パリ発!「世界一の肉屋」が、本日11/4(水)恵比寿にオープン!

ユーゴ・デノワイエは、数多の三つ星レストランのシェフを顧客に持つ、パリ屈指の肉職人。現在は、14区と16区の二店舗で高級精肉店を営み、人気を博しています。
そんな彼が初めての海外進出先に選んだのは、ここ日本。ニューヨーク・タイムズ紙が「世界一の肉屋」と称したその味が、ついに東京・恵比寿で楽しめることに!

カリスマ肉職人が手がけるのは
“自然な”肉

ユーゴ写真_R

「ユーゴ デノワイエ」で提供される牛たちは、生産者自らが育てた牧草と穀類だけを食べ、混合材や薬を与えられることなく、ゆったりとしたスペースで放し飼いにされています。これは、 「放牧地から皿の上までが肉職人の仕事である」という彼の信条を体現したもの。

環境・家畜・生産者を尊重した結果育まれた“自然な”肉。「ユーゴ デノワイエ恵比寿店」では、それらをフランスから空輸するとともに、パリの店舗で扱う肉と同じコンセプトで育てた日本産の牛肉も使用されるのだそう。

food1_R

「フランス産熟成肉骨付きリブロース」は、20,000円/kg から。少なくとも3~4週間熟成させることで、牛肉に含まれるエンザイム(酵素)が固い繊維を分解。捌き立ての新鮮な肉よりも柔らかく、深い味わいに。

food2_R

豚の血の入ったソーセージを指すブーダン・ノワール。名前の通り、黒い色(ノワール)をしています。

1F interior_R

店舗デザインは、これまでに多くの有名レストランを手がけてきた、アルジェリア出身の建築家イマード・ラムニ氏。1Fでミート・バーと物販を、

2F interior_R

2Fではメインダイニングを展開。

オープンは本日2015年11月4日(水)。来週11月10日(火)からはランチ・ティータイムも開始予定です。ユーゴの哲学の結晶とも言うべき“自然な”肉の美味しさは、きっと日本の私たちをも虜にするでしょう。

Exterior_R

【店舗概要】
ユーゴ デノワイエ恵比寿店
・オープン:2015年11月4日(水)
・所在地:東京都渋谷区恵比寿南三丁目4番16号 アイトリアノン 1.2F(山手線 恵比寿駅・東急東横線 代官山駅より徒歩5分)
・営業時間:2F ランチ 11:30~15:00(L.O 14:00)、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
1F ランチ 11:30~14:00(L.O 14:00)、ティータイム 14:00~18:00、ディナー 18:00~23:30(L.O 22:30)
・定休日:月曜
・電話番号:03-6303-0429
・席数:2F/38席、1F/12席(全席禁煙)
・公式web site:http://www.hugodesnoyer.jp
※肉の種類・調理法・価格は日により異なります。詳しくはスタッフにお尋ねください

Licensed material used with permission by 株式会社TFC

今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
あえて日数を置くことでお肉の熟成を促す、エイジングビーフ(熟成肉)の美味さに注目が集まっています。高級店や専門店でなくても“あの味”を自宅で堪能したい!そ...
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
昔から「肉は腐りかけがうまい」なんて言葉があるように、牛肉には“寝かせる”ことで生まれる価値があります。いわゆる熟成肉がそれ。あの味を自宅でしかも長期保存...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
1803年に創業したフランス・パリの総合美容薬局、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY』。夏にオープンしたパリの2号店では、おにぎりを食べ...
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
先日、パリの街角に赤色の簡易トイレ「Uritrottoir」が設置されました。トイレの排泄物がたまったら、土を混ぜてそのま養土となります。
世界有数の肉消費国・アルゼンチン産の赤ワイン「トラピチェ オークカスク マルベック」。牛肉との相性ではもってこいとオススメ。 価格は1,000円台とリーズ...
その街でしか見ることができない光景があるのと同じように、それぞれの土地にしかない象徴的なサウンド。「The Local France」に登場したこの記事は...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...