音楽を聴いて鳥肌が立つ人は、普通とは違う脳の持ち主。(米・研究結果)

寒いと感じたときに立つ鳥肌。ちょっと調べてみると、立毛筋というものが収縮して、体から熱を逃さないようにするための機能なんだとか。

興味深いことに、寒さを凌ぐための防衛反応が、音楽を聴いているときにも起きることがあります。あの、ゾワァ〜とする感覚。

これには神経回路が関係しているのだろうと考えられていたけど、詳しい部位を特定することはできていなかったようです。昨年、謎を解き明かすべく行われたアメリカの研究を紹介しましょう。

音楽を聴いているときに
脳の感情を司る部分が活発化

C7586353b9cd259f985622f648f675d4b4dc3966

音楽を聴いて鳥肌が立つときに、脳のどこの部分がどう反応しているのかを調べたのは、現在、南カリフォルニア大学の研究員として活躍しているMatthew E. Sachsさん。

研究では、237人にアンケート調査を実施したうえで、年齢や性別の割合を同じにし、合計20人の音楽を聴いて鳥肌が立つ人とそうでない人を集めました。

簡単に実験方法を説明すると、「彼らが好きな曲を聴いているとき」と「普通に過ごしているとき」に、脳がどのように機能しているのかをMRIを使って観察。結果は、鳥肌の立つ人は、脳の中で音を処理する部分と感情を司る部分のコネクションがより強かったそう

つまり、両者の大きな違いは、「脳の構造」にあるようです。

0079468d06816330b5ffe5ca05d4598a3bdc62e8

だけど、鳥肌が立つのは、映画やスポーツを観ているときにも起こります。先の研究をこれらの状況に当てはめて考えれば、説明がつくかもしれません。

映画だったら、セリフやサウンドエフェクトに対して、脳が反応を示している。スポーツの場合は、華麗なプレーに盛り上がるサポーターの歓声が影響をしている。

つまり、鳥肌には視覚よりも聴覚が関係しているのでしょう。そうだと仮定するなら、アートや絶景を見ただけで同じ現象が起きる人って、もっと特別な脳を持っているのかもしれませんね。

Reference:Oxford Academic
アメリカの研究によれば、白昼夢を見る人は、高い知性と創造性を兼ね備えている可能性があるそうです。具体例を用いながら、この研究結果を解説します。
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
母親がやさしく語りかける声が、子どもの脳の発達に大きく貢献している。こんな研究結果がアメリカで発表されました。「CNN」や「TIME」、「Daily Ma...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
悲しいメロディを聞いて感傷に浸るとなんだか癒される、というのも音楽の楽しみの一つかも。でも、なんで人は「悲しい」音楽を好きになるんでしょうか?悲しくなりた...
人間ってすごい!なんと初めての場所で眠る際、脳の半分くらいは防犯のために起きたままでいるんだそうな。「Current Biology」にブラウン大学による...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
音楽関連の調査会社MusicWatchによると、ティーン世代をアンケート調査したところ、主にストリーミング配信で視聴する結果となった。今のティーン世代はZ...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
音楽が心にもたらすメリットは、様々なところで語られていますが、「I Heart Intelligence」に掲載された記事は、それをまとめて紹介したもので...
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
ちょっと気持ちを高めたいときや気合を入れたいときに役立つのが、そう、“音楽”ですよね。アッパーな曲を聴いているとダウナーな気分も不思議と上向いてくるし、き...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
ただただ楽しいから「音楽」を聴くって、思っている以上に素晴らしいことなのかも。米メディア「Little Things」で紹介されたJohanna Silv...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...