ニュージーランド政府観光局「インスタ映えの旅行はもう止めよう」

SNSが日常的なツールとなった現代、観光地の巡り方のひとつには「インスタ映え」を強く意識したものも存在する。

確かにハッシュタグや位置情報を利用して、すぐにいい写真が撮れる観光地を見つけられるのは便利だし、そんな旅を楽しんでいる人も少なくないはずだ。

しかし、そんな風潮に一石を投じるキャンペーン動画を「ニュージーランド政府観光局」が、国内観光促進を目的に公開した。

「ソーシャルメディア監視隊」に扮したコメディアンが、観光地を回るこの動画が発信しているのは、「インスタ映えの旅はもう止めよう」というメッセージだ。

© 100% Pure New Zealand/YouTube

動画の内容は、インスタ映えスポットにやってくる観光客を追いかけて「その写真はもうたくさん上がっているから充分だ」と語りかけてワイナリーの旅へ連行したり、危険な場所で写真撮影する観光客を注意するというもの。

賛否両論ある内容かもしれないが、ニュージーランド政府観光局が伝えたいのは「写真を撮らないでほしい」ということではなく、「もっといい写真が撮れる場所はたくさんあるから、ネットで見かけたスポットに押しかけないで欲しい」ということだ。

確かに、帰ってからも大切にするのは、旅先で偶然見つけた風景友人との思い出の写真だったりする。

それに、せっかく大自然を訪れたのなら、少しだけデジタルの世界から離れてみるというのもいい選択かもしれない。

Top image: © iStock.com/primeimages
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
ニュージーランドの観光地「ベイ・オブ・アイランズ」でバンドウイルカとの遊泳が禁止となった。理由は「人間がイルカを愛しすぎた」から......。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
フレッシュで瑞々しいパプリカもいいけれど、天日に干したものを使ってつくるオムレツ。病みつきのおいしさです。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...