仕事が「デキる人」と「デキない人」の決定的な違い【まとめ6選】

あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分かったのは、どうやら仕事に対する「向き合い方」が大きく影響しているようです。

さっそくその特徴を見てみましょう。

01.
「忙しい人」と
「余裕のある人」の違い

Fdb878845bfcffafef691b333ecb7717ab5699a1

同じ仕事をしていても、「忙しそう」に感じさせる人と、「余裕がある」ように感じさせる人がいますよね。

例えば、やるべきことの見極めができるかどうか。「忙しい人」は、その見極めができずにどんどんタスクが増えていくのに対して、「余裕のある人」は限界点を見極められるので、最小限にとどめることができます。

さらによく言われるのが、一貫した考えや計画性があるかどうか忙しい人」は、余裕がないことからその場しのぎの考えで行動することもあり、かえって非効率的になることも。一方で「余裕のある人」は、一貫した考えに基づいて無駄なく計画的に行動できるのです。

同じ仕事でも「余裕のある人」のほうがスマートで信頼できますよね。彼らには他にも様々な違いがありますが、いくつか思い当たるでしょうか?

→詳しい記事はこちらから。

02.
「成長する人」と
「しない人」の違い

43463fca3466a659aa973a738d20b2392e51d006

仕事に伸び悩んだときこそ、「成長できる人」と「成長できない人」で差がつきます。

たとえば、経験のない新しい仕事で失敗したとき「失敗から学ぶ人」は次のステップに繋げられるので成長しますが、「失敗を恐れる人」は失敗の責任から逃れようとするので、成長できません。

また、仕事は取引先やクライアントなど複数の人と関わりますが、相手のことを考えて行動する人は、どのように仕事を組み立てていくかを考えているので成長できますが、話を聞けない人相手を尊重しないのでお互いに不幸な状況になってしまい、成長が止まります。

これらを見ると、仕事の向き合い方ひとつで大きく変わってくることがわかります。

→詳しい記事はこちらから。

03.
「ストレスをためる人」と
「ためない人」の違い

95a6fd5bd04dece9c2efbb4e18996674f6cb717f

最近なんだかイライラする……。そんなあなたに知っておいてほしいのが「ストレスをためる人」と「ためない人」、それぞれ特徴です。

その違いは、「細かいことが、どの程度気になるか」に関わってきます。「ストレスをためる人」は、細部に至るまで気になり、指摘したり、自分で対処して、気持ちをスッキリさせようとします。一方で「ストレスをためない人」は、気になっても細かい部分をうまく流し、大きな影響があるときだけアクションを起こします。

また、「基本的な時間軸の違い」も影響しています。「ストレスをためる人」は、短いスパンで時間軸を持っているので、分刻みで行動をする人もいます。一方で「ストレスをためない人」は、比較的長期目線で物事を考えるので、気持ちをゆったりと持つことができます。

→詳しい記事はこちらから。

04.
お金が「貯まる人」と
「貯まらない人」の違い

C0cfac365021f7f11fc80a7259e56459fe0389f1

「お金が貯まる人=収入の多い人」だと思い込んでいませんか?でも実際は、収入の多さとはあまり関係がなく、「お金が貯まる人」は、自然とお金が貯まる習慣を身につけていることが多いのです。

たとえば「お金が貯まる人」は、ATMの手数料などの小さなお金も大切にし、無駄な出費をしない工夫をしています。それに対して、「お金が貯まらない人」は、日々に余裕がなく、ATMが時間外でも気にしません。後者の人は、預金通帳を開いて「手数料」の合計金額を計算してみてください。その額に驚くはずです。

そして、意外なのが「欲しいものを買うか、買わないか」。「お金が貯まる人」は、本当に欲しいものが高額な場合、しっかりと計画を立てて買います。逆に「お金が貯まらない人」は、生活に必要がないものを一切買わない傾向がありますが、出費をとにかく切り詰めているとその反動でひどい浪費に走ってしまったり、「自分へのごほうび」と称して、小さな浪費を繰り返してしまうこともあるので気を付けましょう。

