男たちの愛が冷める瞬間。14人にインタビュー。

ここに登場するのは、14人の男性の「愛が冷めた瞬間」。月日を重ねるうち徐々に熱が冷めて行く人もいれば、何かをきっかけとして瞬間的にという人も。

思えば海外のこういったコンテンツって、そのほとんどが女性目線。そういう意味でも男性的視点からの恋バナはちょっと気になるところ。「彼らの失敗から学ぼう」なんて言いませんが、恋愛においてのNG行動を垣間見るのにはいいかも。

ライターNicole Tarkoffが「Thought Catalog」にまとめた記事を紹介。

01.
ここではない別の誰かと

「ほかの選択肢に目を向けるようになったんだ。お互いにこの恋愛のほかに真剣な交際を経験したことがなかったから、比較対象がそもそもなかった。でもほかの可能性に心が揺らぐ時点で、もしかしたらふたりの愛は本物じゃなかったのかもしれない」

—Zack, 26

02.
月日は愛の姿を変えた

「すでに長い間付き合っていたこともあって、それがダラダラ続いてしまった感じ。でも過去7年を振り返ってみたとき、そこまでうまくいっていなかったことに気づいたんだ。それでようやく愛がないことを受け入れられるようになった気がする」

—Colin, 29

「最初の頃に感じた気持ちが、お互いに薄れてしまったんだ。それを取り戻そうとがんばりすぎちゃったんだと思う。でも一度失ったものは、もう取り戻せなかったりする」

—Ryan, 27

03.
“運命”を感じなくなった

「彼女が僕の運命の人じゃないって気づいたことが大きかったかな。そして僕も彼女にとって運命の人じゃなかったんだ」

—James, 26

04.
ともに成長できなくなった

「新しい街に一緒に越したとき。僕は変わっていったけど、彼女は変わろうとしなかったんだ。本来は、一緒に変わっていくべきだったんだと思う。恋愛では、一緒に成長していくことが大切だと思うから」

—Omar, 27

05.
セックスレス

「SEXライフが寿命を迎えたときに、愛も寿命を迎えた。恋愛においてSEXは欠かせない。やらなくなった途端、すべてが冷めた」

—Austin, 28

06.
ワークライフバランス

「彼女はキャリアに重心を置きすぎていて、ふたりの恋愛がそっちのけになっていた。べつに恋愛を人生のすべてにする必要はないけど、バランスって大事だと思うんだ。彼女は、仕事と恋愛のバランスがとれていなかったんだ」

—Luis, 27

07.
浮気心が…

「俺が浮気しちゃったんだ。それでも彼女は許してくれて、もう一度チャンスをくれた。でもだからって彼女の信頼を取り戻せたわけじゃなかったみたい。愛が冷めたのは、十分に信用してもらえなかったから」

—Ty, 26

08.
物理的距離に負けた

「大学で離れ離れになったのが別れのきっかけだった。高校生がする恋愛なんて、思う以上にもろい。そもそも17歳に愛なんてわかるわけがない」

—Bobby, 25

「誰がなんと言おうと、距離には勝てない。僕たちの距離差は300マイルだった。できると思ったけど、結局無理だったね。とくにセックスとなると、スカイプじゃ足りない。僕のほうが辛かったのか、彼女のほうが辛かったのか…それは未だにわからない」

—Brandon, 27

09.
刺激が足りなくなった

「ふたりの関係に飽きちゃったんだ。彼女に飽きたわけではなく、ふたりの有り様に飽きた、と言ったほうがわかりやすいかもしれない。気づいたら一緒に新しいことをやらなくなったり、チャレンジをしなくなっていた。そうしたら次第に、新たな経験を新たな誰かと共有したくなってしまった」

—Corey, 28

10.
親との関係

「ふたりで住む家探しをしている間5ヶ月ほど、僕たちは彼女の実家で暮らすことになった。でもその5ヶ月の間で、関係は早くも難航。とにかく一緒にいることが辛くなってしまった。大した障害物があったわけでもないんだけど…。でも、逆にこれがあったからこそ、一緒にいるべきじゃないって判断ができたんだ」

—Marc, 26

11.
依存

「彼女が大好きな仕事を失い、新しい仕事に満足がいかなかったとき、彼女の幸せの源が僕だけになってしまったんだ。でも僕だけじゃどうしようもできなかったんだ」

—Geo, 28

「僕はあらゆる場所を転々とする仕事をしていて、過去に彼女と住んだ州の数はなんと12こ。僕についてきてくれるのは嬉しかったし、ありがたいと思ったけど、ただ付いてくるんじゃなくて、自分のしたいことを見つけて欲しかった。彼女は自分が何をしたいかわからずにいたんだ。僕が彼女のすべてになってしまったと気づいたときに、愛が冷めたんだと思う」

—Jay, 29

Licensed material used with permission by Thought Catalog
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
もちろん、彼氏がいること自体は素晴らしいことですし、たくさんの喜びやメリットもあるでしょう。でも、完全にプラトニックな関係の「男性の親友」を持つことも、素...
手痛い失恋をした時、どうやって立ち直りますか?ひたすら泣く、旅に出る、喋り倒す…人それぞれだと思います。でも、ショートフィルム『デビッドの失恋ツアー』の彼...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
「Elite Daily」の毒舌レズビアンライターZara Barrieさんが生み出した、星座別失恋攻略法です。
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
『ナチョサウルス』と名付けられた、ナチョス専用の入れ物。背中部分にある隙間にスナックを入れると、写真のとおり恐竜の完成!ディップやケチャップ、マヨネーズな...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
失恋した彼ともう一度復縁するには、別れる前よりもっといい女性になることが必要です。放置期間は、そのためのチャンス!自分を磨いて彼に別れたことを後悔させてし...
「優しい人って、最終的には“いい人どまり”よね」なんて会話はよく聞きますが、それはどうやら海外でも同じようです。ここでは「Elite Daily」の記事よ...
女性のどんな仕草や態度に男性は魅力を感じるのか。それは、女性どうしでアレコレ妄想するよりも、やっぱり男性たち本人に聞いてしまうほうが手っ取り早い。「You...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
失恋をすると、突然広くて暗い海のなかに投げ出されたように気分になり、どうしていいかわからなくなってしまいます。しかし、失恋を乗り越えることができたら、得ら...
男性から届いたメッセージを何十回も読み返したり、メッセージにハートマークがついていたら「友だち以上の意味があるかも?」なんて考え込んでしまったり、そんな「...