仕事ができる人の19の特徴!できない人から抜け出すための方法

「自分は仕事ができない」と悩んでいる人も、仕事ができる人の特徴を知り少しづつ取り入れる事ができれば、改善をすることができるでしょう。

今回の記事では「仕事ができる人の特徴」を19個紹介しています。優秀な人の特徴は意外と単純で誰でも実践しやすい内容ばかりなので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事ができる人とは

©iStock.com/Pinkypills

仕事ができる人とは、自ら仕事を作りうまくこなすことができる人を指します。仕事ができない人と比べると、外見や仕事の仕方・生活習慣などが異なっているのが特徴です。

仕事ができないと嘆いている方も、仕事ができる人の特徴をふまえた対策を講じることで、自分もできる人に変化することができます。

以下、仕事ができる人の特徴を19個紹介していきます。

【コミュニケーション編】仕事ができる人の特徴

仕事ができる人は、普通に接していても印象が良く、人付き合いが上手な人だ、ということができます。

仕事ができない人は内面や人からの印象に問題がある場合があります。性格や見た目だけで仕事ができるできないは変わりませんが、人と親密に関われた方が、助言をもらったり自然と情報が集まるため、結果的に仕事の捗り方も違ってきます。

特徴1|きちんと挨拶ができる

仕事ができる人は、きちんと挨拶をすることができます。挨拶はコミュニケーションの基本です。挨拶をきちんとできる人は、周囲からの印象も良くなります。

仕事ができない人は、挨拶をおろそかにしているケースが多いです。「おはようございます」の一言があるだけでも印象が変わってきますので、各場面での挨拶を大事にするようにしましょう。

特徴2|想像力がある

仕事ができる人は、周りの人に気遣いをすることができます。「この人、気が利くな」という人は、仕事を進めていく上でも周りと上手に協力していくことができるので、与えられた仕事を上手にこなすことができるのです。

仕事ができない人は、気遣いがヘタクソで、周囲に不快感を与えてしまいます。周りと協調できるかどうかは仕事をこなす上で大きなバロメーターとなります。

特徴3|笑顔である・精神的に安定している

仕事ができる人は、常に笑顔で精神的にも安定しています。

これに対して、仕事ができない人は、笑顔が少なかったり、精神的に不安定だったりすることが多いです。

笑顔が上手な人は、世渡りも上手で人間関係のトラブルも避けることができます。また、精神的に安定している人は、プライベートの問題などで仕事に支障が出ることはありません。

特徴4|身だしなみが整っており清潔感がある

仕事ができる人は、身だしなみが整っています。身だしなみを整えると、周囲の人に与える印象も良くなり、仕事を円滑に進めることができるようになります。

これに対して、仕事ができない人は、身だしなみが整っていないことが多いです。外見をおろそかにしていることで、人間関係でも悪い影響が出ている可能性があります。身だしなみには気をつけましょう。

【仕事の進め方編】仕事ができる人の特徴

©iStock.com/jacoblund

仕事ができる人は、仕事の進め方にも特徴があります。仕事ができる人なりの「仕事術」があるのです。以下では、仕事ができる人の「仕事の進め方」に注目して紹介していきます。

仕事ができない人は、仕事の進め方に問題があるパターンも多いので、仕事ができる人の進め方を真似していくといいでしょう。

特徴5|判断を下すのが早い

仕事ができる人は、判断を下すのが早い傾向があります。物事をと論理的に考えることができ、意思決定をするための判断基準を素早く正確に導き出せるのでしょう。そのため、何か決断を求められたときに、すぐに結論を出して行動に移すことができます。

仕事ができない人は、結論の出し方がわからず、ネクストアクションが遅くなってしまうのです。

慎重なのは悪いことではありませんが、仕事では判断の早さが重要となってきます。

特徴6|返信・返答が早い

何か連絡をした際に、返信・返答が遅いと、「この人大丈夫なのかな」と不安に感じてしまうことがありますよね。仕事ができる人は、返信や返答にかかる時間が短いのが特徴です。

仕事ができない人は、返答がすぐに求められる場合でも、考え込んでしまって返事をするのが遅れてしまうことがあります。答えをすぐに出せなくても、「少し待ってください」と返事だけでもするようにするといいでしょう

特徴7|行動に移すのが早い

アクションを起こすまでに時間がかかる人は、仕事ができない人です。仕事ができる人は、すぐに何らかの行動を起こすことができます。

「まだいいや」という気持ちは捨て去り、何事に対してもすぐにアクションを起こせるようになりましょう。行動が早くなれば、仕事全体も早く終わらせることができますし、周囲からできる人だと思ってもらえます。

特徴8|計画的に行動する

©iStock.com/eclipse_images

仕事ができる人は、仕事をサクサクこなすことができるだけでなく、計画的に行動するのが得意です。何回も成功体験を積み重ねているので、場合に応じた計画もしっかり考えることができるのです。

