ガイドブックにはない最高のニュージーランド(オタゴ編)

約一週間、ニュージーランドで旅をして、いろいろな場所をまわった後気づいちゃいました。この旅でものすごく印象に残ったのって、主要なガイドブックには載っていないものばかりだったなと。だから、「ガイドブックにはない最高のニュージーランド」と題して、いつか絶対に体験してみて欲しい事を紹介します。今回はオタゴ編です。

南半球のエディンバラにある
おしゃれ天国ストリート

5937057612431360
©Mikako Kozai

南島のオタゴ地方にあるダニーデン。日本ではあまり認知されていないけれど、ニュージーランドの人もクールと言うほどあちらの国ではよく知られた街なんです。今回の旅でも、もちろんオススメされました。

スコットランドからの移民が多く、その面影は建築物などに反映されています。南半球のエディンバラと呼ばれているほど。街中には坂が多いけれど、景観がかわいくて、そんなこと気にもなりません。むしろ、大通りに行けば日本にはないアパレルストアもたくさんあるし、街のいたる所にビンテージの服屋もあって、オシャレ好きな女子にはちょっとした天国です!

4800101721571328
©Mikako Kozai

ダニーデンには、ニュージーランド最古のオタゴ大学があります。つまりここ、学生の街なんです。この国は壮大な自然があることで知られているから、「のどか」などというイメージを持たれがちですが、キャンパスの近くにあるGorge Streetは、全くと言っていいほど反対の雰囲気に包まれています。カフェやレストランが立ち並び、人気店は学生たちでいっぱいです。ガイドブックや携帯をチェックせずとも、おすすめ店は一目瞭然ですよ。

5936656100098048
©Mikako Kozai

ちなみに、この街には世界一急な坂としてギネス世界記録に認定されているBaldwin Streetがあります。「とはいえただの坂でしょ?」なんて思ったそこのあなた。あなどるなかれ。

写真だとシックリこないかもしれないけれど、現地へ行くとかなりの傾斜を体感できます。立っているだけで、体が自然と前のめりに!?マイケル・ジャクソンのあの歌が、自然と頭の中に流れてくるかもしれません。

わくわくが止まらない……♡
お城でティータイム

4772480988217344
©Mikako Kozai
5223720989753344
©Mikako Kozai
5485073239375872
©Mikako Kozai

ニュージーランドに現存する唯一の城、ラーナック城。ここでは、ハイティーを楽しむことができます。元々ハイティーとは、労働階級の人たちの間でおこなわれていた、食事を含むお茶会。このお城では、いわゆるアフタヌーンティーとして提供されていて、一口サイズのサンドイッチやスコーン、ケーキと一緒に紅茶を飲むことができます。

お城にいるという事実、そして目の前に並んだスイーツや花、キュートなティーカップ。そのすべてが、カフェでは味わえない贅沢感を与えてくれるのです。私も試してみましたが、都内のカフェに行くより何倍もテンションが上がっちゃって……。無意識のうちに、背筋をのばしながらカップを口へ運んでいました(笑)

野生動物との胸キュンすぎる出会い

4860755786596352
©Mikako Kozai
5956058077986816
©Mikako Kozai
4835125166604288
©Mikako Kozai

オタゴ半島に生息する野生動物を間近で見れる「エルム・ワイルドライフツアー」。車での移動が多くなりますが、目的地に着くと『ロード・オブ・ザ・リング』さながらの大自然の中を歩いたり、動物に出会うまでの過程でもちょっとした冒険気分を味わえます。

目的地のひとつであった浜辺では、オットセイやペンギン、アシカを目の前で見ることができました。もちろん驚かせるのはNGですが、砂の上で無防備に寝転がっている彼らにある程度近づくこともできたんです。

私が行った時は、ちょうどペンギンが海から上がってきたタイミングで、丘への道をキョロキョロ探している姿を見ることができました。コロコロ変わるその表情は、本当にキュート!

ツアーの全容はこれだけじゃありませんよ。気になる人は、オタゴ地方へ行った時にぜひ参加してみてください。

*オアマル編はこちら

Top image: © Mikako Kozai
ニュージーランドで旅をして、一番印象に残ったのは、どこもガイドブックで目にしたことがない体験ばかりでした。リアルな感動を紹介したいから、特別に紹介しちゃい...
かつてニュージーランドは、「羊の数が人の数より多い国」として旅人たちに知られていた。そこから受けた印象は、牧歌的。大自然はあるけど、退屈な国。そう勝手に思...
オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
ニュージーランド政府観光局は、全ての世界地図にニュージーランドを掲載することを推進するキャンペーン「#getNZonthemap」の第2弾となる動画を公開...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
このボート、明らかに攻めすぎ!岩肌と岩肌の間をスレスレに通り抜ける映像は見てるだけでスリルです。でもこれ、ニュージーランド・オタゴ地方で実際に体験できるア...
ニュージーランド議会は、家庭内暴力(DV)の被害者に対して年10日間の有給休暇の取得を認める法案を可決。被害者は新居を探すためなどの時間とお金が必要だとい...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
旅先で、街中を歩いていたり出会った人と話していると、時々忘れられない言葉に出会うことがある。先日行ったニュージーランドも例外ではなかった。その時にふと目に...
香水は苦手だけど、いい香りは身にまといたい。そんな人に使ってほしい「retaW(リトゥ)」の「BODY CREAM」の紹介です。
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
この約5分間の映像は、特に都会暮らしの人に見てほしいもの。ハッキリ言って、現実逃避したくなること必至です。次々と映し出されるニュージーランドの自然を生かし...
ニュージーランドのクイーンズタウンを拠点にしているフォトグラファーのカップルは、南島を中心に夜空の写真を撮り続けている。大気汚染が少ない空には、息をのむほ...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
5月9日は「アイスクリームの日」。昨日でも明日でもなく、今日だからこそシェアしたい
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...