だれも思いつかなかった「音楽の聴き方」

僕が高校生の頃は、出たばかりのCDをよくお店で試聴していたものです。

「どんな曲だろう?」とワクワクしながら聴いていた当時のあの感覚を思い出させてくれるアートがラスベガスにありました。

考案者はアーティストのGeorge Zisiadis氏。彼は木から15個のヘッドフォンを吊るしクラシックやロック、ポップミュージックが流れるアートを制作したのです。

© George Zisiadis
© George Zisiadis

仕組みはシンプルで、長いケーブルでヘッドフォンをそれぞれの音楽プレイヤーに繋いでいるだけ。

彼いわく、音楽に出会う喜びを感じて欲しかったそうです。

© George Zisiadis

残念ながらこの展示をしていたバーが閉店してしまったため、現在は体験することができません。

最近はSpotifyやAppleMusicに任せっきりですが、あの頃みたいなワクワク感はなくなった気もするな〜。

Top photo: © George Zisiadis
Licensed material used with permission by George Zisiadis
他の記事を見る
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
5月11日(土)、12日(日)の2日間、静岡県の富士山こどもの国にて、これまでテレビを通して、音楽、映画、スポーツの感動を伝えてきたWOWOWによる初のキ...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
音楽配信サービスのSpotifyとヘルスケアプロフェッショナルのソーシャルサービスのFigure 1が共同で行ったアンケート調査で、90%の外科医は手術中...