大学時代の友だちが、一生の付き合いになる「10のワケ」

子どもと大人の、ちょうど中間とも言える「大学時代」。勉強、恋愛、遊び、そのすべてが大切な思い出ですよね。そして、多感な時期を一緒に過ごした友だちだからこそ、社会人になった後も本音で話せる関係が続くのかもしれません。

ここでは、「Thought Catalog」に掲載されて共感を呼んだ、ラニア・ナイムの記事を紹介します。彼女が書いた10のワケとは?

01.
“最悪”を、
共有しているから

だれもが試験や卒論に追われては、昼夜問わずいろいろなことに取り組んできた。その姿を一番近くで見ていたのは誰だろう。ときには、イライラして暴言を吐いたり、ひどく落ち込んだりすることもあった。でも、みんなその原因をわかってくれていた存在だ。

02.
悪夢のような恋バナも、
お互いに知り尽くしている。

それがキャンパスの外で起きたことでも、みんなあなたのデートについて知り尽くしているでしょ?大学は、失敗したデートについて学ぶ情報共有スペースのようなもの。お互いのことを、事細かに覚えているはず。

03.
いつもすぐそばにいて、
心配してくれた。

みんな、病欠したときは授業のメモを取ってくれたし、落ち込んでいるときはパジャマパーティで朝までたくさんおしゃべりしてくれた。

気持ちに浮き沈みがあったとしても、本当に助けてほしいときに必ず一緒にいてくれた。

04.
決してあなたを、
ジャッジしない。

お互いの変なクセを知り、受け入れてくれた。偉そうな態度や、面倒くさそうにしている姿、集中なんてできやしないほどうるさいジョークも。

みんな、愛情をもって受け入れてくれていた。

05.
数え切れない思い出がある。

クレイジーだった大学生活を振り返る。みんないつまで経っても「共犯者」だ。だからこそ――、

06.
一緒に遊ぶと
最高に楽しい!

いつまで経っても、まるで昨日のことかのようにあの時の「楽しさ」がよみがえってくる。恥ずかしい話だって、時間が経てばどれも笑い飛ばせる。

07.
誰よりも“わかってる”。

青春時代をお互いにもがき苦しみ、励ましあってきたからこそ、深く理解し合えている。なんとなくとは言え、他の人とはハッキリと違う「わかってる感」がある。

08.
アナタを応援してくれる、
一番のファンだから。

10年後になりたい姿、最終的に到達したいビジョン。今だって、まるであの卒論発表の時のように応援してくれるはずだ。

あなたがどれだけ本気で努力をしているかに気づいてくれる、貴重な存在なのだ。

09.
「最高の思い出」には、
欠かせない存在だから。

大学生活を満喫できたのも、またそんな日々が恋しくなるのも、すべてはみんながいたから。

毎日顔を合わせて話してきたたくさんのこと。どんなに落ち込んでもお互いを笑わせようと必死に頑張ったこと。ひどいアドバイスを送りあっていたことも含めて、そのすべてが愛しい思い出。もう一度思い出すときに、メンバーが足りないとさみしいでしょ?

10.
あなた自身が選んだ、
人生の一部だから。

隣の席で授業を受けたり、一緒にプロジェクトに取り組んだり。旅行だって、誰かに強制されたわけじゃない。全部、自分で選んだ人生だ。

大切なのは、友だちの数じゃない。心を通わせた過去があるからこそ、いつまでも特別な存在でいられるのだから。

Article originally published on Thought Catalog.
For more information about Thought Catalog, check out Thought.is or follow them on Instagram here.

Licensed material used with permission by Thought Catalog
他の記事を見る
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
多くのミレニアル世代が使っているTinderが、アメリカの大学で新学期が始まるタイミングに合わせて、大学生限定のサービスを始めました。
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
友だちの数は、多ければいいということでもなさそうだ。Quartzの記事によれば、人生の幸せと関係するのは15人の本当に仲がいい友だちだけだとか。Faceb...
正統派ケバブはトルコ料理専門店で味わってこそ。
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
社会人と学生の違いが鮮明に描かれた漫画。ライフスタイルや人間関係など、読んでいるとおもわず頷いてしまう内容だ。ジョークもすべて英語で書かれているため、わか...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
シャネルが、ファンデーション、アイブロウ・ペンシル、マットな仕上がりの保湿リップクリームの、3つの製品で構成される「ボーイ ドゥ シャネル」を立ち上げまし...
社会人になって置かれる環境や考えが変われば、学びたいと思う分野も変化するから。これって、ものすごく普通のこと。だけど日本では、学生に戻ることが特殊みたいに...
時間が経ってみないとわからないことだけど、友情が学生時代でストップしてしまう関係があります。あんなに仲がよかったのに…。その“友情期限”が長く続く人とそう...
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
友だちとの関係も恋愛と同じようにケアしてあげないといけないと教えてくれるのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさん。この7つの場面に...
「Elite Daily」のライター、Lauren Martin氏によると「カップルが別れるように、タイミングによっては友だちとも別れたほうがいい」ときが...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
大学4年生のみなさんは、今から1年もしないうちに社会人として1歩を踏み出すことになるでしょう。社会人生活が待ち遠しい人もそうでない人も、大学生最後の夏休み...
親友という称号は、自分がなるのも、相手に求めるのにも、難しいもの。でも自分の友達の中でもこのような9つの特徴を持っていれば、一生に親友になるかもしれない。
出会いは飲み会。酔っ払って異性とどうこう…なんて話はよく聞くけど、お酒の力で仲良くなれるのは異性だけじゃない。「付き合いでの飲み会はやめるのがベター」と言...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
仲良くなったはいいけど、ちょっと苦手。一緒にいるだけでネガティブになってしまう…。そんな友だちとはキッパリ別れるべきかもしれません。実際、友だちの数が多い...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...