パリ発!「世界一の肉屋」が、本日11/4(水)恵比寿にオープン!

ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。
そんな彼が初めての海外進出先に選んだのは、ここ日本。ニューヨーク・タイムズ紙が「世界一の肉屋」と称したその味が、ついに東京・恵比寿で楽しめることに!

カリスマ肉職人が手がけるのは
“自然な”肉

ユーゴ写真_R

「ユーゴ デノワイエ」で提供される牛たちは、生産者自らが育てた牧草と穀類だけを食べ、混合材や薬を与えられることなく、ゆったりとしたスペースで放し飼いにされています。これは、 「放牧地から皿の上までが肉職人の仕事である」という彼の信条を体現したもの。

環境・家畜・生産者を尊重した結果育まれた“自然な”肉。「ユーゴ デノワイエ恵比寿店」では、それらをフランスから空輸するとともに、パリの店舗で扱う肉と同じコンセプトで育てた日本産の牛肉も使用されるのだそう。

food1_R

「フランス産熟成肉骨付きリブロース」は、20,000円/kg から。少なくとも3~4週間熟成させることで、牛肉に含まれるエンザイム(酵素)が固い繊維を分解。捌き立ての新鮮な肉よりも柔らかく、深い味わいに。

food2_R

豚の血の入ったソーセージを指すブーダン・ノワール。名前の通り、黒い色(ノワール)をしています。

1F interior_R

店舗デザインは、これまでに多くの有名レストランを手がけてきた、アルジェリア出身の建築家イマード・ラムニ氏。1Fでミート・バーと物販を、

2F interior_R

2Fではメインダイニングを展開。

オープンは本日2015年11月4日(水)。来週11月10日(火)からはランチ・ティータイムも開始予定です。ユーゴの哲学の結晶とも言うべき“自然な”肉の美味しさは、きっと日本の私たちをも虜にするでしょう。

Exterior_R

【店舗概要】
ユーゴ デノワイエ恵比寿店
・オープン:2015年11月4日(水)
・所在地:東京都渋谷区恵比寿南三丁目4番16号 アイトリアノン 1.2F(山手線 恵比寿駅・東急東横線 代官山駅より徒歩5分)
・営業時間:2F ランチ 11:30~15:00(L.O 14:00)、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
1F ランチ 11:30~14:00(L.O 14:00)、ティータイム 14:00~18:00、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
・定休日:月曜
・電話番号:03-6303-0429
・席数:2F/38席、1F/12席(全席禁煙)
・公式web site:http://www.hugodesnoyer.jp
※肉の種類・調理法・価格は日により異なります。詳しくはスタッフにお尋ねください

Licensed material used with permission by 株式会社TFC

39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
恵比寿駅から徒歩1分独自のサウナと睡眠に特化したリフレッシュ空間℃(ドシー)〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1丁目8-1https://do-c.jp/
今回は恵比寿・広尾にある「440Broadwaytaco-shop(ブロードウェイタコショップ)」。ネオンな看板がかわいいし、本場のテックスメックス(TE...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
LGBT先進国ともいわれるタイから、ジェンダーレスなアパレルブランドが日本に初上陸。その独特なストリートウェアのビジュアルが20〜30代を惹きつけて止まな...
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
アメリカ製の滑車式グリルが日本初上陸薪火で香ばしく焼き上げる恵比寿のダイニングバーL'IGNIS〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目27-1htt...
本場ベトナム仕込みの味が恵比寿で楽しめるパクチーたっぷりバインミー専門店Ebisu Banh Mi Bakery〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
フレンチ出身のシェフが手がける牛串が絶品恵比寿にオープンした立ち呑みスタイルのバルBUTCHER YAMAMOTO & Daughters〒150-002...
ナイトクラブ向けファッションブランド「Industrial Strange」がオーストリアの広告会社とタッグを組んで手掛けた刺激的なPRが話題。
今回は、恵比寿に8月13日にオープンした「JANAI COFFEE」。こちらのお店、実は「あること」をすると秘密のバーに入れるコーヒースタンドなんです。気...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
近年じわじわと増えつつある、グミ系お菓子のヴィーガン化。なんと、かの有名なお菓子メーカー「Jelly Belly」もヴィーガン対応商品の発売を開始!
「USEDを拡張する進化型古着屋“森”」が月額5000円(税込)で“服を永く着るため”のサブスプリクションサービスを今月12日(火)からスタート。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
本日2019年4月18日、恵比寿にマッチングアプリ「Dine」が仕掛ける「Snack Dine」がオープン。入店できるのは、アプリを介して会員になれた人の...
フランス・パリを本拠地に置くサッカークラブ「PARIS SAINT-GERMAIN(パリ・サン=ジェルマン」は、今月22日、世界初の飲食ショップ「PARI...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...