「ブッ飛んだ」友だちを大切にするべき8つの理由。

「常識はずれ」や「クレイジー」という言葉にどのような印象を持っていますか?たぶん、変わり者とか、ぶっ飛んでいるとか、だいたいそんな感じだと思います。

では、あなたの友だちにクレイジーな人はいますか?はい、と答えた人はラッキー。「Elite Daily」のライターLaura Argintarさんによると、クレイジーな友だちは、あなたに刺激的な毎日をプレゼントしてくれるそうなのです。

「なんの特徴もない友だちのほうが、怖くて厄介よ」

そんな彼女の主張、共感できる?

01.
これまでにない
「経験」ができる

狭いミニバンでロードトリップ、ドイツの薄暗いバーで怪しげな店主と朝まで飲み明かす。きっとクレイジーな友だちとなら、最高に変わった体験をいくつも共有できる。

これまでの向こう見ずな体験をまとめれば、1冊の本が完成するかもしれない。他の人たちだって、そのエキサイティングな物語を羨むんじゃないかな?

02.
自分に素直でいられる

まわりからクレイジーだと思われる原因、つまりぶっ飛んだ性格をさらけ出すことに「ためらい」は無し。

彼女たちは決して、自分を恥じていないの。むしろ誇りに思っているくらいで、その自信は一緒にいるあなたにも伝染する。今は自分が嫌いでも、そのうち好きになるかもしれない。

03.
全然退屈しない

クレイジーな彼女たちは、その場を盛り上げることを楽しんでいるから、あなたが無理に頑張る必要はないの。

足りないところを埋めあえる関係って、なかなか築けないものだから大切にしなきゃ。

04.
あなたの「視野」を
広げてくれる

あなたを慣れ親しんだ場所から連れ出し、新しい世界を見せてくれる。そしてあなたの視野を広げてくれる。

おかげでいろんなタイプの人間がこの世に存在することを体感できるはず。そして「個性」の素晴らしさを理解できるようになるの。

05.
自分は「まとも」だと
安心できる

「私、変なのかもしれない…」と思ったときは、彼女たちの姿を見るといいわ。自分がまだ(比較的)まともな人間だと気付くことができる。

「確かに私も変かもしれないけれど、あの子のほうがイカれている」って安心できるから!

06.
楽しさを追求するためなら
ルールも破る

「クレージー」な友だちは、突飛なアイデアにもほとんど「ノー」と言わない。ときに、とても大胆な行動をとるの。BARで見知らぬ男性の肩を叩いて、彼の注意があなたに向くよう仕向けたり、警察官の注意を引くために変な動きをしたり…。

別に深い意味もなく、ただ楽しむためだけにルールを無視するの。彼女たちにとっては、外の世界を歩くだけでも大冒険。

07.
くだらない
ケンカをしない

ふたりの間でケンカが勃発することは、ほとんどないと思う。彼女たちは、前例のない道を歩むことに精一杯で、くだらないケンカに時間を費やす暇はないの。

あなたとの時間は、カオスから逃れて息抜きする休憩所、くらいに考えているはず。

08.
無茶な夢も
応援してくれる

「人気番組の司会者になる!」っていう夢を、他の人は笑うかもしれない。でも、クレイジーな友だちは応援してくれる。彼女たちにとって、夢や目標に遠いも高いもないから。

新しいチャレンジをするときの不安は、彼女たちが取り除いてくれるわ。本気で不可能なことなどない、と考えていて、どんな大きな問題にも真剣に向き合う姿勢が、あなたにも勇気を与えてくれるの。

Licensed material used with permission by Elite Daily

関連する記事

彼氏もいいけど、最高の「男友達」をつくるべき14の理由をご紹介。
まことしやかに噂される「ひとりっ子=わがまま」説。もちろん、いや違う!と否定したい人の気持ちもわかります。「Elite Daily」の女性ライターGabr...
自分自身が悩みを抱え込む時、友達との関係を、必要としています。もちろん、他者である友達も大事ですが、中でも大事なのは、“自分自身”という友達。人気動画シリ...
内向的な人は、距離を縮めるのに時間がかかるけれど、「親友」として関係を築くには1番適している。そう語るのは、ライターのTessa Harveyさん。自身も...
米国発のブランド「KEEN」が、今月から月間で、地球環境について考える活動「Detox the Planet」を展開して、2025年までのPFC-FREE...
米ライターのChrystina Noel氏が書いたこの記事には、人付き合いにおけるちょっとした気遣いがまとめられています。でも、これらは誰にでもやるべきマ...
友達は友達でも、家族のような親友ってとても大事な存在。血が繋がった家族にさえ言えないようなことも相談できるから。そのような存在がいる人だけができる、人生で...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...
自分も、だれかにとっての「大親友」でありたい。
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
英・豪華客船「タイタニック号」の沈没事故から109年目を迎える今年、ボストンを拠点とする「RR Auction」が、同船で上級無線通信士を務めたJack ...
セックスしちゃった友達とは……その後どうなる?
卒業、就職、結婚など節目で地元を離れる人はいる。今まで仲良かった友達・仲間と離れるのは心寂しいもの。でも離れるからって友情関係が変わるとは限らない。むしろ...
親友という称号は、自分がなるのも、相手に求めるのにも、難しいもの。でも自分の友達の中でもこのような9つの特徴を持っていれば、一生に親友になるかもしれない。
平凡で落ち着いた恋愛と、愉快で変わった恋愛。あなたなら、どちらを選びますか?「Elite Daily」でPaul Hudsonさんがオススメするのは、ちょ...
「友だち」とは、いったいどんな存在なのでしょうか。人数が大事?それとも、いざというときに頼れる親友が数人いれば大丈夫?リアルで遊ぶ友だちと、SNSだけで繋...
友情を実感できる要素を、端的にまとめたのがこの記事です。親友、心の友、大の仲良し、腐れ縁。あなたの人生から切っても切り離せない「友達」。家族よりも恋人より...
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
「友だち」は何人いますか? twitterのフォロワーや、Facebookの友だちリストではなく、本当の意味での「友だち」のことです。ある研究では、あなた...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
最高に楽しく、充実した毎日を積み重ねていきたい。そうは思っていても、実際にどうすればいいのかは、なかなかピンとこないものですよね。そんなあなたに向けて「Y...
シャツやクロスにできた赤ワインのシミを取るのに、イタリアでは「白ワイン」を使うって、意外ですよね?こんな感じに国が違えば“シミ”の抜き方もそれぞれでオモシ...
眠れない夜にオススメのアドバイスをご紹介。今夜から、試してみてください。
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp明治安田生命が2月22日に発表した「理想の上司」アン...