冬のニュージーランドの夜空は、息をのむほど美しかった

JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。

寒い冬、大自然の中でしか
撮れない星空がある

ニュージーランドは南半球にあるため、北半球とは季節が逆。日本では夏真っ盛りだった6月から8月にかけてが、寒い寒い冬になります。

天体写真は、夏よりも冬がシーズンです。夏に比べて空気に塵や埃が少なく、気温が低く空気の揺らぎが小さいために、より美しい写真が撮れます。

また都会では街明かりで星の光がかき消されてしまいますが、人気のない自然の中のほうが星がはっきり見えることは、多くの方がご存知でしょう。

これらの美しい星空は全て、ふたりが厳しい寒さにも負けず、ニュージーランドの大自然の中に分け入っていったからこそ撮影することのできた景色なのです。

星空以外、何もない場所を
ふたりで旅した

電源もない。電波もない。インターネットもない。あらゆるものがない代わりに、静寂と、美しい景色だけがある。そんな場所を旅しながら、ふたりは星空を撮っていったのです。

風景は生き物です。どんなに綿密な計画を立て、どんなに完璧な準備をしていても、思うような写真が撮れないこともある。そんなときも、キャンプをしながら一緒に過ごす素敵な時間があればそれでいい。ふたりはそんな風に語っています。

ふたりでキャンプをしながら写真を撮り続ける、そんな暮らしに憧れる人も多いかもしれません。写真を見ていると、JakeとJoのふたりがどんな風にこの美しい星空を眺めたのか、想像が膨らみますね。

Licensed material used with permission by @south_of_home, (Facebook)
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
かつお節じゃないけれど、削って使うタイプのドレッシングが登場。サラダのほか温かい料理にも使えて、汎用性ありそうです。
撮影が行われたのはニュージーランド・ノースアイランドにある「Waitomo Glowworm Caves」。3000万年前からある石灰岩でできた洞窟です。...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
2年前に仕事を辞めて、世界へ旅立ったカップルは、40ヶ国に訪問して14,000枚以上の写真を撮影したそうだ。帰国後、写真をチェックしていたところ、異なる国...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
ニュージーランド、クライストチャーチにある植物園には、毎朝こんなにフレッシュな光景が。
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...