飲み頃は、高度10,000メートル。味覚の変化を逆算した「上空で楽しむビール」

飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「空の上で最高においしい」を追求するなんて。

この逆説的なアプローチで、上空35,000フィート(約10,000メートル)でもおいしいクラフトエール「ベッツィービール」の提供を開始したのが、キャセイパシフィック航空

上空でもおいしい
クラフトビールの登場

B281c084aaf172b093336154ae6fca80ec705bb8

食都・香港を拠点にしているDNAからか、空の上で飲むビールにもこだわり抜いた、とのこと。

気圧と高度の関係で、機内では味覚に変化が起こることに着目し、空の上でもおいしく飲めるようにと、香港のビールメーカーと共同開発したそうです。

旅の始まりにふさわしい
「記憶」に残る1杯を

783d61160db35d03167e8b6799bff0de26b1b531

機内での味覚の変化に合わせて機内食を工夫する取り組みはこれまでにもありましたが、おいしいビールの味を追求する試みは、今回が初。

上空での味覚は「地上の3割減」になると言われていて、ベッツィービールの開発時に意識したのが、

・苦味を抑えるため、小麦の割合を増加
・口当たりを良くするために、炭酸ガスを通常より10%増加
・風味を感じやすくさせるために、こだわり抜いた原材料の配合
・ビタミンBを保つために無濾過で製法

これら4つのポイント。

207ea6d7ace184bb49a42f2b7c535ce863d07fabB52551dfc55b99ed3a77e50d8f09a1b2df25ba86

「伝統的醸造法とサイエンスを掛け合わせた」とのことで、特に配合で言うと、香港産とイギリス産の原材料、アロマ、炭酸ガスなどのバランスを何度も試行錯誤。さらに、リュウガンという果実や香港の新界産のハチミツが、まろやかさや香りを演出しているとか。

「旅の始まりとなる飛行機で、思い出に残るビールを楽しんでほしい」という想いのもと、アジア最優秀女性シェフに選ばれたメイ・チョウ氏をはじめとする専門家や、多数の試飲審査員を招いて、ついに完成したのです。

35d245e3043ea47d184997d0edfb8161ef631c7cDce7fe0f2beb94c60695686e80bdccf61c06c30e

ベッツィービールは、2017 年3月1日から4月30日までの間、香港とイギリス(ロンドン・ヒースロー、ロンドン・ガトウィック、マンチェスター)を結ぶ、各路線のファーストクラスとビジネスクラスで提供中。

5月以降の提供路線については、ベッツィービールの特設サイト(英語)で確認できます。

香港国際空港とロンドン・ヒースロー空港にあるキャセイパシフィック・ラウンジや、香港のミスター&ミセス・フォックスなどのレストランでも期間限定で提供されています。デリ・ディライト(deli-delight.com)限定でオンラインショッピングも可能(配送は香港のみ)。

地上と上空で、飲み比べてみたい!

Licensed material used with permission by Cathay Pacific
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
2016年の横浜オクトーバーフェストで販売された、幻のエールを知っていますか? それは、17日間限定で登場した「サンクトガーレン甘熟桃のエール」。これを飲...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...