預け荷物にはしたくない!およそ30000ドルの旅行トランク

航空エンジニアふたりによって生み出された高級スーツケース「Bonaventure(ボナベンチャー)」。およそ3万ドルという強気の値付けがされた旅行アイテムだ。

外観は数百年前の丸太材とブルレザーで覆われ、飛び出すローラーとアルミニウム製のハンドルがなければ、富裕層がもつ特注スピーカーのようなルックス。

航空工学や宇宙工学で使われる高度な技術で仕上げられており、圧倒的な耐久性を確保している。各部にカーボンファイバーなども使い、見た目の印象より軽量なのも特長。その価値も含めた価格設定なのだろう。

堅牢な木材を使っているとはいえ、旅行用トランクとして利用をしていれば引っ掻き傷や凹みなどがつくのは確実。

その点は認めながら、メーカーのCharles SimonからはWEBサイトに「数々の旅行や思い出、経験をした証になります」と記載。使い方についても、じつに強気の提案をしている。

©2019 @Charles Simon
©2019 @Charles Simon
©2019 @Charles Simon
Top image: © 2019 @Charles Simon
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「Head Case」は、自分や仲間の顔面をドアップでプリントできるスーツケースカバー。絶対に荷物を取り違えないし、空港でも注目の的になること間違いなし。...
Marc Sadlerさんがデザインしたのは、オフィスを持ち運べるスーツケース。ノマドワーカーに向けて開発されたそう。
イタリア・ベネチアに拠点を置く「CRASH BAGGAGE」は、スーツケースの生産を手がけているメーカー。そのプロダクトのいちばんの特徴は「ダメージ加工」...
石川県金沢市の「Neighbors Inn Kanazawa」は、長期滞在者には嬉しい低価格が人気のゲストハウス。ここに宿泊する時は、同じ会社が運営してい...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
「RetraStrap」は、キャリーケースの取っ手部分につける、ストラップのようなもの。それを自分の肩にかけて、引いていくイメージです。値段は22ドルから。
「Rollink」社の本シリーズは、ハード素材のフロント部分と布素材のマチ部分になっているのが特徴。利用していないときはマチ部分を内側に織り込むと厚さわず...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
世界18都市の番組が聴けるイタリア発のおしゃれラジオ「THE CITY RADIO」。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
おうちで過ごす時間が増えそうな今年のお正月休み用に、ちょっと難易度は高め、かつインテリアとして飾っても素敵なデザインの「パズル」を5つ紹介。一人で黙々と楽...