「職場でも音楽を聴くべき」というWantedlyの新たな提案

7月9日から、ビジネスSNS「Wantedly」を運営するウォンテッドリーが、名刺管理アプリ「Wantedly People」の400万ユーザー突破を記念し、聴けば仕事に集中しやすくなる音楽“ENERGY MUSIC”の開発を行うプロジェクト「ENERGY MUSIC PROJECT」を進行中だ。

「仕事中に音楽を聴いてはいけない」。ウォンテッドリーはそんな常識に疑問を持ち、集中するための方法のひとつとして音楽の可能性に注目している。

7月22日に、集中力研究の第一人者・井上一鷹さん、集中力に寄与する五感研究の第一人者・柳川舞さん、プロジェクト立案者のウォンテッドリーCEO・仲暁子さん、そして音楽制作を担当するm-floが集まって公開実験をおこなったところ、4人中3人の集中力が上がっていることが確認されたとのこと。

この結果をもとに、それぞれが専門的な視点から集中へと導く音楽について話し合い、「自然な環境音を取り入れることで集中を促す」「音楽によって理想のワークスペースへワープさせる」という制作方針を決定。8月1日、特設サイトとYouTubeでテスト音楽「m-flo実験中」の配信を開始した。

m-floの☆Taku Takahashiさんは、テスト音楽についてこうコメントしている。

「懐かしさを感じるミドルスクールヒップホップをベースに、ドラムンベースに転調するところは集中への着火をイメージしました」

完成時期は明らかにされていないが、音楽の有効性が認められれば、これまでの職場での常識が変わるかもしれない。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
8月19日、「Spotify」がファミリープランに新たな機能を追加。メインアカウントの保有者がサブアカウンでストリーミングされる音楽に制限をかけられるとい...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人がいます。今まで謎に包まれていたこの現象が起きる理由は、脳の働きの違いにあったようです。
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
「Youarelistening.to」は、リアルタイムでアメリカ警察が無線を使って話している音声とアンビエントな音楽を融合させて、ストリーミング放送をし...
てくれるし、哀しいとき、ツラいときにはそっと寄り添ってくれる――。これって少しでも音楽が好きな人なら誰しも経験したことあるのでは?個人的にもナーバスなとき...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
『Context=文脈』をテーマにした、音楽と本のイベント。素敵な音を奏でるアーティストのライブと、彼ら自身が推薦する本を“音楽家の本棚”に並べて展開しま...
4人の女性シンガーで構成されたボーカルグループ、Women of the World。リーダーとして活躍する植田あゆみさんは、生粋の日本人だ。Women ...
とてつもなく小さな物音も魅力的。世界の魅力的な機械を紹介します。
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...