今、私が一番宿泊したいのは「この小屋」!

毎日コンクリートジャングルの中で生活していると、鳥の鳴き声や木々が風に揺れる音が恋しくなる時がある。疲れていると何もない場所でゆっくり過ごしたいと願うのは、誰しも同じではないだろうか。

先日たまたま見つけて「いいな!」と思った小屋がある。これ、ロシアのものだけど息抜きしに行ってみたい。だって水に浮いているから、本当に誰からも邪魔されなさそうだし…。

世界的大都市のちかくで
自然にとけ込む

「DD16」というこの小屋は、組み立て式。実際に住むというより観光客など短期滞在する人に向けてつくられたということだ。写真を見てロシアにあると知れば、どこか広い森の奥にでもあるのではと思うかもしれない。が、実はここモスクワの近く。

街から離れられる感覚を味わえる要因は雰囲気だけではない。小屋はすべて自然があれば過ごせるつくりになっていて、電気は太陽光発電、水は湖のものを使用し、用を足すときはバイオトイレだ。これなら中途半端な息抜きにはならず、疲れを徹底的に“デトックス”できそう。

冬の寒さにも耐えられる
自分だけのスペース

小屋の中にはシャワー付きバスルーム、ダブルベッド、ダイニングテーブルがあり、他にも折りたたみ可能な家具がある。

基本的なものは揃っているから、携帯やパソコンなんかは自分で持ち込み禁止にして、ただただ流れる時間だけを感じられたらかなりリフレッシュできそう。

水に浮かせる時はクレーンを使ってこの通り。ロシアの厳しい冬にも耐えられるつくりになっているから氷が張っている環境でも大丈夫。ただ、重さを考え小屋に使われているのは薄い木材だということで、寒さ対策は事前にしっかり考えておく必要がありそうだ。

残念ながら小屋はまだ試作品。日本の夏は蒸し暑いし、いつかロシアで過ごすのもいいんじゃないか、と頭の片隅に置いておいてもらえたらと。

Licensed material used with permission by Vlad Mitrichev and Ivan Ovchinnikov
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
気に入った場所でくらすという、あこがれをカタチにする道具。そんなイメージから無印良品がつくりあげた「小屋」が、千葉県南房総市に位置する多目的施設「シラハマ...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
スケート大国オランダでは、冬のあいだ凍りつく川や湖を天然のスケートリンクとして楽しんでいるそうです。周囲には、日本でいうところの“海の家”感覚の小さな小屋...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
夜8時。昼間に案内された儀式をとり行う円形の小屋へ、電気など何もない真っ暗のジャングルを懐中電灯だけを頼りに向かった。
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
あなたは、「学生」から「社会人」へとスタートを切った日のことを覚えていますか?そのあとの1年が充実していた人も、多忙で当時の記憶がほとんどない人も、それは...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
社会人になって置かれる環境や考えが変われば、学びたいと思う分野も変化するから。これって、ものすごく普通のこと。だけど日本では、学生に戻ることが特殊みたいに...