地元の友だちこそ「最高」な14の理由

地元にいたころ、毎日、何をするにも一緒だった、そんな友だち。もちろん最近できた友だちも大事だけど、やっぱり一番わかってくれるのは地元の仲良し軍団ですよね。

今回は「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさんがまとめた「地元の友だちが最高な理由」を紹介します。読んだら地元に帰りたくなるかも?

01.
正しいとか間違ってるとか
そんなのどうでもいい

地元の友だちは、長い間いっしょに過ごしたから、あなたのことをよくわかってるはず。正しいとか間違ってるとか、そんなことはどうだっていい。何があっても「あなたはあなた」ってことを知っているから。

02.
これまでも
これからも一緒

本当に困ったときに頼れるのは、やっぱり地元の友だち。離れていても、つらいとき、悲しいときはいつでも側にいる。これまでもそうだったし、これからもずっとそう。

03.
友だちの家族は
みんなの家族

家族ぐるみの付き合いをしていれば、友だちの家族も自分の家族のようなもの。いいことがあれば、自分のことのようにうれしい。

04.
ダメなところも
受け入れてくれる

失敗しても「そんなこともあるよ」と言ってくれる。そんな人は地元の友だちだけ。だから素直に失敗を認められる。成長って、失敗を認めるところからはじまるから。

05.
いつも正直でいてくれる

たまに、正直すぎることもあるけど…。それも長い付き合いならでは。

06.
過去の恋愛だって
すべて知っている

高校のときに憧れていたあの人のことも、大学生のときにひどい別れ方をしたあの人のことも、全部知ってる。だから恋愛相談をすれば、どんなときでも気持ちに寄り添ってくれるもの。

07.
内輪ネタで笑ってくれる

品が良くて誰も傷つけないような「笑えるジョーク」を考えるのって頭を使うもの。でも地元の友だちなら、鉄板の内輪ネタでいつでも笑い合える。

08.
失恋したときは
慰めてくれる

ひどい思いをしているときは、いつだって一番に電話をかけてくれる。どんな話だって、根気強くちゃんと聞いてくれる。そして、責めたりしない。それが友情ってこと。

09.
いつだって味方で
いてくれる

どんなことがあったって、いつでも自分の味方になってくれる。そんなことができるのは、何のしがらみもない、地元の友だちだから。

10.
出会ったときから
ずっと友だち

最初に顔を合わせたときから、なぜかすぐに仲良くなった。理由がないからこそ、ずっといっしょにいられる。

11.
大ゲンカも
乗り越えてきた

「もう絶交!」なんてひどいケンカも、経験済み。雨降って地固まる。ぶつかり合ったからこそできる、強い絆がある。

12.
ローカルな話で
盛り上がれる

「あのお店のあのメニューが絶品」「長時間しゃべるなら必ずここ!」。そんな地元ならではの話で盛り上がれる人なんて、他にいる?

13.
「おそろいコーデ」なんて
必要ない

服の趣味も、好きなタイプも、まるっきり違う。それでもいっしょにいて居心地がいいんだから、友情って不思議。

14.
どれだけ間が空いても
毎日会ってるみたい

地元の友だちと離れ離れになって、毎日会ってるわけじゃないって人も多いはず。それなのに、どれだけ会ってなくても、まるでいつもいっしょにいたあのときみたいに笑い合える。

Licensed material used with permission by Elite Daily