息子に友だちができるように、と3年間ランチボックスにイラストを描き続けたパパ

イラストレーターのDomZombieさんは、3年前から毎朝小学生の息子のランチバッグにイラストを描いてきました。なんと、その数は400枚以上。

プロならではのクオリティの高さににも驚きですが、このキャラクターイラストには、息子を想うパパの優しさが詰まっていたのです。

友だち作りのキッカケに。

DomZombieさんの息子はとってもシャイで、友だちを作るのがあまり上手ではなかったそうです。

「息子にはすでに何人か友だちがいたんだけど、もっと多くの友だちを作ってほしかったんだ。このキャラクターを描いたランチバッグがそのキッカケになってくれればいいな、と思ってね」

実際、息子がいつもの仲良しグループがいない、州外のサマースクールへ行ったとき、このランチバッグがとても役に立ったと言います。

「制作には1時間も
かからないよ」

こんなにクオリティが高いのに、1枚あたり1時間もかけずに描き終えることができるそうです。

「夢中になると1時間くらいかかってしまうこともあるけど、テレビを見ながら楽しく描いていると、すぐにできちゃうよ。絵の具や色鉛筆で描いているんだ」

イラストに描くのは、DomZombieさんが息子と一緒に見た映画や、テレビのキャラクターが多かったそうです。本来、ランチバッグはすべて使い捨てなのですが、彼の息子はすべてキレイに保存。とくにスターウォーズのイラストがお気に入り。

「息子はスターウォーズや、DC、マーベルといったアメリカンコミック・ヒーロー、そしてトロールやオークなど、ファンタジーに出てくる怖いモンスターが大好きなんだ」

ときにキャラクターではなく、トランプ大統領といった実際の人物の似顔絵だったりも。

「ときどき、サンドウィッチの汁や、飲み物をこぼしたりして汚してしまうこともあるけれど、それは仕方のないこと。息子が喜んでくれているから、僕も嬉しいよ」

Licensed material used with permission by domnx_art
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
東京在住でプロのアニメーターのThomas Romainさんが息子のRyunosukeくんと活動する「親子デザイン工房」が世界中で話題に。Ryunosuk...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
「先週末(10月12日〜14日)、NYCでは銃撃事件がありませんでした。これは何十年も達成できていなかった目標の1つです」──ニューヨーク市警察本部長Ro...
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
一児の父である33歳のJonathan Juiさんが描くのは、1歳と約10ヶ月の息子のMiloくん(愛称Baobao)の“成長マンガ”。彼が記録するのは、...
「なぁ、俺たち友だちだろ? 友だちなら一緒にタバコ吸えよ」なんだか、昔の記憶が蘇るようなこの言葉。この動画では「ピアプレッシャー」について親子で語っていま...
2015年に女の子を出産したイラストレーターLucy Scottさんの言葉。母となり初めて感じた大変さをイラストに残していきました。どれも新米ママの苦悩が...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
10月11日に東京地下鉄株式会社(東京メトロ)が丸ノ内線の新型車両「2000系」をお披露目しました。
『となりのトトロ』と『妖怪ウォッチ』。有名な2つのアニメには共通点があります。答えは「子どもにしか見えない友だち」がいること。そんな空想上の友だちのことを...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
デジタルスケールが付いていて、カロリー計算をすることができる弁当箱MacroPack。これを使えば、栄養バランスの良い食事をとることを助けてくれます。
カップル、親子、家族などの何気ない日常を「ほっこり」描いた人気イラストを集めてみました。キュンキュンするものから、思わず「わかるー!」と言いたくなるものま...
どちらもスペックは良くないけど、そもそもかわいさと安さしか求めてなかったのでオールオッケー!『フライング タイガー コペンハーゲン』さまさまです。
4歳の男の子が欲しいのは、生まれた時からなかった自分の右手。そんな息子の願いを叶えるために、パパが3Dプリンターで作った義手をプレゼントする。新たな右手を...
いかにもなフォルム。パッと見だけならナチュラルカラーのラップトップや、モバイルガジェットと思っても不思議はないが、その実これは弁当箱。もはやそこにハコとし...
こちらのイラストは、フィラデルフィア郊外在住のイラストレーターBen Pannellが手がけたもの。それぞれのテーマはバラバラだが、共通しているのは、妻で...
ネブラスカ州在住のグラフィックデザイナーMartinさんの題材は、どれも5歳になる娘のHarper Graceちゃんとの会話から生まれたもの。奇想天外な少...
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
友だちとの関係も恋愛と同じようにケアしてあげないといけないと教えてくれるのが「Elite Daily」のRachel Chapmanさん。この7つの場面に...
気になるあの子は、シャワーの中だとどんな感じなんだろう、笑っているけど本当は何か他のことを考えていたりして?などなど。女子の“謎”を解明していくイラストです。
アメリカの幼稚園や小学校には、「Donuts with Dad」という学校行事があります。平たく言えば、普段忙しく働くお父さんを対象にした授業参観。親子で...