仕事ができない人は、無計画に仕事に着手してしまいがちです。何をどういう風に進めていくのかという計画建てをしっかり行うようにしましょう。

特徴9|時間の使い方が上手い

同じ仕事をしていても、余裕がある人とない人とがいます。

仕事ができる人は、時間のやりくりが上手く、同じ作業であっても時間に余裕を持って臨むことができます。これに対して、仕事ができない人は、何をやるにしても忙しそうにしており、余裕がありません。時間の使い方がヘタクソなのです。余裕をもってタスクに臨むようにしたいものです。

特徴10|人を動かすのが上手い

仕事は1人だけで行うものではありません。仕事ができない人は、周りの協力をうまく得られずにもたついてしまいがちです。

しかし、仕事ができる人は、周囲の人を動かすのが上手です。必要な助力を得ることができる能力を持っているため、同じ仕事であってもスムーズに進めることができます。人を使えるかどうかは、仕事ができるかどうかのバロメーターとなるのです。

特徴11|数字や理論を使うので説得力がある

仕事ができない人は、感覚で仕事をしていることが多いです。これに対して、仕事ができる人は「選択」「説明」「進め方」全てにおいてロジックをもとに行動します。とくに論理的な説明ができることは周囲に「できる人」と思われるためには重要です。

仕事に使える数学や論理には、決まったパターンがあります。仕事術の本などを読むことで勉強して身につけることができるので、積極的に読書の習慣を付けるといいでしょう。

特徴12|常にアンテナをはって情報収集している

©iStock.com/seb_ra

仕事における状況は刻一刻と変化をします。仕事ができない人は、この変化を見逃して失敗してしまいがちです。仕事に没頭するあまり、状況にあわせた判断ができないのです。

仕事ができる人は、常にアンテナをはって情報収集をしています。周りの状況や、最新情報などについて、常にキャッチできるようにアンテナを張り巡らせるようにしましょう。

特徴13|整理整頓ができている

あなたは机の上は片づけているでしょうか。仕事ができない人は、机の上ひとつとっても整理整頓がおろそかになっています。整理整頓をしっかりできている人は、仕事もできるのです。

たとえば、何か仕事で必要な書類があった場合。整理整頓ができていないと、すぐに対応することができませんよね。こういう遅れが積み重なって、「仕事ができない」と判断されてしまうのです。

特徴14|失敗から学べる、他の人から学べる

仕事に伸び悩んだときこそ、「成長できる人」と「成長できない人」で差がつきます。仕事ができる人は、失敗したときに学んで成長していきます。

たとえば、経験のない新しい仕事で失敗したとき「失敗から学べる仕事ができる人」は次のステップに繋げられるので成長します。「失敗を恐れる人」は失敗の責任から逃れようとするので、成長できません。

失敗は成長のチャンスだと捉えるようにしましょう。

特徴15|問題が発生しても心が折れない

仕事やプライベートで逆境に見舞われたときに、「心が折れてしまう人」がいます。仕事ができない人は、問題が発生するとすぐに心が折れてしまうのです。心が折れていては、仕事も捗りませんよね。

仕事ができる人は、心が折れにくく、多少の問題でも余裕をもって対応してしまいます。ズルズルと気持ちを引きずるような事態にもなりませんから、サクサクと仕事を片づけてしまえます。

【生活習慣編】仕事ができる人の特徴

©iStock.com/g-stockstudio

仕事ができる人は、生活習慣も整っています。生活習慣は、仕事とは関係のない要素だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。生活習慣の乱れは、心身に大きな影響を与え、仕事のパフォーマンスまで低下させてしまいます。

以下では、仕事ができる人の生活習慣について紹介していきます。

特徴16|十分な睡眠をとっている

睡眠は生活の基本となる要素です。よく寝れていないと、パフォーマンスが落ちて仕事にも影響が出てしまいます。睡眠は仕事をやる上でも重要な要素となるのです。

仕事ができる人とできない人とでは、睡眠の質も異なっています。睡眠時間が足りていても、浅い睡眠では疲れがとれません。じっくりと十分な睡眠をとるようにしましょう。

特徴17|食習慣が整っている

食事が乱れていると、生活習慣全体が乱れてしまいます。暴飲暴食をしていると、仕事にも支障が出てしまうのです。仕事ができる人は、整った食事を心がけています。

これに対して、仕事ができない人は、偏ったり過不足のある食事をとっている場合が多いです。食事の量や栄養バランスなどに日々気を使うようにしましょう。

特徴18|適度に身体を動かしている

運動不足の身体ですと、仕事でも十分なパフォーマンスを発揮することができません。仕事ができる人は、ジムに通ったり毎日運動の時間を設けたりして、適度な運動を心がけています。

