時には古い友だちを捨ててでも「新しい出会い」を求めるべき理由5つ

これまで当たり前のように側にいてくれた友人たちであれ、年齢を重ねていくうちに、やがては別れを告げた方が自分のためになることがある。

時には旧友との縁を切ってでも、新たな出会いを求めるべきときがある。そしてそれは自分のためであり、今まで知らなかった何かを学ぶためのチャンス。「Higher Perspective」で反響を呼んだ、大人に向けた“友だちとのつき合い方”。リアルな世界での友人関係が希薄な人たちに向けたメッセージをどうぞ。

01.
価値観のズレが次第に
深い溝へと変わるから

年齢を重ねるにつれて、誰しも人生のなかの大切なものを必死で守ろうとしている自分に気がつきます。やがて、周囲に壁をつくり、クリアしなければならない高いハードルを自ら設けてしまったり、自分のすべてを他人にさらけ出すことに抵抗を感じるようになるでしょう。

けれど、歳を重ねてからできる新しい友人たちは、あなたの発言や行動に興味を持ち、ひとりの人間として真摯に接してくれるもの。だから、あなたも交流を持つ人々にどんどん興味が湧いてきて、より有意義な関係へと発展するケースが多くなるのです。

02.
経験にともない
大切にすべきものは変化する

大人になるということは、これまでとは違い、自分自身も周りの世界への関心が深まっていくもの。それに伴って、あなたは自分ではどうにもならないことを友人に頼る方法を学びます。同時に、愛する人々をあたたかく受け入れることが何を意味するのか?を、自らの行動でも示すようになるでしょう。

しかしそれらの一部は、自分の人生にもはや必要ではないことに気づく瞬間が必ずや訪れます。この瞬間こそ、新たな人生へと船出をするために彼らと別れなければならないタイミングなのです。

03.
馴れ合いではない
有意義な人間関係が築ける

年齢とともに古い友人を失うからといって、新しい人々との有意義な関係を見出せない、という訳ではありません。実際のところはその逆。どんな話にも柔軟に対応できるような、新たな興味やトピックスを発見し、かつて訪れたことのある心地いい場所を見つけ出すはずです。

そうすれば、あなたは昔の出来事について語るのを楽しめるようになるでしょう。周りの人たちは、あなたの旅を知りたがります。つねに、心の中を整理して、新しい情報を胸いっぱいに吸収して、それを友人に話してあげましょう。

04.
残された時間はどれだけ?
新たな出会いが財産になる

歳を重ねればそれだけ、好きなことに費やせる余分な時間は減っていきます。そのことにあなたもいつか気がつくはず。大げさな言い方に聞こえるかもしれませんが、同時にあなたの人生のペースもこれまで以上に早く感じる可能性もあります。

自分の時間を賢く管理し、どんな物事にも終わりがあるという事実を自分自身が受け入れること。それは、あなたの人間関係においても。まもなく、あなたにも時間を費やすだけの価値がある人と、そうでない人を自然と見極める時期がやってくるはずです。

05.
うわさ話や他人の批判より
誠実な本音トークを求めるから

若い頃のあなたにとっては、本音を隠して生きることに何の苦も感じなかったかもしれません。誰だって子どもの頃は、周りの人や、たとえ友人にだって、ちょっとくらい嘘をついたりつかれたり、不真面目に接することだってある訳ですから。でも、年齢とともに、それがだんだん耐えられなくなる。

他人の不愉快な言動に対して柔軟に受け流すことができなくなり、不真面目な態度で接してくる相手に対しては、きちんと否定したいという感情が湧くもの。自分を傷つけようとする会話や、誰かのうわさ話にいちいち目くじらを立てる代わりに、もっと誠実で中身のある、大人のコミュニケーションを求めている自分に気がつくはずです。

Licensed material used with permission by Higher Perspective
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
友だちとの関係も恋愛と同じようにケアしてあげないといけないと教えてくれるのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさん。この7つの場面に...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
20代ほど人生設計に悩み、多くのアドバイスが必要なときはないかもしれません。まだ大人になりきれずに悩み、落ち込むこともありますが、信頼できる友だちがいれば...
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
地元にいたころ、毎日、何をするにも一緒だった、そんな友だち。もちろん最近できた友だちも大事だけど、やっぱり一番わかってくれるのは地元の仲良し軍団ですよね。...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
僕たちは、誰でも旧友を持っている。学校で一緒だった友だち、職場が一緒だった友だちなどだ。歳をとると旧友と会う頻度が少なくなったという人は多いのかもしれない...
「なぁ、俺たち友だちだろ? 友だちなら一緒にタバコ吸えよ」なんだか、昔の記憶が蘇るようなこの言葉。この動画では「ピアプレッシャー」について親子で語っていま...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
「自分の価値観を曲げずに生きることは、とてもハードです。それが正しいかどうかなんてわかりませんし、自信が持てないからです。また、自分が正しいと思っていても...
人気メディアの「YourTango」から、母親ブロガーが紹介する子供たちに教えがちな教訓。それは意外にも、大人になっても学べるものもあります。
家族もいないし、周りは既婚者ばかり。休日はいつもひとりで、どうすればいいものか──。こういった悩みを抱えている中年の男性が多いと語るのは、男性学の第一人者...
くだらないことで笑い合ったり、つらいときはそばにいてくれたり、そんな「親友」と呼べる存在はかけがえのないものです。しかし、友だちにはさまざまなタイプがいま...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
自分と似ている人が好き、っていうのもわかるんだけど。
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...
あまり他人と群れない、“一匹狼”みたいな人。なんとなく近寄りがたく声もかけづらいなと思ってしまいます。でも実のところ、私たちが彼らを誤解しているだけかもし...