預け荷物にはしたくない!およそ30000ドルの旅行トランク

航空エンジニアふたりによって生み出された高級スーツケース「Bonaventure(ボナベンチャー)」。およそ3万ドルという強気の値付けがされた旅行アイテムだ。

外観は数百年前の丸太材とブルレザーで覆われ、飛び出すローラーとアルミニウム製のハンドルがなければ、富裕層がもつ特注スピーカーのようなルックス。

航空工学や宇宙工学で使われる高度な技術で仕上げられており、圧倒的な耐久性を確保している。各部にカーボンファイバーなども使い、見た目の印象より軽量なのも特長。その価値も含めた価格設定なのだろう。

堅牢な木材を使っているとはいえ、旅行用トランクとして利用をしていれば引っ掻き傷や凹みなどがつくのは確実。

その点は認めながら、メーカーのCharles SimonからはWEBサイトに「数々の旅行や思い出、経験をした証になります」と記載。使い方についても、じつに強気の提案をしている。

©2019 @Charles Simon
©2019 @Charles Simon
©2019 @Charles Simon
Top image: © 2019 @Charles Simon
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
Marc Sadlerさんがデザインしたのは、オフィスを持ち運べるスーツケース。ノマドワーカーに向けて開発されたそう。
石川県金沢市の「Neighbors Inn Kanazawa」は、長期滞在者には嬉しい低価格が人気のゲストハウス。ここに宿泊する時は、同じ会社が運営してい...
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。
空港で注目を集めること間違いなしの「スーツケースカバー」が話題になっています。ビジュアルは、どこからどう見ても“握り寿司”そのもの。きっと、国内はもちろん...
パッキングが苦手な人のための便利グッズを紹介しましょう。この商品が効果を発揮するのは、目的地のホテルに到着した、その瞬間です!スーツケースからそのままハン...
「DASuitcase」には、空気を取り込んでエアソファーになる機能が付いています。長さ200cm、幅70cmと、寝返りは打てないものの横になるには十分な...
スーツケース「90FUN」は、「オンラインショッピングの日」と中国でいわてれいる11月11日に、約16万個も購入されました。なぜなら、あなたに合わせて、後...
旅行に出ないとき、意外にかさばるのがスーツケースの収納場所。もちろん、シーズンオフの衣類を入れて保管したり用途はあるでしょう。それにしたって、あのサイズな...
どれだけ旅行が好きでも、パッキングはちょっと苦手。しっかり整理して収納しないと、後々「どこにしまったっけ…」なんてことになる。衣類がシワになってしまうのも...
ベースモデルは、ド定番の「ROYAL AMERICA」ですが、いろいろと仕様が異なっています。しかも、それが全部カッコイイ方向に転んでます。
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
海外旅行に出かけるとき、いかに荷物をコンパクトにするかはいつも頭を悩ませるところ。大したものは入れてなかったつもりでも、ちりも積もれば…で、いつの間にかス...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
アメリカでたくさんのジムを展開する「Life Time」。彼らは「私たちはジム以上の存在です」というコンセプトを掲げて、コワーキングスペースの運営もしてい...
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。