今、私が一番宿泊したいのは「この小屋」!

毎日コンクリートジャングルの中で生活していると、鳥の鳴き声や木々が風に揺れる音が恋しくなる時がある。疲れていると何もない場所でゆっくり過ごしたいと願うのは、誰しも同じではないだろうか。

先日たまたま見つけて「いいな!」と思った小屋がある。これ、ロシアのものだけど息抜きしに行ってみたい。だって水に浮いているから、本当に誰からも邪魔されなさそうだし…。

世界的大都市のちかくで
自然にとけ込む

「DD16」というこの小屋は、組み立て式。実際に住むというより観光客など短期滞在する人に向けてつくられたということだ。写真を見てロシアにあると知れば、どこか広い森の奥にでもあるのではと思うかもしれない。が、実はここモスクワの近く。

街から離れられる感覚を味わえる要因は雰囲気だけではない。小屋はすべて自然があれば過ごせるつくりになっていて、電気は太陽光発電、水は湖のものを使用し、用を足すときはバイオトイレだ。これなら中途半端な息抜きにはならず、疲れを徹底的に“デトックス”できそう。

冬の寒さにも耐えられる
自分だけのスペース

小屋の中にはシャワー付きバスルーム、ダブルベッド、ダイニングテーブルがあり、他にも折りたたみ可能な家具がある。

基本的なものは揃っているから、携帯やパソコンなんかは自分で持ち込み禁止にして、ただただ流れる時間だけを感じられたらかなりリフレッシュできそう。

水に浮かせる時はクレーンを使ってこの通り。ロシアの厳しい冬にも耐えられるつくりになっているから氷が張っている環境でも大丈夫。ただ、重さを考え小屋に使われているのは薄い木材だということで、寒さ対策は事前にしっかり考えておく必要がありそうだ。

残念ながら小屋はまだ試作品。日本の夏は蒸し暑いし、いつかロシアで過ごすのもいいんじゃないか、と頭の片隅に置いておいてもらえたらと。

Licensed material used with permission by Vlad Mitrichev and Ivan Ovchinnikov

関連する記事

一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
2018年12月中旬に発表された、自動車メーカー「フォード」のヨーロッパ支社がつくった犬小屋の紹介です。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
気に入った場所でくらすという、あこがれをカタチにする道具。そんなイメージから無印良品がつくりあげた「小屋」が、千葉県南房総市に位置する多目的施設「シラハマ...
「ブラック校則」について議論されている今日、社会人の数人に学生時代の校則についてインタビューしました。思い返してみても謎なものから、ちょっと厳しすぎじゃい...
露・求人情報サイト「SuperJob」が、ロシア全土に住む18歳以上の男女2000人を対象にして、この春に実施した「ロシアで今、もっとも魅力的な有名人は誰...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
休みが長ければ長いほど、終わった時の衝動は大きい──。まだゴールデンウィーク休暇は終わっていないのに、今ならなんとなく憂鬱な気分になっている人がいたら必読です。
照りつける太陽と、歩いていける目の前のビーチ。そんなトロピカルなバケーションに思いを馳せるのは、寒い日が続くこんな季節だからこそ。そんなとき、我慢せずに旅...
『TABI LABO』の記事の中から“今すぐ買えるもの”をピックアップして、シチュエーションごとに紹介。最後は、いつも仕事を頑張っているお父さんに、「せめ...
仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
ドヤったはずが、大間違い。社会人として知っておきたい「日本語」
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
「江崎グリコ」が「龍谷大学」と共同研究を進めてきた臨床実験、「パピコの喫食でリフレッシュ効果が得られる」が立証。日本食品科学工学会誌に論文受理され、近く掲...
8月13日、AppleはiPhoneとApple Watchを使用した「Wallet学生証」をアメリカの大学12校が新たに導入すると発表した。
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
休み明けってどうしても憂鬱になりがち。でもリフレッシュしながらやっていけば大丈夫でしょう。世界中の人がどのように息抜きをしているかがまとめられた記事がここ...
3月24日、ニュージーランド議会は、流産や死産で子どもを失った人に3日間の忌引有給休暇を取得できるようにする法案を提示し、全会一致で可決となった。この法案...
スケート大国オランダでは、冬のあいだ凍りつく川や湖を天然のスケートリンクとして楽しんでいるそうです。周囲には、日本でいうところの“海の家”感覚の小さな小屋...
ロシアの配車サービス「Yandex.Taxi」が導入しているテクノロジーの紹介。
「新生活を気持ちよく迎えるため、これまでのあんなことやこんなことを楽しく反省したい」という人に向けた宿泊プラン「反省合宿」が、「居酒屋以上 旅未満」の体験...
リラクゼーションを目的として建てられた「Glass House」。その名の通りガラス張りで、周辺に何もないからリラックスできます。スペイン南部に広がる砂漠...
多拠点居住のニーズが高まりつつある現代では建築も多様化している。その土地の自然と融合する「SOL house」は、現代人の“自然と触れ合いたい”という欲求...