あの「熟成肉」が自宅の冷蔵庫で簡単にできるマシンが開発中

あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そんな想いがアメリカで実現しようとしています。

自宅の冷蔵庫で
プロ並みの仕上がり?

スクリーンショット 2015-11-09 13.24.45

牛肉から余分な水分を抜くことで乾燥し、酵素がタンパク質をうまみ成分へと変えることから、熟成のなかでも特に注目されているのが、温度、湿度、さらに風を調節する「ドライエイジング」という方法。熟成させることで繊維が分解され、柔らかく香り豊かな味わいに変身していきます。
もちろん、ただ寝かせれば美味しくなるというものでもありません。自宅であの美味さを再現するためには、温度、湿度、風量の管理が必須。これを実現したのが、自家用熟成マシン「SteakAger」です。

スクリーンショット 2015-11-09 14.33.19

「本当に美味しいステーキ肉に必要なのは、スープでも、マヨネーズでも、ペッパーでもありません。良い状態で乾燥させる“時間”が魔法をかけるのです」

熟成肉の旨味をひと言で表現するのは、開発者の一人Frank Rizzo氏(写真右)。現在、アメリカのステーキハウス業界において、この熟成が完全にトレンドと化している現状、さらには“熟成化”が価格高騰に拍車をかけている事実を明かします。

12日から最長70日まで
自分好みの熟成度に!

5ec6cc84263d81f8515e677c0c9ce775_original

彼らが開発した「SteakAger」は、温度と湿度の調整がしやすい、高密度食品工業用のまな板にも使用される素材を用いています。ステーキハウスのドライエイジング用保存庫と同じ環境を、自宅の冷蔵庫内に、そっくりそのまま再現しようという訳。
ボックス内部には、ヒマラヤ岩塩が仕込まれているんだそう。さらには、乾燥を促す循環ファンも設置。絶えず風がボックス内を巡ることで、内部に入れたヒマラヤ岩塩の風味が、乾燥とともにお肉にじんわり浸透していく仕掛け。また、殺菌用の紫外線ランプがお肉に当たることで、長期間保存を可能にしています。

0cab485a16ec11bc0296a3b9da3575ad_original

あとは、ドライエイジングに適した環境を整えるべく、コントローラーと独自開発したソフトウェアを追加。好みに応じて12日間から70日間まで熟成が可能とのこと。さらに、熟成ボックス内から排出される空気は、活性炭フィルターを通ることで冷蔵庫内に臭いが充満する心配もないようです。

52be2885ace5219b1efeef737bf6c235_original

しかし、実際には冷蔵庫サイズの約20%をも占領する大きさがたまにきず。アメリカのような大型家電が一般的でない日本人からしてみれば、このサイズ感は致命的。ですが、技術開発を担当したScoot Kobryn氏によれば、まだまだ軽量化が可能と主張しています。
現在、プロトタイプの試作段階を終え、クラウドファウンディングで資金調達したところ、目標額の3倍にまで到達。いよいよ、小型軽量化とデザイン性にも注力したグレードアップモデルが始動しました。

熟成肉人気にあやかったキッチン家電は、159ドル(2万円弱)で市販化を予定しているんだとか。この価格で極上のステーキ肉に変身してしまうらな、間違いなく安い買い物!あとは、熟成までガマンできるかどうかですね。

Licensed material used with permission by The Steake Ager

昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
呼べば冷蔵庫の方からやってくる。そんな時代が本当に来るかも。
食材を昆布ではさみ冷蔵庫で寝かせる。お刺身をはさんでつくるイメージが強いかもしれませんが、お肉をはさんでもこれが美味!
冷蔵庫を開けると、音楽が流れてくる...!?
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
レインボー・ネイション(七色の国民)の冷蔵庫は、なないろだった。
突然ですが、「よくねたいも」という商品を知っていますか? 期間限定のじゃがいもで、北海道のホクレンから発売されています。「こんなに甘くてねっとりしたじゃが...
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
立命館大学×順天堂大学×東京藝術大学COI拠点の三者が共同開発したウェブアプリ「Biosignal Art(バイオシグナル・アート)」。「人間のカラダの構...
ポップなのにシンプル、そしてスタイリッシュな面構えの冷蔵庫は、スロベニアの家電メーカーgorenje社がフォルクスワーゲン(以下VW)社とコラボレーション...
ある日の都内郊外で出会ったステーキがヤバかった。このお肉は試してくべきです、「ウルグアイビーフ」。南米ウルグアイ産の牛肉。これからたくさん世の中に出回るの...
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
ドイツに本社を置く「brezzl. GmbH」から、冷蔵庫専用のスマートカメラ「Fridge Eye」が発売された。このカメラがあれば、スーパーで「これ家...
6月2日、デザイン事務所「KIGI」の渡邉良重氏と「株式会社ほぼ日」によるレディースブランド「CACUMA」から、初のメンズブランド「CACUMA U」が...
史上もっともカーボンフットプリントの低いスポーツパフォーマンスシューズ開発に向け、「アディダス」と「オールバーズ」のフットウェアブランド2社がタッグを発表。
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。