ウェリントンの人気ビールブランドオーナーがすすめる「ビアバー」3選

コーヒーが有名な街として、先週末も紹介したニュージーランドのウェリントン。でも、ニュージーランド国内でこの街の人気を支えているのはカフェだけではなく、クラフトビールが飲めるビアバーもなんです。

そこで、今回は地元で人気のクラフトビールブランド「Garage Project」のオーナーの1人、Jos Ruffellさんから教えてもらった、おすすめのビアバーを3つ紹介します。

01.
初心者でも飲みやすい
赤いNZビールがある
「Whistling Sisters」

57904612518133766103910649430016

まず、Josさんが真っ先に名前を挙げたのが「Whistling Sisters」。実際に行ってみると、店内に入ってすぐ目につくカラフルなウォールアートやお客さんを照らす陽の光を見て気分があがりました。

ここで提供されるビールはすべて、併設された醸造所でつくられているということ。おすすめは、6種類の中から自分の好きなビールを4つ選べる「4 BEER TASTER」。一番気になったのは、唯一名前に「NZ」の文字が入った「NZ RED」。クセがなくさっぱりしていて、クラフトビール初心者の私でも飲みやすかったです。

02.
まるで隠れ家のような
「Husk」

601822001207705663598702991769605958464534740992

「Husk」は、その名を知らなければ見つけにくいかもしれません。というのも、路地裏にあり、店が並ぶストリートを歩いている時に唯一頼りになるのは、小さな看板だけだから。だからこそですが、発見した時は隠れ家にたどり着いたみたいでワクワクします。

こちらのビアバー、醸造機械がソファ席のすぐ隣にあるんです。ビールをつくる過程が目と鼻の先にあり、いつもは何も考えずに飲む人でも、一杯が特別に感じることでしょう。

03.
カフェのようにふらっと入れる
「Heyday Beer」

49701786012876805314180785635328

「Heyday Beer」は、路地裏を探索しなくても目抜き通りを港とは逆方向に歩いていけばいいだけ。外観もミントグリーンですぐ目につきます。

店内は、カラフルな椅子やフラミンゴの置物などが並べられていて、一見若い女性をターゲットにしたカフェかと思うほど可愛いのです。

どうしてこのようなキュートな内装にしたか、店員さんに聞いてみました。

「クラフトビールを楽しむ場所と言えば、バーというイメージが強いですが、お客さんにもっとカジュアルに楽しんでもらいたくて入りやすい雰囲気を考えた結果、今の内装になったんです」

確かに、街中にある他のビアバーと比べると、明らかに雰囲気が違います。天気が良い日の昼間に行くと、外でも飲めて開放的な雰囲気を味わえると思います。チャンスがあればぜひ行ってみてください。

Top photo: © Mikako Kozai

*ウェリントンに関する他の記事はこちら

オセアニアにあるコーヒーで有名な街は、メルボルンだけじゃありません。ニュージーランドのウェリントンもそう。「最高のコーヒーが飲める世界の都市8選」に選ばれ...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...