冷蔵庫が奏でる「音楽」を聴こう!

冷蔵庫を開けると...

音楽が流れてくる...!?

その名も、「冷蔵庫スピーカー」!

まるでドラえもんのひみつ道具のような名前ですが、生まれた背景はいたって真面目。

REIZOKO SPEAKER」は、音楽家のパードン木村さんが冷蔵庫ブランド〈ペルチィズム〉の役目を終えた廃冷蔵庫で制作したスピーカー。

廃棄物をアートピースに変換する「TOBIRAE」というプロジェクトから生まれました。

背景には、先進国で使われなくなったデジタル機器がアフリカに投棄され、廃棄物であふれ返っているという悲惨な現状が。そのニュースには、家電製品を販売している一人として大きな衝撃を受けた、とペルチィズム代表の長門さんは話しています。

もちろん冷蔵庫はもともと音響用に設計された箱ではありませんが、作ってみると意外に音質もよかったのだそう。

冷蔵庫とスピーカーという斬新な組み合わせですが、一文字に結ばれた口元がだんだんかわいく見えてくるかも...!

Licensed material used with permission by Peltism
呼べば冷蔵庫の方からやってくる。そんな時代が本当に来るかも。
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で約3000万円の支援金を集めたコーヒーテーブル、それが「Coosno」。冷蔵庫としても使えるのが最大の...
なんだろう、見ちゃいけないものを見てるこのドキドキ感。
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
「Little Things」のライターKate Taylorさんは、「冷蔵庫の使い方」を覆してくれます。食料品じゃなくたって、利点が生まれるなら入れてしまえ!
パリに暮らす人々の食生活をのぞき見してみました。
この時代には珍しい「スピーカーなのにテクノロジーフリー」ってところに愛着が湧きます。
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
「ROOS」は照明とスピーカーが一体化したインテリア。Bluetoothでスマホともリンクでき、ミュージックライブラリの曲も簡単に流せる。「ライトとしても...
ワイヤレススピーカーを比較する際に検討しやすい価格帯になった印象がありました。ただ、ほかのスピーカーとはやっぱり比べられませんでした。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
「あなたの体は、冷蔵庫の中身でできている」。そう語るのは、食欲コンサルタントとして200例以上の冷蔵庫を分析してきた村山彩さん。彼女によれば、運動をしなく...
クローゼットの中身をのぞき見しているようで、ちょっぴりドキドキ、後ろめたさも。だから気になって仕方ないのかも。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
ウォンテッドリー株式会社が、名刺管理アプリ「Wantedly People」の400万ユーザー突破を記念し、聴けば仕事に集中しやすくなる音楽“ENERGY...
インテリアとしてのデザイン性はもちろん、機能面でも差をつけているんです!