ガイドブックにはない
最高のニュージーランド(オタゴ編)

約一週間、ニュージーランドで旅をしていて印象に残ったのは、主要なガイドブックには載っていない場所や体験ばかりでした。

だから、「ガイドブックにはない最高のニュージーランド」と題して、いつか絶対に体験してみて欲しい事を紹介します。今回はオタゴ編です。

南半球のエディンバラにある
おしゃれ天国ストリート

©Mikako Kozai

南島のオタゴ地方にあるダニーデン。日本ではあまり認知されていないけれど、ニュージーランドの人もクールと言うほどあちらの国ではよく知られた街なんです。今回の旅でも、もちろんオススメされました。

スコットランドからの移民が多く、その面影は建築物などに反映されています。南半球のエディンバラと呼ばれているほど。街中には坂が多いけれど、景観がかわいくて、そんなこと気にもなりません。むしろ、大通りに行けば日本にはないアパレルストアもたくさんあるし、街のいたる所にビンテージの服屋もあって、オシャレ好きな女子にはちょっとした天国です!

©Mikako Kozai

ダニーデンには、ニュージーランド最古のオタゴ大学があります。つまりここ、学生の街なんです。この国は壮大な自然があることで知られているから、「のどか」などというイメージを持たれがちですが、キャンパスの近くにあるGorge Streetは、全くと言っていいほど反対の雰囲気に包まれています。カフェやレストランが立ち並び、人気店は学生たちでいっぱいです。ガイドブックや携帯をチェックせずとも、おすすめ店は一目瞭然ですよ。

©Mikako Kozai

ちなみに、この街には世界一急な坂としてギネス世界記録に認定されているBaldwin Streetがあります。「とはいえただの坂でしょ?」なんて思ったそこのあなた。あなどるなかれ。

写真だとシックリこないかもしれないけれど、現地へ行くとかなりの傾斜を体感できます。立っているだけで、体が自然と前のめりに!?マイケル・ジャクソンのあの歌が、自然と頭の中に流れてくるかもしれません。

わくわくが止まらない……♡
お城でティータイム

©Mikako Kozai
©Mikako Kozai
©Mikako Kozai

ニュージーランドに現存する唯一の城、ラーナック城。ここでは、ハイティーを楽しむことができます。元々ハイティーとは、労働階級の人たちの間でおこなわれていた、食事を含むお茶会。このお城では、いわゆるアフタヌーンティーとして提供されていて、一口サイズのサンドイッチやスコーン、ケーキと一緒に紅茶を飲むことができます。

お城にいるという事実、そして目の前に並んだスイーツや花、キュートなティーカップ。そのすべてが、カフェでは味わえない贅沢感を与えてくれるのです。私も試してみましたが、都内のカフェに行くより何倍もテンションが上がっちゃって……。無意識のうちに、背筋をのばしながらカップを口へ運んでいました(笑)

野生動物との胸キュンすぎる出会い

©Mikako Kozai
©Mikako Kozai
©Mikako Kozai

オタゴ半島に生息する野生動物を間近で見れる「エルム・ワイルドライフツアー」。車での移動が多くなりますが、目的地に着くと『ロード・オブ・ザ・リング』さながらの大自然の中を歩いたり、動物に出会うまでの過程でもちょっとした冒険気分を味わえます。

目的地のひとつであった浜辺では、オットセイやペンギン、アシカを目の前で見ることができました。もちろん驚かせるのはNGですが、砂の上で無防備に寝転がっている彼らにある程度近づくこともできたんです。

私が行った時は、ちょうどペンギンが海から上がってきたタイミングで、丘への道をキョロキョロ探している姿を見ることができました。コロコロ変わるその表情は、本当にキュート!

ツアーの全容はこれだけじゃありませんよ。気になる人は、オタゴ地方へ行った時にぜひ参加してみてください。

*オアマル編はこちら

Top image: © Mikako Kozai

関連する記事

ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
ニュージーランドの都市オークランドへ行く機会があれば絶対に足を運んで欲しいアイスクリーム屋「GIAPO」。ここ、創作アイスクリームで有名なんです。店のIn...
地方創生事業「TripBase道の駅プロジェクト」が、地域の知られざる魅力を渡り歩く新しい旅のスタイル広める「TRIP BASE STYLEアンバサダー」...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ニュージーランド南島サウスランド地方に、国内初となる植物ベースのミルク工場がまもなく開業する。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
「Clubhouse」が、ついにアンドロイド版をローンチ!まずはアメリカから始まり、それに続いて英語圏の国々、そしてほかのエリアへと徐々に拡大していく予定...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
ニュージーランドの11月は気温が上がり始めた初夏。冷え込みはじめた日本を抜け出す計画するなら「Pure Pod」が最高の宿泊先。初夏にオススメなのはこの3...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
ニュージーランド政府は、子どもたちがインターネット上で遭遇するリスクを保護者に伝えるキャンペーン「Keep it real online」を展開している。...
このボート、明らかに攻めすぎ!岩肌と岩肌の間をスレスレに通り抜ける映像は見てるだけでスリルです。でもこれ、ニュージーランド・オタゴ地方で実際に体験できるア...
今春、海外旅行向けヘアケアブランド「GLOBAL TRAVEL」が新たに誕生。「世界のどこでも、美しい髪へ」をテーマに、旅行中の髪の悩みに寄り添った商品を...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
7月19日(日)19:00より「ニュージーランド政府観光局」の公式Twitterにて、世界で最も美しい星空保護区テカポ湖からの「星空ライブ中継」を実施。
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
ニュージーランド航空は、CA(客室乗務員)の「タトゥー(入れ墨)」を認める方針を発表。9月から新しい働き方のルールを実施します。
12月3日、ニュージーランド政府がサイバー犯罪防止の啓発コメディドラマ『The Eggplant』を公開した。全6話構成で、YouTubeで視聴することが...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
先日ニュージーランド政府は、使い捨てのレジ袋の使用を禁止する方針を発表しました。ドミニカ国も似たような方針を発表しました。プラスチック禁止の波は、今世界で...
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...