今すぐその仕事を辞めるべき「6つの気づきポイント」

「果たして、このままこの仕事を続けるべきなのだろうか…」。そんな疑問が頭をよぎるものの、目の前にあるタスクに追われ、なかなか答えが見出せていないのでは?

Elite Daily」のPaul Hudsonさんがまとめた「6つのこと」を少しでも感じているのなら、転職を視野に入れるのも選択のひとつ。人生の大半を占める仕事こそ、幸せの決め手と言えるでしょう。

01.
とにかく、毎朝
仕事に行くのがつらい

D41a56a52df52ebf179f7309c749137a7cb0b507

仕事そのものに「幸せ」を求めなくてもいいのです。笑わせてくれる同僚がいたり、出社時に居心地の良さを感じることは、もちろん大切なこと。でも、つねに幸せを噛みしめながら仕事をしている人は、少ないものです。結局仕事は仕事、できることなら少ない業務量を望むのも当たり前。人間そういうものです。

ただ、それなりに「満足」しているのなら、問題はありません。一番良くないのは「仕事に行きたくない」と思いながら毎朝出社すること。これを繰り返すと、人生はどんどん下降していきます。たとえ、いまの職が夢見た仕事ではなくても、この先自分の志す仕事につながるかもしれません。

つまり、必ずしも好きなことを仕事にしなくてもいいのです。ただし、嫌悪感だけが募る仕事は避けるようにしましょう。

02.
好奇心が持てず
「学び」がない

「好奇心は猫を殺す」とはイギリスのことわざで「過剰な好奇心は身を滅ぼす」ことを意味しています。そうは言っても、好奇心があってこそ人は行動を新たにすることができるのに、多くの場合、人はこの感情を過小評価している気がしてなりません。

好奇心があるということは、何かしら面白みを感じているということ。それがないと、「飽き」がきます。仕事に「飽き」を感じているのなら、いますぐ転職活動をスタートするべきでしょう。

その際には、学びがありそうな職に就くこと。それが、毎日の気だるさを解消する秘訣です。

03.
挑戦する場がない

D466109d91228ae99182041668b6d1a932e29881

3時間しか睡眠をとらなくても、2日酔いで出社しても、とくに支障のない簡単な仕事。確かにそれもラクでいいかもしれませんが、ある日突然、人生にもっと刺激が欲しくなったら…。そう感じた途端、8時間も興味のないことに時間を当てていることに気づき、がっかりするのがオチでしょう。

成長している実感が湧かないと、人は停滞してしまいます。人生の大半は仕事に費やすのだから、つねに成長できる職に就くのが一番。挑戦できる場があるとワクワクしますし、達成できたときには自信もつくでしょう。その自信こそが、人生のありとあらゆる場面に輝きをもらたらしてくれるのです。

04.
金銭的に見返りがあっても
精神的な喜びがない

仕事を選ぶ上で大切にしたいのは、何かしらの「報い」があるかどうか。とは言っても、その「報い」の測り方が肝心です。

たとえば、「お金」を「報い」として直接的に結び付けてはいけません。なぜなら、本当に好きなのはお金ではなく、それが与えてくれる「豊かな生活」であることを見極めるべきだから。

高収入の仕事は、プライベートの楽しみを奪うかもしれませにんよ?収入を費やす時間がなければ、人生はどんな意味を持つのでしょう?

05.
やる気を奮い立たせる
「何か」がない

4087b300fc9e760cae2a3341c6e0ab9d353c750b

やる気とは、人間の燃料。やる気があってこそ、行動に出たり、変化を加えたり、極端に言えば人生を生き抜くことができるのです。

その燃料なしで勢いは生まれず、人生にモヤモヤするだけでしょう。とはいえ自分で自分のやる気を起こすのは、なかなか難しいこと。だからこそ、やる気を起こしてくれる仕事を見つけるのがベストなのです。やる気とは、自然に生まれるもの。強制して生まれるものではありません。

06.
いい兆しが見えず
悲観的になる

人生の大半は「お金を稼ぐこと」に費やされます。その稼ぎ方に喜びを感じられなければ、毎日が気が重くなっていくのも当然です。いまの仕事に希望を感じられず、毎朝起きるのがつらいなら、退職を視野に入れることだって当然です。

何にせよ、人生とは見方ひとつで変わるもの。少しでも楽観的に考えられるならば、きっと人生もうまくいくでしょう。反対に、何をやっても悲観的になってしまうなら、どん底まで突き落とされてしまいます。

どんどん希望が薄れてくると「終わりを楽しみに待つ」しかなくなってしまいます。これ以上つらいことはないのでは?

Licensed material used with permission by Elite Daily
2016年こそは転職するぞ!と決意して、転職活動にいそしんでいる人。もしくは、今の仕事を辞めてから転職活動をしようとしている人。どちらの場合でも、今の仕事...
「Elite Daily」でライターのPaul Hudson氏が、このサインがでたら、今すぐ仕事を辞めるべきといった記事を書いています。ここで紹介するのは...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
毎日いかなければいけない職場。職場環境が悪くて、転職という二文字が頭のなかをよぎっても、簡単に仕事を変える決断はできないものです。 『Inc.』のMarc...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
「The School of Life」の動画は、「やりがいのある仕事とは何か?」や「どうやって意義を見出すのか?」を考え直す機会を提供してくれます。参考...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、大きな決断の前に準備しておくべきことって?
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...