食材を入れてそのままランチバッグに!食品保存パック「ZipBag」

食材を長持ちさせるだけでなく、持ち運べる保存パック、発見。

シリコン製食品保存パック「ZipBag(ジップバッグ)」が応援購入サービス「Makuake」にて販売中。

料理を入れてジッパーを閉じ、外ポケットに付属のスプーンをセットしたらすぐさまランチバッグに早変わり。マチ付きなのでサンドイッチのような厚みのある料理も、さっと入れてバッグにしまえちゃう。

シンプルカラーなのでごちゃごちゃしがちな冷蔵庫にあってもスッキリ見え、ランチバッグとして持ち歩いてもオシャレ

ほぼ無臭のプラチナシリコン製で、洗って繰り返し使用でき、耐久性はなんと5年。これはもう、使い切りの保存パックを使っている場合じゃない!耐熱温度は200℃なので、電子レンジ食洗器もOK。

野菜や果物などのナマモノはもちろん、熱々のスープフード、さらにステーショナリーだって入れられちゃう。気になる人はコチラをチェック。

©BUZWORKS合同会社
©BUZWORKS合同会社
©BUZWORKS合同会社
Top image: © BUZWORKS合同会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
もう好きな人にだけ刺さればいい。キッチンツールとして、こういうものが今の時代にもニーズがあると信じたい。
料理という、さっきまでここに無かったものを自分の手で創りあげる行為そのものが、魔法のようであり、素晴らしくクリエイティブなのだと少しでも感じられれば、これ...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
フランス人アーティストが改造し、誕生したキッチンカー。フライドポテトが作れるキッチンが設置されたものです。知らずに目の前で「パカッ」とされたら驚いてしまい...
米テニーノでは、コロナ渦の影響での経済的困窮を証明できる住民に対して、地域内の多くの店で使用可能な月額300ドル分の木製の貨幣を支給している。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
キッチンを清潔に保つことはもちろん、食料棚も念入りにチェックしたほうがいいかもしれません。とても小さな虫があなたの棚に潜んでいる可能性があるのです。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこい。
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
冷凍した食品を解凍したい。どうしても電子レンジだと火が入りすぎてしまうなんてことがありますが、このキッチンツールだと…。
定額制テイクアウトアプリの「POTLUCK(ポットラック)」は、シェアキッチンの「Kitchen BASE」との連携を発表。今後、シェアキッチンに入居する...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
マグカップをそのまま大きくしたようなホーローのピッチャーは、〈AXCIS(アクシス)〉のもの。
思わずキッチンでダンスパーティーをしたくなるプレイリストをTABILABOの映像ディレクターがセレクト。
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。