節約にはメリハリが大事ということですね。

→詳しい記事はこちらから。

05.
「本番に強い人」と
「弱い人」の違い

8a8310ae4cba04e08bad1d70e7bfb70e2fb5f19c

大舞台でもそつなくこなす「本番に強い人」っていますよね。普段から努力しているのになぜかうまくいかない「本番に弱い人」からしたら、うらやましい限りです。

この両者を隔てているのは、考え方の違い。「本番に弱い人」は、失敗やミスを極端に怖れて、始まる前からネガティブになりがち。成功のイメージができていないので、本番でうまくいかないのも当然です。

かたや、ここ一番を得意とする「本番に強い人」は「普段通りの自分でいい。失敗したらそれまで」くらいに思っているのです。

また、こだわりが強い完璧主義は、何か予期せぬ出来事が起きたときに軌道修正ができず「本番に弱い人」へ分類されます。どんなにイレギュラーな状況下でも、柔軟に波を乗りこなすように落としどころを見つけられる人は「本番に強い人」と言えるでしょう。

→詳しい記事はこちらから。

06.
「心が折れる人」と
「折れない人」の違い

35030e3250f92fd4aa6ffbcf6489e78e5d46f882

仕事やプライベートで逆境に見舞われたとき、「心が折れやすい人」っていますよね。とくにビジネスの場では、「心が折れない人」のほうが、「仕事のデキる人」として評価されることも。

「心の折れない人」は、ミスを潔く認め、すぐに対処方法を考えることができます。気持ちを切り替えられるので、ズルズルと引きずることもありません。それに対して、「心が折れる人」は、いつまでも悩んで、なかなか前に進むことができないパターン。悩んでいるうちに、どんどんネガティブな思考に陥りがちです。

さらに、「心が折れない人」は、他人と自分を比較して、自分の価値を判断したりしません。他人の意見が気になって仕方なかったり、誰かと比較することで自分を保とうとする人は「心が折れやすい」傾向があります。

→詳しい記事はこちらから。

仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
仕事やプライベートで逆境に遭遇したとき、「折れない心をもった人」と「心が折れてしまう人」がいます。特にビジネスにおいては、折れない心は「仕事がデキる人」と...
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
「浮気する男性ほど、仕事がデキる」なんて話をよく耳にしますが、冷静に考えれば、それは信頼関係を破壊する行為。巡り巡っていつか仕事でも失敗するときがくるはず...
他の人より先に帰るのに仕事は全部終わってる。飲み会にもちゃんと参加しているのに納期は守る。一体、仕事がデキる「あの人」は他の人と何が違うんだろう? 気にな...
私がこれまで800人以上の財布を見てきてわかったのは、財布にはその人のお金に対する考え方や態度が如実に表れる、ということでした。財布の煩雑さはそのまま人を...
「お金の貯まる人は収入が多い人」と思い込んでいませんか?実は、収入の多さと貯金の金額とはあまり関係がありません。「お金が貯まる人」とは、お金が自然に貯まる...
「麦茶」と「ベーコン」という、意外な組み合わせに驚くでしょうが、その味も驚きです。
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...
デキる大人とは「何かを成功へと導くために必要な能力、知識、スキルを持っている」と定義されていると「i heart intelligence」の中でJust...
デキるリーダーとは、仕事ができて周囲を引っ張る力がある人、というところだろうか。それに加えて弱さを隠さないからこそ、周りの人が親近感をわいてしまうような人...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
自らを自信がなく、無能な人間に見せてしまう。そんな危険な言葉の数々を、ベストセラー著者Travis Bradberry氏が記事にまとめています。どれほど才...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
独断と偏見でピックアップしました。
イギリスの人気俳優、ベネディクト・カンバーバッチが出演するショートムービー『二人』。ある日、帰宅した彼が今朝の彼と決定的に違っていたら……。
昨今、「貧しくはないけれどお金持ちとは言えない」、いわゆる中流階級の層が狭まり、二極化が始まっています。お金持ちか貧乏か…もしも、前者を望むのであれば、「...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
少しでも今ある自分、現状を変えたいと思っていても、どうしたらいいのかと頭を捻る人は多いはず。「I Heart Intelligence」の記事は、そんな人...