ニュージーランドのある観光地で「イルカと泳ぐツアー」が禁止に

ニュージーランドの北西部に位置する観光地「ベイ・オブ・アイランズ」で、バンドウイルカとの遊泳が政府によって禁止される運びとなった。

ベイ・オブ・アイランズはその名の通り、144もの島からなる湾。その温暖で美しい湾には、日本の水族館などでもお馴染みの、好奇心旺盛で人懐っこいバンドウイルカが生息している。

今回のイルカツアー禁止の背景には、絶滅危惧種であるバンドウイルカの頭数が近年減少しているという事実があるようだ。

ニュージランドの国土の1/3を占める国立公園や環境保護地区を管理する環境保全省「DOC(Department of Conservation)」の調査によると、ベイ・オブ・アイランズに生息するバンドウイルカの数は1999年の270頭から、31頭にまで減少しているとのこと。

これは、湾内のバンドウイルカが人間と一緒にいる時間が長過ぎることにより、「子育て」や「睡眠」に費やす時間が減っていることが原因と考えられている。調査によると、このエリアに生息するバンドウイルカは、日中の86%の時間を人間と過ごしていたという。

今回の禁止令は、ベイ・オブ・アイランズのツアー業者のみに適用され、ニュージランドのほかの地域では今まで通りイルカとの遊泳が可能とのこと。

人間がイルカを愛し過ぎたがゆえの悲劇......。ほかの地域ではイルカとの遊泳が禁止されていないとはいえ、ツアー業者側も観光客側も、イルカをはじめとするあらゆる生物の生態系を狂わせるリスクを認識し、配慮していく必要があることを再認識させられるトピックだ。

Top image: © iStock.com/Casarsa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「ニュージーランド政府観光局」がキャンペーン動画を通して「インスタ映えの旅はもう止めよう」とメッセージを発信中。
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...