仕事ができない人は、仕事が終わったら安心しきって、運動をせずにダラダラと時間を過ごしている方も多いのです。体づくりも仕事をこなす上での重要な要素だと思うようにしましょう。

 特徴19|プライベートが充実している、ストレス発散法を知っている

イライラしていると仕事に影響が出てくるものです。ストレスコントロールは、仕事をこなす上で非常に重要になってきます。

仕事ができない人は、プライベートが充実しておらず、ストレスを溜めやすい傾向にあります。これに対して、仕事ができる人は、プライベートを大事にして、ストレスをきちんとコントロールしています。

「仕事ができる」と評価されるためには

©iStock.com/jacoblund

「仕事ができる」と周囲から評価してもらうためには、何をすればいいのでしょうか。これまで仕事ができる人の19個の特徴を紹介してきました。これらをマネすることで、「仕事ができる人」と評価されやすくなりますが、他にもできることがあります。

以下では、仕事ができると評価されるためのポイントを紹介していきます。

ポイント①能動的に仕事に取り組む

仕事ができると評価されたいのであれば、受け身の姿勢はいますぐにやめましょう。「何か言われなければ動かない」という消極的な姿勢は、仕事の評価を受ける際に大きなマイナスとなります。

能動的・積極的に仕事に取り組むようにすることで、「あいつデキるな」との評価を周囲からもらうことができます。仕事の中で積極性をアピールするようにしましょう。

ポイント②チームとしての動きを意識する

仕事は一人で行うものではなく、チームで取り組むものです。自分だけの仕事だと思っていると、ダラダラと行動してしまいがちですし、周囲の人と協力することもできなくなってしまいます。

「仕事はチームで行うものだ」という認識を持ち、チームとしての動きを意識しながら仕事に取り組むようにしましょう。

ポイント③業務上必要な知識・スキルを高める

業務をこなすためには、最低限の知識やスキルが必要となってきます。スキルが不足していると「仕事ができない人」との烙印を押されてしまうのです。

仕事ができる人は、日々勉強をおろそかにしないようにしているものです。仕事を上手にこなすために求められる知識やスキルは何なのか、をきっちり把握し、日々勉強して磨いていくようにしましょう。

ポイント④TODOリストを作りスキマ時間に片付ける

スキマ時間を有効活用するためには、まず「やるべきこと」のリストを作ります。

抜け漏れ防止になることはもちろん、明確に終わりが見えるのでモチベーションを上げることにも繋がります。

リスト化した後は、「5分・10分・15分あればできるもの」というように、所要時間ごとに分類してリストを編集していきます。そして、スキマ時間ができたら、その時間に応じて、リストを消化していくだけです。

あらかじめやりたいこと・やらねばらないことをリスト化して、所要時間を明確にする。こうすることで、実行に移しやすくなるのです。

仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
仕事が楽しくない、張り合いがない…という人は、会社の言いなりになっていませんか?それを防ぐには、自分の思考回路を繰り返しチェックする習慣が必要です。ここで...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
目の前のタスクに必死になり、帰宅後はクタクタ。そのままベッドに横たわり、つい寝てしまう…。もしも、ただただ忙殺されているとしたら、この記事をヒントに「忙し...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
フランスで創設された「LinkedOut(リンクトアウト)」は、ホームレスの人々のためのビジネス特化型SNS。家がないってだけで仕事におけるスキルまで判断...
「トヨタ自動車」がウェブメディア『トヨタイムズ』にて、昨年現役を引退したイチローさんからの新入社員へ向けたメッセージ動画を公開。本来であれば入社式で流され...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
出会ったばかりの人なのに、相手にすぐ覚えてもらえる人っていますよね?それってビジネスシーンだとかなり得。次に会った時も、声をかけられやすいですしね。という...
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
仕事でもプライベートでも、あらゆる場面で魅力的な人になるために。
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
「KDDI」と「Facebook Japan」の共同開発による、リアル空間とインターネット空間を融合させた新たなショッピング体験「フューチャーポップアップ...
「Inc.」で多くのビジネス記事を執筆しているJeff Hadenさんも「収益を生み出せないミーティングは単なる時間の無駄」だと言います。中でもこんな特徴...
同僚や上司、取引先など、周りにいると迷惑な「仕事ができない人」。よく注目してみてみると、仕事ができない人には精神面や考え方、行動などに共通の特徴があること...
コンサルティング会社に勤め、のべ3,000人以上の成功者を近くで見てきたそう。世で成功をつかんできた人たちの多くは、占い師との交流があったと言います。間接...
生きていく上で大切な正しい貯蓄方法について、CAから税理士に転身した矢島依子さんが、著書『お金に愛される人は、美しい財布を使っている』のなかで教えてくれる...
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...