地元の友だちこそ「最高」な14の理由

地元にいたころ、毎日、何をするにも一緒だった、そんな友だち。もちろん最近できた友だちも大事だけど、やっぱり一番わかってくれるのは地元の仲良し軍団ですよね。

今回は「Elite Daily」のライターAlexa Mellardoさんがまとめた「地元の友だちが最高な理由」を紹介します。読んだら地元に帰りたくなるかも?

01.
正しいとか間違ってるとか
そんなのどうでもいい

地元の友だちは、長い間いっしょに過ごしたから、あなたのことをよくわかってるはず。正しいとか間違ってるとか、そんなことはどうだっていい。何があっても「あなたはあなた」ってことを知っているから。

02.
これまでも
これからも一緒

本当に困ったときに頼れるのは、やっぱり地元の友だち。離れていても、つらいとき、悲しいときはいつでも側にいる。これまでもそうだったし、これからもずっとそう。

03.
友だちの家族は
みんなの家族

家族ぐるみの付き合いをしていれば、友だちの家族も自分の家族のようなもの。いいことがあれば、自分のことのようにうれしい。

04.
ダメなところも
受け入れてくれる

失敗しても「そんなこともあるよ」と言ってくれる。そんな人は地元の友だちだけ。だから素直に失敗を認められる。成長って、失敗を認めるところからはじまるから。

05.
いつも正直でいてくれる

たまに、正直すぎることもあるけど…。それも長い付き合いならでは。

06.
過去の恋愛だって
すべて知っている

高校のときに憧れていたあの人のことも、大学生のときにひどい別れ方をしたあの人のことも、全部知ってる。だから恋愛相談をすれば、どんなときでも気持ちに寄り添ってくれるもの。

07.
内輪ネタで笑ってくれる

品が良くて誰も傷つけないような「笑えるジョーク」を考えるのって頭を使うもの。でも地元の友だちなら、鉄板の内輪ネタでいつでも笑い合える。

08.
失恋したときは
慰めてくれる

ひどい思いをしているときは、いつだって一番に電話をかけてくれる。どんな話だって、根気強くちゃんと聞いてくれる。そして、責めたりしない。それが友情ってこと。

09.
いつだって味方で
いてくれる

どんなことがあったって、いつでも自分の味方になってくれる。そんなことができるのは、何のしがらみもない、地元の友だちだから。

10.
出会ったときから
ずっと友だち

最初に顔を合わせたときから、なぜかすぐに仲良くなった。理由がないからこそ、ずっといっしょにいられる。

11.
大ゲンカも
乗り越えてきた

「もう絶交!」なんてひどいケンカも、経験済み。雨降って地固まる。ぶつかり合ったからこそできる、強い絆がある。

12.
ローカルな話で
盛り上がれる

「あのお店のあのメニューが絶品」「長時間しゃべるなら必ずここ!」。そんな地元ならではの話で盛り上がれる人なんて、他にいる?

13.
「おそろいコーデ」なんて
必要ない

服の趣味も、好きなタイプも、まるっきり違う。それでもいっしょにいて居心地がいいんだから、友情って不思議。

14.
どれだけ間が空いても
毎日会ってるみたい

地元の友だちと離れ離れになって、毎日会ってるわけじゃないって人も多いはず。それなのに、どれだけ会ってなくても、まるでいつもいっしょにいたあのときみたいに笑い合える。

Licensed material used with permission by Elite Daily
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
大人になるにつれ、友情のあり方も変わります。学生から社会人へ、そして年を重ねる毎に賢くなるように、友達との付き合い方も変わっていきます。でもその変化は決し...
友だちとの関係を大切にすることは「信頼すること」「許すこと」そして「感謝すること」を学ぶことができます。これらは、恋愛に置き換えてもとても重要なことだと語...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
友だちとの関係も恋愛と同じようにケアしてあげないといけないと教えてくれるのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさん。この7つの場面に...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
ライターSTEVEN BANCARZ氏が「Spirit Science」にまとめているのは、ケンカする価値のある7タイプの友人。どうやら、これらに当てはま...
旅行中に出会った30ヶ国の子どもを撮影したMars&Pan。気候・歴史・所得・宗教などは、国によって異なります。だからこそ、格好を見れば、その土地の文化が...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
家族のもとで暮らし、安定した仕事に就き、休日は地元の友人に会う。たしかに、これもステキな人生ですが、果たしてあなたにとって「最高の人生」と言えるでしょうか...
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
手痛い失恋をした時、どうやって立ち直りますか?ひたすら泣く、旅に出る、喋り倒す…人それぞれだと思います。でも、ショートフィルム『デビッドの失恋ツアー』の彼...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
失恋したら辛いものですが、いつまでも悲しい気持ちであふれた状態ではいたくはないものです。どのように過ごしたら恋の痛手から、早く立ち直ることができるのでしょ...
思えば海外のこういったコンテンツって、そのほとんどが女性目線。そういう意味でも男性的視点からの恋バナはちょっと気になるところ。「彼らの失敗から学ぼう」なん...