のことが飛び出してきて、飽きることがありません。飛行機に乗り、周りを知らない人に囲まれて、初めての場所に向かうんだと思うだけで、体のなかからアドレナリンが出るのを感じます。

04.
恐怖を乗り越え
個性が強まる

知らない場所へ旅することは、誰でも怖いもの。でも恐怖は判断を鈍らせ、できるはずのこともできなくしてしまいます。未知の土地へ向かい、リスクと戦いながら道を切り開いていくことで、恐怖を乗り越え、自分なりの判断基準や個性が出来上がっていくのです。

05.
本当にやりたいことが
見えてくる

0b109839e6f1a220aaf6214504e5f5808ec600eb

ルーティンワークばかりして同じところをぐるぐる回っていると、自分がいったいどこにいるのか、どこに行きたいのかすらわからなくなってしまいます。コンフォートゾーンを抜け出して、もう一度いちからやり直すことで、本当に自分が求めていたことが明らかになっていきます。

06.
失望することがなくなる

失望とは、期待したものが得られなかったときにするもの。つまり新しい環境に身を投じれば、これから何が起こるかなんて予測不能です。得られたものに喜びこそすれ、ガッカリする暇なんてありません。新しい世界は、つねに満足をもたらしてくれるのです。

07.
決断力が
鍛えられる

正しい方法を学ぶためには、失敗するのが最大の近道。一見すると行き止まりに見えることがあっても、自分の力でなんとか道を見つけなくてはなりません。新しい世界に飛び込み、失敗しながら進んで行くことで、決断力は鍛えられます。

08.
成功も失敗も
すべて自分で受け止める

新しい土地に出れば、成功も失敗も、すべてが自分の責任です。だからこそ、うまくいったときには、他の誰のおかげでもない、自分自身で手にした成功だと胸を張ることができます。本当に自分の力だけで手にしたものは、かけがえのない自信へと変わるのです。

09.
自分のことが
もっと愛せるようになる

1d55eb400e7f15daf5a457621754f72f485819f9

他人の顔色ばかりを伺って、自分の心の中にある気持ちを押さえつけるのは、もうやめにしましょう。あなたのことを誰も知らない場所では、自分の考えをはっきり述べることが求められます。新しく出会う人とも、オープンな気持ちで意見を交わすことができるはずです。

10.
前向きに考える
ユーモア溢れる性格に

知らない場所では、悲しいことも楽しいことも両方あります。でも立ち止まってはいられません。悲しいことは笑い飛ばして、楽しいことはもっと楽しんで、前向きに生きていくことが大切。ユーモアのセンスとは、物事の明るい面に目を向ける知性のことなのです。

11.
自分を信じる
勇気が持てる

寄る辺のない新しい土地では、直感が物を言います。誰もあなたに道を教えてはくれません。自分の心の声に耳を澄ませて、思い切って正しい方向に向かうのです。他人に頼らず、自分だけで生きていけるという実感は、自分を信じる勇気に変わります。

12.
自分の足で歩いて
挑戦できる

8ee66a1953640a14ce0c445b4b33a8d2d8cdb956

確かに、今いる場所は慣れていて快適かもしれません。でも、同じ場所でできることは自ずと限られてきます。まだ見ぬ環境に飛び込むことで、今までの居心地のいい環境に甘えず、自分の足でどこまで歩いていけるか挑戦することができるのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ほとんどの人は、大きな理想を語りながらも、安全な選択をして生きていきます。もちろんそれも、その人の人生です。でも「こんなところで何をしているんだろう?」と...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
誰にだって恐怖心はあります。失業がこわくて退屈な仕事を続けたり、独りになるのが怖いから適当な相手とも一緒にいる。でも心配しすぎることで、私たちは本当に大切...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
精神や心を重要視するこの時代、質の高い人生を送るためには、正しい心のあり方を知る必要がある。こう説くのは、『人生が変わるマインドフルネス』(幻冬舎)を上梓...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
人生には、たくさんの挫折がつきものです。ただ「七転び八起き」という言葉があるように、人は失敗をしても諦めず、立ち上がる力を持っています。私たちが知っている...
直感を頼りに、<ホストから旅人、そして神主>の道を歩んで「自由奔放と言われることも多いけれど、紆余曲折の連続だった」と言う玉置 彰彦さんが、人生に迷いを抱...
学生時代の苦い経験から、ガラッと180度人生を回転させた女性がいます。『不登校の女子高生が日本トップクラスの同時通訳者になれた理由』(アスキー・メディアワ...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
現代物理学の父と称され、2016年2月に観測された「重力波」を100年前に予測していたなど、今でも科学に大きな影響を与えているアインシュタイン。彼は人生に...
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
「自分の人生は、自分のもの」。当たり前のことのように思うかもしれませんが、日々忙しくしているうちに、自分で自分の人生をコントロールできなくなってしまうもの...
およそ8年間、約3,000日もの月日をかけて、各地で旅費を稼ぎながら世界中を飛び回った旅人ペニー・ルース氏。彼が「Fluent in 3 months」に...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
「失敗は成功のもと」は誰もが知っている言葉。しかし、意味は理解できてもどうすればそれを信じることができるのか、というのはまた別の話。「Spanx」を設立し...
怠けていては、成功にたどり着けない。そんな根本的なことを思い出させてくれるのは、「Elite Daily」のこの記事。何をもって人生の成功とするかは色々な...