遠出しないで休暇を楽しむ「ステイケーション」10の方法

仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。

そこで提案したいのは、バケーションならぬ、「staycation (ステイケーション)」。これは「自宅や地元でバケーションを味わう」といった、とても楽チンな休暇のこと。束の間のリフレッシュ、ステイケーションの取り方を「Little Things」のLaura Caseleyさんの記事より学ぶことにしましょう。

01.
一緒にいて落ち着く人と
ゆったり時間を過ごす

仕事に追われていたせいで、なかなか会えていなかった親友や家族と、ゆったり時間を過ごしましょう。おいしいご飯を食べたり、映画鑑賞会を開いたり、催し物はなんでもOKです。

02.
あらためて
地元を散策してみる

あなたが住む地元も、じつは思っている以上にいろんな楽しみが眠っているかもしれません。ウワサだけは聞いていた新しいレストランや、ずっと気になっていたけど一度も入ったことのなかった服屋さん。これを機に、さらに地元のことを知って、好きになってみては?

03.
ボランティア活動に
参加してみる

「せっかくの休みだからこそ、誰かの役に立ちたい」と、思いやりに溢れるあなたには、ボランティアへの参加がおすすめです。近隣で参加できるものを探してみましょう。

04.
スマホの電源は
OFFにする

仕事のメールは不在通知の自動返信を設定し、SNSのアカウントからも全てログアウトしましょう。そうすれば、さらにゆっくりしたステイケーションを手に入れることができます。現実から逃避できてこそ、真の「休暇」と呼べるワケですから。

05.
公園や山へ行って
身近な自然に触れる

仕事で毎日都心に出てきているのであればなおさら、自然と触れ合う時間は新鮮に感じるはず。最寄の公園や山などを見つけ、ハイキング用のスニーカーを履いて、さっそくおいしい空気を吸いにいきましょう。

06.
地元のギャラリーを巡る

どんなに小さなエリアでも、深く探していくと何かしらの「カルチャー」が眠っているはずです。地元の小さなギャラリーやミニシアターへ、まずは行ってみましょう。新しい発見がきっとあなたを待っています。

07.
庭やベランダで
食事をしてみる

庭があるなら、小さなテントを置いてキャンプ気分を味わってみるのはどうでしょう?とくに子どもは大喜びするはずです。ベランダを使ってサンドイッチを食べたり、ライトなピクニック気分を味わうというのも、ありかもしれません。

08.
先延ばしにしていたことを
一気にやりきる

読もうと思っていた本も、整理しようと思っていたクローゼットも…気がついたらそっちのけになっていませんか?スマホの電源も切ったことだし、気が散らないうちに「やりたい!」と思っていたことを最後までやりきましょう。

09. 
ニュースから離れてみる

もちろん、世の流れを知っておくことは大事ですが、見るたびに気分が落ち込んでしまうのであれば、少し息抜きが必要かもしれません。

10. 
掃除代行を依頼する

バケーションのいいところは、どれだけ宿泊先の部屋を散らかしても、帰ってきたら元通りになっているところですよね。たとえば、自宅の掃除代行を依頼するのも「ステイケーション」の立派な選択肢です。

少し費用はかかってしまいますが、自分へのご褒美としていかがでしょう?

Licensed material used with permission by Little Things
旅して休暇を楽しみながら、リモートで働くというスタイル「ワーケーション」。この実現をサポートする動きが、いま広がりを見せています。例えば、アクティブライフ...
2018年8月30日、彼らは「快適な労働環境を整えるために最低12週間の有給育児休暇を付与するように」とサプライヤーやベンダーたちに協力を仰ぎました。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
スイスのホテルチェーン「Ibis Hotels」が、旅行を思う存分に楽しめるようにということで、インスタ代行サービス(Instagram Sitter)を...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
「Airbnb」のサバティカルプログラム、第2弾は海洋保全に取り組むNGOオーシャン・コンサーバンシーと共催する「南極研究の旅」。
先日、アメリカ全土で「有給休暇」に関する調査がおこなわれた。調査によると、アメリカ人の5人に1人は「給料を10%上げてもらうよりも有給休暇を5日間追加して...
先日「Google」は、現代人のデジタル生活を改善するべく「デジタル・ウェルビーイング」に関するアプリを発表。専用封筒に入れて“電話機能”だけの使用を可能...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...
ゆったりと自分の人生を楽しみ、生活の質を重視する「スローライフ」という考え方。慌ただしく時間に追われる日々から卒業して、丁寧な暮らしをしようと思ってみても...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
日本でも、キャンプ版Airbnbと数年前から有名になっている「Hipcamp」。2015年に登場したにもかかわらず、未だに人気が衰えない理由は、デジタルデ...
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
日本から飛行機で11時間程のニュージーランド。「異次元なほど贅沢な時間がある」と、自然派作家・四角大輔さんが教えてくれたのは、「世界一美しい遊歩道」ミルフ...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
旅先の人々とマッチングして一緒に食事を楽しむマッチングアプリ「OodyMate」を紹介。
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
ヨーロッパに起源を持ち、宗教的迫害から逃れ、新しい土地を求めるようにして、18世紀前半のアメリカに移住した「アーミッシュ」。彼らからは、長生きを可能にする...
ブラウジング中のユーザーの表情からサイトが与えている影響を分析して教えてくれる「Misu」というアプリ。自分で判断するのは難しいインターネットの心理的影響...
「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリ...