旅先の「音」をサンプリングして制作した旅情を誘うサウンド

旅の間は、旅先でしか味わえない固有の音があります。耳にするだけで非日常の境地へと誘ってくれるような。その都市ならではの音。もちろん、日本にだって。

海外からこの国を訪れる人たちだからこそ、気づく「ニッポンの音」に耳を傾けてみませんか。

耳で楽しむ旅の「音」

スーツケースに荷物を詰めて、パチンとロックを閉める。この「パチン」こそ、旅の始まりを告げる音。普段は気にかけていなくても、空港のアナウンスが聞こえてくると、旅情はぐんと増し、いよいよって気になりますよね。

この音楽には、香港や日本、マレーシアなどの音がぎゅっと詰まっています。

すべては、実際に旅して集めた音。

タイトル『THE SOUNDS OF TRAVELLING WELL』。旅先の都市と機内から音を集めて、こんなふうに音をミックスして作られました。

空港で録音中。

100万ドルの夜景にだって音は潜んでいます。

篆刻(てんこく)された印鑑を紙の上にドスン。

繁華街の喧騒。

そして、旅は日本へと。

国が変われば、街の「音」だって変わります。

「ガチャガチャ…」ダイヤルをひねるあの独特の音。

道頓堀でも収録。

「からんからん」と、銅の鈴。神社の参拝にも固有の音が。

京都の鞍馬山で行われる、豊凶を占う竹伐り会式。掛け声だってミックスします。

こうして、たどり着いた旅の終着地は神戸の港。そこには、どんな音が待っていたのでしょう。

今すぐスーツケースに荷物をまとめたくなるような軽やかなサウンドは、キャセイパシフィックグループによる制作。耳をすませばその都市ならではの表情をあらわしていることがよくわかります。

Licensed material used with permission by Cathay Pacific
他の記事を見る
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
飛行機での空の旅。上空では味覚に変化が起こるというのはよく聞くハナシ。どうやら高度と気圧が大きく関係しているようですが、まさかその変化した味覚に合わせて「...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.51
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...