売り切れ必至!「冷凍熟成」バウムクーヘン

マイナス23℃の冷凍庫で1週間、じっくり生地を熟成させた無添加バウムクーヘンが話題だ。

今年2月にデビューした「-23℃ FROZEN BAUMKUCHEN」。岐阜県多治見市の工房で職人が1日に1回のみ焼き上げる。大量生産ではなく、手間ひま惜しまず丁寧に作ることを優先した結果、現在も発送日を定めての予約注文のみ。

そんな希少性も手伝ってか、SNSで火がついた。

©株式会社アペックスハート

バウムクーヘンといえば、生地のしっとり感が身上。ところが「-23℃ FROZEN BAUMKUCHEN」は、いい意味でその期待を裏切る。しっとりやわらかいはずの生地にフォークを入れると、ビスケット地のようにコツッとしパイ生地のようにサクッとするんだから不思議。

ただし、これは表面層に限ってのハナシ。年輪の奥は我々がよく知るしっとりまとまりのある重厚な生地が顔を出し、ふたつの食感の違いを味わう喜びで思わず口角が上がってしまう。

そもそも層に対してバウムクーヘンを輪切りするのではなく、縦に切るという発想も冷凍熟成製法に適したカット法だとか。製法も革新的なら容器もまた斬新。一見すれば化粧品やパヒュームと見まごうホログラムカラーのパッケージデザインは、贈答用としてもいい感じ。

2ピース入りで2938円(税込)。この夏、いちばん試したいひんやりスイーツの決定版といえるだろう。

©株式会社アペックスハート

『-23℃ FROZEN BAUMKUCHEN』

【購入ページ】https://baum005.stores.jp/

Top image: © 株式会社アペックスハート
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

100年前の銀座でもっともコーヒーがおいしかったと言われている名店。カフェ・ユーロップのバウムクーヘンです。こだわり抜いたバターやバニラビーンズをたっぷり...
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
「梨花一心(rikaishin)」は、10ヵ月の熟成期間を経て生まれた和梨のサイダー。7月24日より先行予約にて100セット限定販売を開始している。
突然ですが、「よくねたいも」という商品を知っていますか? 期間限定のじゃがいもで、北海道のホクレンから発売されています。「こんなに甘くてねっとりしたじゃが...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...