「グリーンジャイアント」の友だちが「かわいい男子」の理由

アメリカを代表する食品加工会社「ゼネラル・ミルズ」のマスコットキャラクター、グリーンジャイアント

1990年代前半には日本でも主に夕方の時間帯にテレビCMが流されていたので知っている人も少なくないかと思いますが、葉っぱでできた袈裟(けさ)を着て、これまた葉っぱで作られた(と思われる)ブーツをはいた、肌も緑髪も緑「ホゥホゥホゥ」が口癖の優しくてマッチョな大巨人です。

1950年代に「グリーン・ジャイアント社」(後の「ゼネラル・ミルズ」)が設立されると同時に誕生し、たちまち大人気となったキャラクターなのですが、すぐに“グリーンジャイアントの友だち”という設定の新たな仲間がマスコットに加わります。

その名もリトルスプラウト

グリーンジャイアントが筋骨隆々の大巨人であるのに対し、リトルスプラウトはふくらんだホッペタとつぶらな瞳、そして二頭身のシルエットがかわいい幼児体型の男の子なのですが......さて、すでにグリーンジャイアントという企業名を冠したマスコットキャラクターが存在していながら、なぜ毛色の違うキャラクターが追加されることになったのでしょうか?

そこには、こんな逸話が存在します──。

緑の巨人・グリーンジャイアントは森のなかに一人で住んでいる設定なのですが、それを知ったアメリカ全土の子どもたちから「グリーン・ジャイアント社」に膨大な数の嘆願書が寄せられます。

「一人ぼっちなんて、かわいそう! 友だちを作ってあげて!」

加工食品の製造・販売を生業にしている企業にとって、子どものいる家庭からの要望や依頼を無視することなどできません。

そこで、大巨人の友だちとして誕生したのがリトルスプラウト......なのですが、グリーンジャイアントの孤独な身の上を憐れむ子どもたちの声と共に、「グリーン・ジャイアント社」には子をもつ親たちからこんな苦情も殺到していたのです。

「緑の巨人のCMが流れるたびに、うちの子が怖がる! もっとかわいいキャラクターにしてくれ!」──。

かくして、リトルスプラウトは、無垢な子どもの優しさと子を想う親の願いの相みつをとり、かわいらしい男の子の姿に描かれたのだとか。

昔も今も、企業は“炎上”がなによりも怖いようですね(笑)

※上記、諸説あり。

Top image: © 2019 TABI LABO
世界中でプラスサイズモデルが活躍し、多くのアパレルブランドがどんな人にも似合う洋服をつくっているなかで、NIKEがやってくれました。
アメリカから届いた気になるオレオの情報です。今年7月、アポロ11号が月面着陸してから50年が経ちます。それを祝うため、6月中旬に「Mashmellow M...
先日、米テキサス州オースティンのダウンタウンで「空からタコスが降ってきた」と話題に。同都市発祥のタコスレストランのプロモーションだったのですが、動画を見る...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
今って、むかしよりほんとに音楽をチェックしやすいし、東京にいなくても、自宅録音でも、すっごいミュ……
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
いつかは泊まりたい世界の宿 #9
5月、スウェーデンで408時間ものあいだアイスホッケー世界選手権のトーナメントについて喋り通したスポーツキャスターがいました。彼の正体は……。
アメカジアイテムの定番アイテム「Champion(チャンピオン)のスウェット」のロゴの配置に隠された秘密!
“食べ歩きスタイル”花見の相棒は、シナモンロールが大正解!桜の葉とシナモンにはぺアリングとして◎な理由もあるし、桜の名所のそばには、おいしいベーカリーがけ...
「Iria Ashimine」のアクセサリーには、つねに変化しつづける自然界のみずみずしい姿が、繊細に表現されています。
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
大手ファストフードチェーン店「ジャック・イン・ザ・ボックス」のキャラクター変更には、世間を揺るがした大事件が関係してた!
アメリカ雑貨好き&ビンテージマニア必読! アメリカを代表する人気キャラクター「ナウガモンスター」の歴史とユニークな誕生秘話!
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
世界には、様々なブランドがあります。グローバル化が進む時代において、企業が一体どんなキャラクターであるのかを発信していく重要性は、ますます高まっていくので...
三重県津市にあるカステラ専門店 DE CARNERO CASTE(デ カルネロ カステ)が作る「羊のカスティーリャ」。名前の響きからステキですが、カステラ...
イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。プロならでは...
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
社員のスキルアップを目的とした学習支援制度などの福利厚生が充実している企業は、日本にもたくさんある。だけど、モチベーションを毎日保てるようなサービスは、ア...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...